国際特許分類[E02D23/00]の内容

固定構造物 (153,614) | 水工;基礎;土砂の移送 (25,595) | 基礎,根切り;築堤;地下または水中の構造物 (13,583) | ケーソン;ケーソンの建築または設置 (208)

国際特許分類[E02D23/00]の下位に属する分類

国際特許分類[E02D23/00]に分類される特許

1 - 10 / 48



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 273

【課題】内部に中詰砂が充填されていて水中にあるケーソンを、吊り上げる力を最小限にして、目的の位置まで安全に移動させるケーソン移動用保持装置およびケーソンの移動方法を提供する。
【解決手段】保持装置1を、作業船12に搭載されたクレーン11a、11bの吊りワイヤ10a〜10dを介して吊り、左右一対の把持部2、3どうしの間隔を広げた状態にした後、保持装置1を降下させて、把持部2、3の間にケーソン13が位置するようにした後、把持部2、3どうしの間隔を狭めてケーソン13を挟んで保持し、次いで、バラスト水室のバラスト水Wの量を調整して保持装置1に浮力を生じさせた状態にして、吊りワイヤ10a〜10dを介して保持装置1を上昇させてケーソン13を水底から浮上させ、作業船12を移動させて水中で浮上させた状態で目的位置まで移動させる。 (もっと読む)


【課題】基礎マウンド内への波の浸透を抑制する防波堤を提供する。
【解決手段】本防波堤1aは、基礎マウンド2を構成する部材にスラグ材10が含まれるので、特に、津波等の発生時における、基礎マウンド2内への波の浸透を効果的に抑制することができ、基礎マウンド2、ひいては、防波堤1の安定性を確保することができる。 (もっと読む)


【課題】セグメントを効率的に組み立ててケーソンを圧入するケーソン工法と、それに適用する有効なケーソン組立設備を提供する。
【解決手段】ケーソン2を圧入するための圧入桁4の下面側に、セグメントを縦姿勢として搬入してケーソンの周方向に沿って水平搬送して組み付け位置まで導くための搬送装置10を備える。搬送装置は圧入桁の下面側に設置したレール11によって主トロリ14を走行させる構成とする。レール11は直線状の搬入用レール12とケーソンの周方向に沿う円環状の主レール13とにより構成して主トロリをそれらの間にわたって走行させる。主レール13は内トロリ15aを走行させる内レール13aと外トロリ15bを走行させる外レール13bとによる二重レールとしてそれらの間に走行桁16を横架し、主トロリ14を搬入用レール12と走行桁16との間にわたって走行させる構成とする。 (もっと読む)


【課題】簡易かつ高精度にニューマチックケーソン工法の施工を行うことを可能としたケーソン沈設方法およびケーソン用水位計を提供することを課題とする。
【解決手段】ケーソン1の刃口2に設置されたケーソン用水位計10により作業室3内の水位を計測し、水位の計測結果に応じて作業室3内の気圧を調節しつつケーソン1を沈設するケーソン沈設方法であって、ケーソン用水位計10は、第一電極棒12aと、第一電極棒12aよりも短い長さの第二電極棒12bと、第一電極棒12aおよび第二電極棒12bを収容する保護カバー11と、を備えており、第一電極棒12aが水を検知し、第二電極棒12bが水を検知しない状態となるように、作業室3内の気圧を調節する。 (もっと読む)


【課題】構造が簡素で安価であり、且つ短期間の工事で水底ケーソンを波浪や地震による滑動及び転倒等から効果的に保護することのできる、水底ケーソン及び水底ケーソンの補強改修工事方法を提供する。
【解決手段】水底に設置されるケーソン本体14と、ケーソン本体14に連結されてケーソン本体14の平面外周輪郭線14a,14bよりも外側に位置するアンカー連結部21と、上端部がアンカー連結部21に連結され、下端部がケーソン本体14の平面外周輪郭線14a,14bの外側に位置するように水底の地盤G中に固定され、前記ケーソン本体14に水底側への張力(垂直力V)を付与するグラウンドアンカー28とを備えてなる水底ケーソン10としたことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】コンクリート部に対する要求品質が高い合成部材でも、その高品質性を確保できること。
【解決手段】現場サイトにおいて、予め工場生産された鋼製パネル20に、予め工場生産されたプレキャストコンクリート部材10を取り付け、前記鋼製パネル20と前記プレキャストコンクリート部材10との間に流動性固化剤を流し込むことにより、前記鋼製パネル20と前記プレキャストコンクリート部材10とを一体化してなるプレキャスト合成部材30を製作する。 (もっと読む)


【課題】短い工期で完成させることができ、かつ全体の剛性を高く確保できるニューマチックケーソンを提供する。
【解決手段】本発明に係るニューマチックケーソン1は、地盤Gに貫入する刃口6と作業室スラブ7とがコンクリートで一体的に打設されてなり、作業室スラブ7の下側に前記地盤G掘削用の作業室8が形成されたケーソン基部2と、ケーソン基部2の上面に、鉄鋼材料からなり鉛直方向に延びる複数の柱状体10を水平方向に間隔を置いて設置し、これらの柱状体10の間を複数の補強部材11,12,13で連結して構築され、ケーソン基部2が地盤G中に沈下するに従って高さが延長されるケーソン中間部3と、ケーソン中間部3の上端部に形成され、その上面に建造物の橋脚部分21が建造されるケーソン頂部4とを備えてなることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】大型で垂直な筒型コンクリート構造物の内部に作業足場ユニットを順次に吊り込んで積み重ね、同筒型コンクリート構造物の手入れが必要な高さに構築する組立式作業足場を提供する。
【解決手段】 筒型コンクリート構造物1内に複数の足場枠体3を連結して設置される作業足場ユニット8であり、作業枠体3は少なくとも4本の支柱4が矩形の角部に位置するように立てられ、前記隣り合う支柱4は横架材5を上下方向に複数段設けて連結され、同横架材5の上に足場板6を載置して構成されている。作業足場ユニット8は複数の足場枠体3が筒型コンクリート構造物1を平面的に見てその内壁面に接する配置とされ、水平方向の連結材7により相互に連結して一単位に構成され、作業足場ユニット8の外周位置に筒型コンクリート構造物1の内壁面に接して滑動する滑り部材9が取り付けられている。 (もっと読む)


【課題】クレーンで吊った内側型枠装置を筒型コンクリート構造物の底部から順次段階的に上昇させてコンクリート打設し構築を進める工法用の内側型枠装置、および落下防止装置を提供する。
【解決手段】内側型枠装置はクレーンで吊り、上部の型枠落下防止装置は落下防止バーを突き出させ、上下の型枠固定部材を抜き外し、脱型する。下部の型枠落下防止装置5は落下防止バー50を突き出し可能な状態とし、内側型枠装置を次上位の構築ステップ位置まで上昇させ、下部の型枠固定部材で内側型枠装置を支持させ、下部の型枠固定部材により内側型枠装置の型枠パネルを筒型コンクリート構造物の成形位置へ位置決め固定する。 (もっと読む)


1 - 10 / 48