説明

国際特許分類[E05B73/00]の内容

固定構造物 (153,614) | 錠;鍵;窓または戸の付属品;金庫 (23,410) | 錠;そのための付属具;手錠 (12,904) | 勝手な持運びに対して携帯用品を鎖錠する装置;このサブクラスの他のグループに分類されない鎖錠装置 (106)

国際特許分類[E05B73/00]の下位に属する分類

国際特許分類[E05B73/00]に分類される特許

1 - 10 / 91


【課題】利用者が持つ親機と、ワイヤ等で物品に取り付けた子機とが通信を行い、両機が離れた場合に警報出力を行う物品監視装置において、物品に取り付けられた子機を安全かつ容易に取外せるようにする。
【解決手段】 子機3は、ワイヤ4のロック位置と解除位置との間で移動するロック部15と、利用者の操作でロック部を解除位置に移動させる操作部25と、操作部の操作を阻止する阻止位置と非阻止位置との間で移動する阻止部27と、阻止部と一体で親機を子機に連結した場合に親機に押されて阻止部を非阻止位置に移動させる係合部35とを有する。親機と子機を連結し、さらに操作部25を押してロック部15を解除位置に移動させることでワイヤ4を解除できる。 (もっと読む)


【課題】ワイヤー部が切断されたときに初めて回路に電流が流れる仕組みを有し、長期にわたって警報を発する能力を維持できる、警報機付きワイヤー錠を提供する。
【解決手段】本発明は、(A)ワイヤー部と、(B)筐体からなる警報機付きワイヤー錠であって、
(A)ワイヤー部は、(A1)繊維と、(A2)アウターワイヤーとからなり、
(B)筐体は、(B1)警報スイッチ部と、(B2)ベーススイッチと、(B3)警報部と、(B4)電池部と、(B5)操作部とを含む、警報機付きワイヤー錠を提供する。 (もっと読む)


【課題】使い易く、簡潔な構成の傘用ワイヤーロックを提供する。
【解決手段】傘用ワイヤーロック10は、環状に形成されたワイヤー11と、クリップ12及びリング13とからなる。傘を掴持するクリップは、左右クリップ片12a,12bからなり、該左右クリップ片はピン14によって回動可能に連結されている。一端には貫通孔15a,15bが形成されている。該貫通孔に挿通されたワイヤーは両端を接合して閉ループ11aが形成される。そして、該左右クリップ片で傘の握柄を挟んで閉ループをねじって撚り合せると、閉ループは小さくなり、舌片16a,16bを互いに近接させる。これにより、クリップは傘を掴持することができる。そして、撚り合せることにより一本の縄状に形成したワイヤーを自転車のシートチューブへ巻回し、リングに馬蹄形錠が有する略U字状の掛け金部を挿通して自転車の後輪を施錠する。 (もっと読む)


【課題】徘徊する老人、迷子になる可能性のある子供、ペット等の動物の位置を必要な時に知るため該当老人、子供、動物の位置を必要な時に把握できる装置を提供する。
【解決手段】老人、子供、動物に位置取得手段、位置取得手段で取得した自位置を送信する無線通信手段を有する装置を装着し予め決められた人以外装置を外せないよう鍵を使った装着固定手段を設けておき老人、子供、動物が自ら装置を外せないようにする。また異常検出手段を設け異常時には無線通信手段により異常を通知する。 (もっと読む)


【課題】銃火器の管理負担を低減し、かつ銃火器の管理を確実に行うことが可能な銃火器管理システムを提供する。
【解決手段】けん銃Gを保管するための個人用保管庫21と、通信回線を介して個人用保管庫21と接続された中央管理コンピュータ32とを備え、個人用保管庫21は、内部に収納されたけん銃Gの重量情報を検知する電子天秤26と、この電子天秤26で検知された重量情報を中央管理コンピュータ32に送信するライン5と、を具備し、中央管理コンピュータ32は、個人用保管庫21に収納されるべきけん銃Gの重量情報を登録重量56fとして予め記憶した利用者認証データベース56と、電子天秤26から送信された重量情報と利用者認証データベース56に予め記憶されている登録重量56fとを比較し、個人用保管庫21に収納されたけん銃Gが予め登録されたけん銃Gであるか否かを判別するけん銃管理プログラム55と、を具備する。 (もっと読む)


【課題】非使用時には容易に持ち運びできかつ使用時には相当の重量を付与でき、施錠及び解錠の操作が容易で鍵を紛失するおそれが無く、強制的な持ち去り行為に対する対抗手段を備えたセーフティボックスを提供する。
【解決手段】収納部12と重錘部11とをもつ本体筐体10と、収納部12は、本体筐体10の一部を形成する収納部筐体12aと、対象物品を収納する収納部空間12bと、開閉可能な収納部蓋12cと、収納部蓋12cを閉状態に保持するための電気錠14と、所定の情報を入力されることにより電気錠14の施錠及び解錠を制御する制御装置17と、を備え、重錘部11は、本体筐体10の一部を形成する重錘部筐体11aと、重錘物を収納する重錘部空間11bと、重錘部空間11b内に重錘物を充填又は排出するための開口11c,11dと、を備える。 (もっと読む)


【課題】 買い物袋やバッグなど、任意の持ち物を手元から放して放置した際に、窃盗者からの盗難を防ぐ報知手段と、強引な窃盗等に際しては持ち物及び取り付けた自転車や固定具などの取り付け部の製品的価値及び機能的価値を損なうことを防止する盗難防止具
【解決手段】 任意の複数ユニーク凹部を有するキーと、任意の固定物と連結体を介して持ち物の取っ手を保持する固定体本体と、該固定体本体のフック部が開放する前に警告音を出す報知手段より構成される。 (もっと読む)


【課題】障害者が外出して、路上にオ−トバイ駐車するときに、駐車禁止除外証を見えると所に呈示しなければなりません、駐車禁止除外証が、盗難にあわないためにも、駐車禁止除外証防止フレ−ムを、提供する。
【解決手段】オ−バイと、駐車禁止除外証を、5mmステンレ−ス鎖、真鍮40mm南京滋養で、施錠する為の、ステンレ−ス5mm丸金具、1ステンレ−ス枠、2駐車禁止除外証を、保護する為の、硬質プラスチック、3駐車禁止除外証を、枠に、収めて蓋をする為のステンレ−スエンド金具、4ステンレ−ス枠とステンレ−スエンド金具を固定する為のステンレ−ス5mmボルト、ナット5ステンレ−ス枠と、ステンレ−スエンド金具を施錠する為の真鍮30mm南京錠、6を設けた、駐車禁止除外証盗難フレ−ムは、警察官、駐車監視員が、裏面の住所氏名も、確認しやすく、コンパクトで、簡単に施錠できて、盗難されにくいのを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】商品の窃盗を防止するために防犯タグを設けた盗難防止装置を提供する。
【解決手段】防犯タグを備えたケーシング3の駆動室4にローター5及びラチェットホイール30が回転自在に内装され、ローターの回転により結束ワイヤー6a,6bを巻取り又は繰り出すように構成し、ラチェット機構は、作動状態と解除状態が選択可能となるように構成されている。ケーシング3に連設されたシリンダー32にスライダー33が進退自在に挿入されており、スライダー33を作動位置に前進させたとき前記ラチェット機構が作動状態とされ、遊休位置に後退させたとき前記ラチェット機構が解除状態とされる。スライダー33とシリンダー32の間に施錠手段を設けており、スライダー33を作動位置で施錠ロックする。解錠キーにより施錠手段を解錠したときにのみ、スライダー33を遊休位置に移動することができる。 (もっと読む)


【課題】充電用ケーブルを、使用中に給電設備に締結して取り外し不可能にロックする装置を提供する。
【解決手段】ロック装置1は、ハウジング2にレバー軸32で枢支され拘束位置と解放位置間を回転可能なロックレバー3と、ハウジング2に固定されロックレバー3を拘束位置に錠止する符号錠4と、ハウジング2に支持されロックレバー3と符号錠4の操作を制御するトリガ機構とを具備する。符号錠4の操作軸42は、施錠位置でレバー軸32を拘束位置に錠止し、解錠位置でこれを解放する。トリガ機構は、受け入れ凹部21a内のケーブルCの存否により、可働位置と不働位置との間を移動自在で、常時は不働位置に付勢され、不働位置で解放位置にあるレバー軸32及び解錠位置にある操作軸42を拘束して、両軸32,42の回転操作を不能とする。また、可働位置において両軸32,42を解放してそれらの回転操作を許容する。 (もっと読む)


1 - 10 / 91