説明

国際特許分類[F16H49/00]の内容

国際特許分類[F16H49/00]に分類される特許

1 - 10 / 188


【課題】電磁気的な方法で減速比を変更可能にする。
【解決手段】磁気減速機構10は、周方向に複数の磁極対12を有し、外部から回転力が伝達される高速ロータ1と、磁極対12の外周と対向し、周方向に複数の磁極片31を有する低速ロータ3と、磁極片31の外周と対向する固定部2とが、それぞれ隙間を置いて同軸上に配置されている。固定部2は、回転磁界を形成するための電磁石からなる磁極22が磁極片31の外周と対向した状態で周方向に複数配置され、かつ固定部2の磁極22の数は、高速ロータ1の磁極対12の極対数をN1とし、低速ロータ3の磁極片31の数をN2とするとき、N2―N1及びN2+N1のいずれか一方とする。 (もっと読む)


【課題】従動部又は駆動部の内部構造に改造を加える必要がなく、従動部の固有振動を容易に抑制することができる磁気結合式回転導入機、ロボット装置、回転導入方法を提供する。
【解決手段】互いに対向して配置され、互いの対向する表面にはそれぞれ、同一の回転軸線を中心とする円周に沿ってN極とS極の磁極が交互に並んで設けられた従動部と駆動部とを用いて、駆動部を回転軸線を中心に回転させ、駆動部の磁極から従動部の磁極にかかる磁力により、従動部を駆動部の回転方向と同じ方向に回転させる際に、従動部の固有振動数ωを予め求めておき、静止状態にある駆動部を、下記数式(1)を満たす加速時間taだけ等増速加速度で加速させて回転速度bで回転させることにより、静止状態にある従動部を回転速度bで回転させる。すると、以後の従動部の固有振動が抑制される。
(もっと読む)


【課題】電磁クラッチの過負荷発生時における異音発生や部品の損傷を抑制する。
【解決手段】
車両空調装置の圧縮機等に備えられ、エンジン等からの動力を回転軸4に伝達する電磁クラッチにおいて、回転軸4に過負荷が加わり回転が規制されたときに、インナリング36の筒状部とハブ48の筒状部との間に固定したトルクリミッタ52の外周端部と内周端部との間に所定以上の捩りトルクを生じ、トルクリミッタ52の径方向中間位置に形成された低強度部が全周に亘って破断し、インナリング36のフランジ部とハブ48のフランジ部との間に圧縮状態で介装した皿バネ54の弾性付勢力によって破断面52bより外周側の部材を前方に押し出し、トルクリミッタ52の破断面52bより内周側部分に押し付けて保持するようにした。 (もっと読む)


【課題】長期連続運転が可能で、脈動の発生も防止することができ、安定した状態で低温液化ガスを送液できる低温液化ガスポンプを提供する。
【解決手段】低温液化ガスポンプ10は、低温液化ガス容器11の外部に配置される駆動部12と内部に配置されるポンプ部13と、ポンプ部のインペラ14と駆動部の駆動軸15とを接続するシャフト16と、シャフトを軸受を介して回転可能に収納するケーシング19とを備えている。シャフトは、駆動側の上部シャフト16aと従動側の下部シャフト16bとに分割されし、上部シャフトと下部シャフトとを磁気継手20によって非接触状態で磁気結合し、下部シャフトを磁気軸受17,18を介して非接触状態でケーシングに支持するとともに、ケーシング内と低温液化ガス容器内と連通させる連通孔26を有している。 (もっと読む)


【課題】この発明は、周方向に隣り合う固定子磁極片間に径方向に貫通する通風路を形成し、第1回転子および第2回転子での発熱を外気により効果的に冷却できる磁気ギアおよびその製造方法を得る。
【解決手段】第1回転軸2に固着され、多極の起磁力を持つ第1回転子4と、第1回転軸2と同軸の第2回転軸3に固着されて第1回転子4と軸方向に並んで配設され、多極の起磁力を持つ第2回転子7と、軸方向に並んで配設された第1回転子4および第2回転子7を囲繞するように配設される固定子12と、を備えている。固定子12は、軸方向に並んで配設された第1回転子4および第2回転子7の軸方向両側に配設される一対の磁極片支持板13と、それぞれ、一対の磁極片支持板13間に渡され、周方向に所定の隙間を確保して周方向に所定のピッチで配列され、両端側を該一対の磁極片支持板13に固定された複数の固定子磁極片22と、から構成されている。 (もっと読む)


【課題】構造物をバランス良く支持することができる磁気歯車装置を提供する。
【解決手段】入力回転軸1の軸線周りに設けた磁力発生面を径方向外側に向けて設けた入力側磁気歯車2と、入力側磁気歯車2を同軸状に囲んで設けられた磁力発生面を入力側磁気歯車2の磁力発生面に対向するように径方向内側に向けて設けた出力側磁気歯車3と、入力側磁気歯車2と出力側磁気歯車3の対向する磁力発生面間に周方向に並べて固設された電磁鋼製の複数の磁気経路部材4と、出力側磁気歯車3の入力回転軸1と軸方向反対側の端部に接続された出力回転軸5とを備え、入力側磁気歯車2、出力側磁気歯車3及び磁気経路部材4の力回転軸5側端部に、入力側磁気歯車2と出力側磁気歯車3、及び、出力側磁気歯車3と磁気経路部材4、それぞれの間における径方向への相対移動を抑制しつつ周方向への相対移動を可能に支持する第1支持機構6、及び第2支持機構7を備える。 (もっと読む)


【課題】大きな伝達トルクを得ることができる磁気歯車装置を提供する。
【解決手段】磁気歯車装置は、外歯車5と、内歯車6と、ステータ歯車7とを備えている。外歯車5は、外側筒21と、複数の第1外側磁石片22A,22Bと、複数の第2外側磁石片23A,23Bとを有している。内歯車6は、内側筒31と、複数の内側磁石片32A,32Bとを有している。ステータ歯車7は、外歯車5と内歯車6との間に配置される複数の磁性歯部53を有している。外歯車5の複数の第1外側磁石片22A,22Bは、異なる磁極が筒孔21aの周方向に隣り合うように並び、複数の第2外側磁石片23A,23Bは、同じ磁極が筒孔21aの周方向に隣り合うように並ぶ。これにより、複数の第1外側磁石片22A,22B及び複数の第2外側磁石片23A,23Bは、磁束が集中する磁束収束部25を形成する。 (もっと読む)


【課題】複数の磁性歯部をそれぞれ独立した状態に形成し、磁石片の磁束を通す複数の磁性歯部の変形を防止することができる磁気歯車装置を提供する。
【解決手段】磁気歯車装置は、外歯車と、内歯車と、外歯車と内歯車との間に配置されるステータ歯車7とを備えている。ステータ歯車7は、外歯車の筒孔と同心円状に間隔をあけて並ぶ複数の磁性歯部53と、複数の磁性歯部53の間に設けられた複数の固定部50とを有する本体部41と、本体部41と接続するベース部47とを有する。 (もっと読む)


【課題】回転数を変化させて、かつ、効率的に、回転エネルギーを伝達することが可能な変速磁気カップリング装置を提供する。
【解決手段】本発明の変速磁気カップリング装置200は、駆動軸110と、隔壁140を介して駆動軸110と非接触に設けられた従動軸120と、従動軸120と一体的に回転する内周磁石122と、駆動軸110と一体的に回転する外周磁石112と、外周磁石112のさらに外周に設けられた最外周磁石132とを備える。電磁石230の作用により、駆動軸110に斜めに設けられたキー溝114を最外周磁石保持部130に設けられたキー134が駆動軸110の長手方向に摺動して、外周磁石112における径内側の磁極と、その外周磁石112に対面する最外周磁石132の径内側の磁極とが、同磁極又は異磁極に交互に切り替えられる。 (もっと読む)


【課題】隔壁部の強度を向上させつつ、隔壁部での渦電流の発生を十分に抑制することによって、駆動力を伝達する際のエネルギ損失を抑制することが可能な磁気カップリング装置を提供する。
【解決手段】この磁気カップリング装置100は、磁石部12を含む負荷側回転体10と、磁石部12と磁気カップリングする磁石部22を含む駆動源側回転体20と、負荷側回転体10と駆動源側回転体20との間で、かつ、磁石部12に対向する位置に配置され、負荷側回転体10と駆動源側回転体20とを隔離する隔壁部とを備え、隔壁部は、非磁性の樹脂材料からなる壁部34と、回転方向Bに沿って磁石部12の2倍の磁極おきに各々配置され、非磁性の金属材料からなる12枚の補強板33とを含む。 (もっと読む)


1 - 10 / 188