説明

国際特許分類[F02C7/04]の内容

国際特許分類[F02C7/04]の下位に属する分類

国際特許分類[F02C7/04]に分類される特許

1 - 10 / 62


【課題】ガスタービンエンジン用の入口装置を提供する。
【解決手段】本ガスタービンエンジン用の入口装置は、回転ファンブレードの少なくとも1つの列を囲み、円形の前面面積を有しかつ第1の入口平面を形成するようになったファンダクトと、ファンダクトを囲む外側ダクトとを含み、外側ダクトは、それを通して空気が流れることができる少なくとも1つのローブを、ファンダクトの外面と協働して第1の入口平面に形成した第1の前面面積形状と、それを通して空気が流れることができる環状空間を、ファンダクトの外面と協働して円形である前端部から軸方向下流に設置された第2の入口平面に形成した第2の前面面積形状とを含む。 (もっと読む)


【課題】 ノーズコーン104、ノーズコーン104が取り付けられる支持リング106を含むノーズコーンアッセンブリを提供する。取り付け領域A及び衝突領域Iを含む積層ノーズコーンを提供する。更に、ノーズコーンアッセンブリ用の支持リング106を提供する。
【解決手段】 絶縁層110がノーズコーン104と支持リング106との間に配置されている。絶縁層110は、少なくとも部分的にガラスファイバで形成されている。取り付け領域Aでは、積層ファイバはノーズコーン104の回転軸線に対して実質的に垂直に配向されており、衝突領域Iでは、積層ファイバはノーズコーン104の回転軸線に対して実質的に平行に配向されている。支持リング106は、環状本体140及び突出した環状取り付けフランジ142を含む。取り付けフランジ142は、周方向に間隔が隔てられた複数の取り付けタブ144で終端する。取り付けフランジ142は、本体140とともに、少なくとも二つのC曲線160、162を持つ断面を形成する。 (もっと読む)


【課題】吐出ディフューザを提供する。
【解決手段】本吐出ディフューザは、前方セクション(101)及びダンプ空洞(110)を含み、前方セクション(101)は、圧縮機からの吐出をダンプ空洞(110)に導くように構成され、本吐出ディフューザはさらに、前方セクション(101)の半径方向内側流路を形成した内側ディフューザ壁(102)と、前方セクション(101)の半径方向外側流路を形成した外側ディフューザ壁(104)とを含み、また本吐出ディフューザは、内側ディフューザ壁(102)の後方リップ(113)にオーバハング段部(116)を含む。 (もっと読む)



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285

上記車両のモータに供給される圧縮流体を格納する屈曲性チューブのコアを備えており、上記コアは、車両コンポーネントの空洞を占有するような形状および大きさを有している、圧縮流体車両用の圧縮流体格納装置を提供する。上記圧縮流体は、圧力制御システムを介して、連続的にエンジン出力を生成する上記エンジンに輸送される。
(もっと読む)



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285

【課題】推進システムの総合的な信頼性が高いターボプロップ推進装置を提供する。
【解決手段】本発明のターボプロップ推進装置は、航空機用ガスタービンエンジンにより駆動される少なくとも1個の推進型プロペラ5、6を備え、航空機用ガスタービンエンジンは飛行方向において推進型プロペラ5、6の前方に配置され、タービン排気口部は飛行方向において前部に配置され、コンプレッサ部14は推進型プロペラ5、6に向けて配置される。 (もっと読む)


【課題】整流効率の低下を防止でき、エンジン性能の低下を防止できるタービンエンジンを提供することを課題とする。
【解決手段】環状を成す整流翼5を周方向に複数に分割し、隣接する分割翼5x,5x同士の間にテーパーボルト9を螺子込むことで、当該テーパーボルト9によって、分割翼5x,5xに半径方向の分力を付与する構成とし、これにより、翼5bの外周面とケーシング1側の内周面とを密着させて隙間を無くし圧縮空気の流路からの流出を防止する。 (もっと読む)


1 - 10 / 62