説明

国際特許分類[E03D9/08]の内容

固定構造物 (153,614) | 上水;下水 (14,608) | 水洗便所または洗浄装置を備えた小便所;そのための洗浄弁 (4,121) | 手洗所用の衛生器具またはその他の付属品 (1,814) | 上方に噴射させる便器用の装置;上方に噴射させるように変形させた便器 (1,052)

国際特許分類[E03D9/08]に分類される特許

1 - 10 / 1,052



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285

【課題】電池の消耗を抑制して長期間使用でき、非接触操作による衛生的で使い勝手の良いリモートコントローラを提供すること。
【解決手段】便器110上に設置された本体200と、電池450を電源とするリモートコントローラ400とを含み、リモートコントローラ400は照度センサ440備え、照度センサ440の検出電圧の変動により、非接触で使用者の操作動作を検出する制御部500を備え、制御部500はアナログ検出部530とデジタル検出部520とを備え、待機中はアナログ検出部530を駆動し、使用者の近接を検出したらデジタル検出部520を駆動することにより、待機中はアナログ検出部530で電池の消耗を抑制し、操作中はデジタル検出部520で精度の高い操作を行うことにより高い省エネルギ性と操作精度が高く衛生的で使い勝手の良い便座装置を提供することができる。 (もっと読む)


【課題】電池の消耗を抑制して長期間使用でき、非接触操作による衛生的で使い勝手の良いリモートコントローラを提供すること。
【解決手段】便器110上に設置された本体200と、電池450を電源とするリモートコントローラ400とを含み、リモートコントローラ400は照度センサ440備え、照度センサ440の検出電圧の変動により、非接触で使用者の操作動作を検出する制御部500を備え、制御部500は照度センサ440の検知感度を補正する感度調整部550を備え、感度調整部550は複数の抵抗を切り替えることにより、照度センサ440の検出電圧を調整する構成とすることにより、周囲の照度変化を検知する専用の照度センサ440を設置する必要がなく、照度センサ440が消費する電池の消耗を抑制し、高い省エネルギ性と操作精度が高く衛生的で使い勝手の良い便座装置を提供することができる。 (もっと読む)


【課題】量感を与えつつ優しい洗浄を実現する衛生洗浄装置を提供する。
【解決手段】ノズル410の吐水孔から洗浄水を中空円錐状511に吐水させる吐水手段と、吐水された洗浄水が人体局部に着水する前に、吐水された洗浄水の液膜を破砕することにより粒化された水流を生成し、吐水された洗浄水の中空部分に粒化された水流を流し込む破砕手段と、吐水手段よりも下流側で吐水孔よりも上流側に設けられ、吐水手段から中空円錐状に吐水された洗浄水の液膜の厚さよりも吐水孔から中空円錐状511に吐水された洗浄水の液膜の厚さを厚くする液膜厚さ拡大手段と、を備え、粒化された水流は、第1の水流群521aと、第1の水流群521aよりも粒径が小さく、流速が遅い第2の水流群522aと、を有し、第1及び第2の水流群521a、522aが人体局部に着水する時間間隔は、人が連続的な吐水であると感ずる時間間隔とした。 (もっと読む)


【課題】 小型化しても十分な風量が得られ、衛生洗浄装置内のレイアウトの制限を小さくすることが可能なファンユニットを備えた衛生洗浄装置を提供することを目的とする。
【解決手段】 内部に空気流路を形成したハウジングと、ハウジングに設けられてハウジング外の空気を吸引する吸気口と、吸気口から空気を吸引するファンモータと、吸引した空気をハウジング外へ噴出する噴出口と、を有するファンユニットをケーシング内に備えた衛生洗浄装置において、ハウジングはファンモータの回転軸に対して略鉛直である上面と、上面とファンモータを介して対面する下面とを含み、上面と下面に吸気口をそれぞれ設ける衛生洗浄装置。 (もっと読む)


【課題】ケーシング内で発生する結露水が制御基板上に滴下しないようにカバー部材が必要であり、そのカバー部材が必要な分だけ部品点数が増大し、組立工数も増大するという問題がある。また、上記のカバー部材は、通常、桶状の収容ケースの開口部を塞ぐ形で取り付けられるため、カバー部材と収容ケースとの間の隙間から水滴が侵入し、基板が被水してしまう恐れがあった。
【解決手段】本発明は、内部に機能部を収容するケーシングと、ケーシング内に設けられ機能部を制御するための制御部と、を備え、制御部は、電子部品を実装した制御基板と、制御基板を収容する桶状の収容ケースと、から構成され、収容ケースは、その開口部を下に向けた状態でケーシング底面に取り付けられ、収容ケースとケーシングの底面とにより筺体を構成することを特徴とする電子機器。 (もっと読む)


【課題】 所定のプレートに設けられたダクトの開口が、そのプレートに接続される他のプレート側へ向けて設けられている場合であっても、容易かつ迅速に他のダクトを上記ダクトに接続させることができる便器上面設備を提供する。
【解決手段】 多機種の製品に共通する機能部を搭載した第1プレートと、他の機能部を搭載し、第1プレートに接続された第2プレートと、機能部の一部材として、第1プレートに、一端の開口を第2プレート接続側へ向けて設けられた第1ダクトと、
を備えた便器上面設備であって、
第2プレートには、第1ダクトへ接続される第2ダクトが予め設けられており、第1プレートと第2プレートとの接続により、第2ダクトが第1ダクトに接続されるよう構成する。 (もっと読む)


【課題】衛生洗浄装置のケーシング内で結露した水滴をケーシング外に漏らさない衛生洗浄装置を提供することを目的とする。
【解決手段】給水源から供給される洗浄水を人体に噴射する衛生洗浄装置において、便器の取付面に設置され、底板部と、底板部の周縁から上方に延びる立壁部とから構成される下ケースと、下ケースを上側から覆う上ケースと、を有するケーシングと、人体に洗浄水を噴射する洗浄ノズルと、給水源から洗浄ノズルまでの流路に設けられ、給水源から供給される洗浄水を加熱する加熱手段と、を備え、洗浄ノズル及び加熱手段はケーシング内に収容されたものであって、ケーシングは、下ケースの立壁部の上面と上ケースの一部とが接合することで接合部が形成され、接合部を形成する立壁部の上面の少なくとも一部に、立壁部の厚み方向に延びる縁起り溝が形成されていることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】使用者が意図を持って行う動作を非接触で検出することで、使用者の意図を判断し、使用者の意図どおりに洗浄を制御する。
【解決手段】着座検出手段8が便座3に使用者が着座していることを検出しているときに、動作検出手段11が使用者の人体の一部の所定の動作を検出し、制御手段7が検出した動作に対応して洗浄手段5を制御するので、使用者が意図を持って行う動作を非接触で検出し、使用者の意図どおりに洗浄を制御することが可能となる。 (もっと読む)


1 - 10 / 1,052