説明

国際特許分類[F16L33/00]の内容

国際特許分類[F16L33/00]の下位に属する分類

国際特許分類[F16L33/00]に分類される特許

191 - 200 / 293


【課題】接続作業が容易で、設置スペースを小さくできる管継手を提供する。
【解決手段】 内周面に波付き管外周面の波形と噛み合う波形を形成した一対の半筒部材13A、13Bを有し、この一対の半筒部材は、両側縁に、一対の半筒部材を筒形に組み合わせた状態に保持するための結合手段19、21を有している。一対の半筒部材13A、13Bの内周面にはそれぞれ、厚さ方向に圧縮可能な多孔質の水膨張性シート29が張り付けられている。一対の半筒部材13A、13Bを筒形に組み合わせたときの内径及び水膨張性シート29の厚さは、一対の半筒部材を筒形に組み合わせて波付き管1A、1Bを接続したときに、半筒部材13A、13Bが水膨張性シート29を波付き管1A、1B外周面に押し付けて圧縮するが、全体を波付き管1A、1Bの周りに手動で回動させることができる程度に設定されている。接続後に管継手を回動させて設置スペースが小さくなるように調整する。 (もっと読む)


【課題】カシメによる面圧を周方向に均一にすることができ、シール性の向上を図ることのできるフレキシブルチューブの継手部材接続構造を提供する。
【解決手段】被覆部材2で覆われていない直管部1cの外周面と固定部材4の内周面との間に継手部材3よりも軟質な金属からなる円筒状の中間部材5を介在させ、固定部材4のカシメによりチューブ本体1を継手部材3に圧着させるようにしたので、カシメによって固定部材4に生ずる周方向の圧力差を中間部材5の変形によって吸収することができ、直管部1c及び継手部材3に加わる面圧を周方向に均一にすることができる。これにより、直管部1cと継手部材3との間のシール性を高めることができ、高圧流体に対する耐久性の向上を図ることができる。 (もっと読む)


【課題】 ホース本体および管継手の連結を強固にしてホース本体と管継手との連結部分に大きな荷重がかかっても連結部分からの漏水を防止できる可撓性ホース接続機構を提供すること。
【解決手段】 合成樹脂製の可撓性ホース2と、可撓性ホース2の端部Eに接続される合成樹脂製の管継手3と、可撓性ホース端部Eに外装させた状態で、可撓性ホース2および管継手3を連結する合成樹脂製の半割り状の連結リング3とを備え、連結リング4の係止部21は、外面側に凸部30を有する一方、係止部21の係合爪20が管継手3の係合突起16から抜けるのを防止するため、可撓性ホース2に挿通されて、連結リング4の係止部側から連結リング4を外周側から押圧する合成樹脂製で円筒状のカバー体31が、連結リング4を覆う状態で設けられており、このカバー体31には、前記凸部30に係合してカバー体31を固定するL字型の係合溝32が内周側に設けられている。 (もっと読む)


【課題】接続作業を短時間で効率よく行うことができ、従来の管継手よりも小型化できる管継手を提供する。
【解決手段】内周面に波付き管外周面の波形と噛み合う波形を形成した一対の半筒部13A、13Bを有する。一対の半筒部は、一方の側縁をヒンジ部15で結合され、他方の側縁が開閉可能となっている。一対の半筒部13A、13Bの開閉可能な側縁にはそれぞれ外方へ張り出すフランジ部19A、19Bが形成され、このフランジ部に前記開閉可能な側縁を閉じた状態に保持する差込式の係止部材21が形成されている。一対の半筒部13A、13Bの内周面には、厚さ方向に圧縮容易な多孔質の水膨張性シートが張り付けられている。 (もっと読む)


【課題】簡単な作業でコルゲート管を接続することができるコルゲート管用差込み継手を提供する。
【解決手段】差込み継手1は、継手本体10とそれに取り付けられたリテーナ押さえ部材50とからなるボディ3を有する。ボディ3内には、気密パッキン31、耐火パッキン35、及びリテーナ40等が配置されている。気密パッキン31の奥には、拡径リング71とワッシャー75とからなる移動手段70が配置されている。コルゲート管Tをボディ内に挿入すると、拡径リング71がコルゲート管T外周の環状凸部に押されて拡径する。また、この拡径に伴って、ワッシャー75がボディ手前側に移動し、更に、パッキン31、35等が押されて同方向に移動することで、リテーナ40がリテーナガイド用テーパー面57に押し付けられ、その爪43がコルゲート管Tの環状凹部に係合する。 (もっと読む)


【課題】
構造を簡素化し、低コストでありながらコルゲイト管を軽い力で管継手内に挿入して短時間で正しい嵌合状態で接続でき、確実なシール性能を確保し得る差込式管継手を提供する。
【解決手段】
コルゲイト管にて形成されたフレキシブルチューブを接続する差込式管継手において、継手本体内部にフレキシブルチューブとの連結機構、シール機構を一体的に組み込み、フレキシブルチューブのコルゲイト管を継手本体にいきなり挿入させるだけで連結接続を行える。構造を簡素化し、軽量にして部品点数も低減させる。コルゲイト管を挿入してその先端をリングに把持させ、その状態で引き抜き方向にコルゲイト管を引くと、移動するシール材を介して押輪の受壁に当接したリテーナがその内径を縮径方向に回転変形しコルゲイト管の谷部に係合してそれ以上の引き抜きが規制される。 (もっと読む)


【課題】簡単な作業でコルゲート管を接続することができ、しかもその接続の信頼性が高いコルゲート管用差込み継手を提供する。
【解決手段】差込み継手1の継手本体10内には、コルゲート管Tの固定を行うリテーナ40と、パッキン31、35と、ストッパー70等が配置されている。ストッパー70は、縮拡径方向に弾性変形可能に構成されるとともに、コルゲート管Tの外周の環状凹部に係合する爪72を有している。コルゲート管Tを継手本体の奥まで挿入することにより、このストッパー70が管外周の環状凹部に係合し、次いで、管Tを手前側に引くことにより、ストッパー70が環状凹部に係合したまま手前側に移動し、それに伴って該リテーナ40の爪43が環状凹部に差し込まれる。施工完了状態では、ストッパー70は継手本体10内の係止段部25cに係合して奥側へと戻らなくなる。 (もっと読む)


【課題】コルゲート管を強固に接続でき、かつ、良好な接続状態であることを確認しやすいコルゲート管用差込み継手を提供する。
【解決手段】差込み継手1は、コルゲート管Tが挿入筒状の継手本体10と、その内部に配置された、管Tの外周面に密着する気密パッキン31と、管Tの環状凹部に係合する爪43を有したリテーナ40と、継手本体内で奥方向にスライドして該リテーナ40を押し、それにより該リテーナの爪43が管の環状凹部に係合するリテーナ押しスリーブ50と、管Tの挿入側端部が当接する底部72、及び、スリーブ50の外周の溝に係合する係合部73を有するけん引部材70と、を有している。コルゲート管Tの挿入に応じて、けん引部材70が継手本体10の奥方向に移動し、それと共にスリーブ50が該けん引部材70に引かれて継手本体10内に引き込まれるようになっている。 (もっと読む)


【課題】 配管を他部材の干渉から保護すると共に、充分な可撓性を備えた樹脂管であるフレキシブルホースの両端間に金属製の各種継手部材を適宜配管し接続する水道用フレキシブルホースによる埋設配管構造。
【解決手段】 樹脂モノフィラメントの素線間を接着せずに編組したかご状筒体の樹脂外管に、柔軟な樹脂内管を挿通しつつ被覆してなるフレキシブルホースを形成し、上記フレキシブルホースの両端間は外周にパイプを外嵌して圧縮固定すると共に、内周にはホースニップルの取付け部を内嵌して加圧変形して固定し、上記フレキシブルホースを上記埋設配管構造中に適宜介在させつつ、上記フレキシブルホースの両端間に各種継手部材を接続する水道用フレキシブルホースによる埋設配管構造。 (もっと読む)


【課題】簡単な構造でコストが掛からず、狭い場所にも取り付け易く着脱容易な管継ぎ手を提供する。
【解決手段】一方の端部にホース12が接続可能な挿入部30を有するとともに、他端部には嵌挿部26を有し、中間部に凹凸状の取付部28を備え軸方向に貫通孔24aを有した雄部材24を備える。スリット34により切断されほぼリング状に形成されて取付部28へ装着可能に設けられているとともに、一端部の外周に係止部38が形成されたロックリング32を有する。雄部材24の嵌挿部26が挿入され貫通孔24aに連通する連通孔14aを備えるとともに、ロックリング32の係止部38が連通孔14aの内面側に係止可能な被係止溝21を備えた雌部材14を備える。ロックリング32および雄部材24は、雌部材14に取り付けられた状態で、ほぼホース12の外径程度の太さに形成されている。 (もっと読む)


191 - 200 / 293