説明

国際特許分類[F16C13/00]の内容

国際特許分類[F16C13/00]の下位に属する分類

軸受 (226)

国際特許分類[F16C13/00]に分類される特許

1,341 - 1,350 / 2,341


【課題】より安価に製造することができる樹脂製シャフトを有する導電性ローラ、及び、現像ローラが樹脂製シャフトを有するものであっても安定した印字性能を発揮できる画像形成装置を提供する。
【解決手段】導電性ローラ1は、基本的に、非導電性樹脂からなるシャフト(芯体)2の外周面に導電樹脂層3、弾性層4、及び被覆層5がこの順番に設けられたものである。導電樹脂層3を設けることにより、シャフト2が非導電性であるにもかかわらず、導電性ローラ1が従来の導電性ローラと同様の機能を有することができる。導電樹脂層3は導電性樹脂からなる。現像ローラが感光ドラム側に反った状態で感光ドラムに接し、感光ドラムを押圧しながら回転する画像形成装置、及び、クラウン形状を有する現像ローラを用いる画像形成装置も提供される。 (もっと読む)


【課題】トナー供給ローラの発泡層の性質を適切に設定することにより、トナーの劣化やトナーこぼれ等を防止する。
【解決手段】樹脂発泡体またはゴム発泡体からなる発泡層48を少なくとも外周に備えたトナー供給ローラ38において、通気性が5ml/cm/s以下、密度が50kg/m以上で且つ200kg/m以下、ヒステリシスロス率が35%以上で且つ45%以下である発泡層48を用いる。供給ローラ38の電気抵抗値は10Ω以上10Ω以下であることが好ましい。 (もっと読む)


ローラ支承装置が中空円筒状のエレメント(1)を有しており、該中空円筒状のエレメント(1)内で、該中空円筒状のエレメント(1)の中心軸線(6)に対して直交する横方向でローラ(4)が軸受け(8,10)内に支承されている。位置固定エレメント(12)が設けられており、該位置固定エレメント(12)は、該位置固定エレメント(12)が、中空円筒状のエレメント(1)の内室(14)内で、中空円筒状のエレメント(1)の中心軸線(6)に対して軸方向に沿った方向および回転する方向に関して中空円筒状のエレメント(1)と形状接続的に連結されて、かつローラ(14)の両端面(16,18)をローラ(4)の中心軸線(20)に対して軸方向で位置固定するように形成されかつ配置されている。
(もっと読む)


【課題】プライマーをフッ素樹脂チューブ内面に効率よく、かつ均一に付着できるチューブローラの製造方法を提供する。
【解決手段】フッ素樹脂チューブ12を円筒体14の内面に装着する工程と、フッ素樹脂チューブ12内に液状のプライマー18を注入すると共に、当該フッ素樹脂チューブ12の両端面を、蓋体を被せて密閉する工程と、フッ素樹脂チューブ12内にプライマー18を封入した状態で円筒体14を揺動する工程と、蓋体を取り外し、円筒体14を立てた状態で放置する工程と、フッ素樹脂チューブ12内を乾燥させる工程と、円筒体14を加熱してプライマー18をフッ素樹脂チューブ12内面に固着させる工程と、円筒体14内に芯軸を挿置し、円筒体14と芯軸との間にゴムを注入硬化し、この後、2次加硫を行う工程とを備える。 (もっと読む)


【課題】 シリコーンゴムのように低分子のオリゴマーを揮発する場合、長期にわたりそのオリゴマーが付着して積層すると固化して被膜を形成することによって照射効率が著しく阻害されるなどの問題を生じる。
【解決手段】 芯金の周囲に未加硫状態のゴムを被覆させた状態のロールを加熱硬化させる方法において、前記ゴムロールの中心が、赤外線ヒータの重力方向にない位置に配置され、回転させた状態で赤外線照射し加熱硬化することを特徴とする導電ロールの製造方法である。 (もっと読む)


【課題】NBRをベースとし、カーボンブラック添加により導電性を付与された弾性層を持つ現像ローラにおいて、低硬度かつ低抵抗で、感光体の汚染を発生させず、画像濃淡ムラや濃度低下がなく電子写真装置の高速化、画質の高品位化に対応出来る現像ローラを提供することにある。
【解決手段】該軸芯体の外周面に順次、弾性層、被覆層が形成された現像ローラとする際に、前記弾性層の主成分となるゴムとして、アクリロニトリル量31〜60質量%のNBRを使用し、DBP吸油量が80〜140ml/100gであるカーボンブラックと、質量平均分子量が2000〜12000の範囲にあるポリエステル系可塑剤が含有され、規定の範囲に選択されている。 (もっと読む)


【課題】二成分現像剤が担持搬送される現像剤担持体の表面を工夫すると共に使用する二成分現像剤を選定することで、現像剤及び現像剤搬送量を長期に亘って安定に維持する。
【解決手段】像担持体1に対向配置され且つトナー及びキャリアを含む二成分現像剤(現像剤)が担持搬送される現像剤担持体2を有し、像担持体1上の静電潜像を可視像化する現像装置において、現像剤は、形状係数SF−1が120以下で且つ磁場1000Oeにおける磁化の強さが30〜60emu/gのキャリアを用い、現像剤担持体2は、その表面に前記現像剤が摺動可能な平滑周面3を有し、この平滑周面3には現像剤が保持搬送可能な溝部4を形成した。 (もっと読む)


【課題】ガスバリア性を向上させやすくすることができる定着ローラ、定着ローラの製造方法、定着装置及び画像形成装置を提供する。
【解決手段】ローラ81と、ローラ81の外周面に該外周面を囲むように設けられるとともに、弾性材料を含んで構成される弾性層83と、弾性層83の外周面に該外周面を囲むように設けられる表面層85と、弾性層83の一端側及び他端側のそれぞれに設けられ、弾性層83の端部を覆う一対のカバー86a及び86bとを備え、カバー86a及び86bは、それぞれ接着により表面層85に接合されていることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】簡易な方法でトナーの定着時に発生する臭気を低減することができる画像形成装置、及びそれに用いられる画像定着装置を提供する。
【解決手段】電子写真方式の画像形成装置の画像定着装置において、消臭用触媒を含有する表面層を有する定着部材を備えることにより、簡易な方法でトナーの定着時に発生する臭気を低減することができる。 (もっと読む)


【課題】低抵抗の要求を満たしつつ、感光体や転写ベルト等の部材を汚染することなく圧縮永久ひずみを減少させた導電性ゴムローラ並びにこれを有するプロセスカートリッジ及び画像形成装置を提供する。
【解決手段】導電性芯材と、該導電性芯材上に設けられた弾性層とを有する導電性ゴムローラであって、該弾性層は、エピクロルヒドリンゴムと、エチレンオキサイド/プロピレンオキサイド/アリルグリシジルエーテル3元共重合体とから形成され、該エピクロルヒドリンゴムの質量部(a)に対する該エチレンオキサイド/プロピレンオキサイド/アリルグリシジルエーテル3元共重合体の質量部(b)の比率(b/a)は、0.05≦b/a≦1.0である。 (もっと読む)


1,341 - 1,350 / 2,341