説明

国際特許分類[F16L33/00]の内容

国際特許分類[F16L33/00]の下位に属する分類

国際特許分類[F16L33/00]に分類される特許

211 - 220 / 293


【課題】特殊装置に頼ることなく容易かつ迅速に波形導管に接続できる管継手を提供する。
【解決手段】軸方向に離間した環状凹み(20)を外面に有する波形導管(19)に対して流体シールを形成する管継手(10,11)。管継手は複数のソケット(12)と、少なくとも1つのシーリングリング(11)を含む。各ソケットは内側に延伸する環状隆起(18)をさらに含む。確実なシールを形成するために、シーリングリングは最初に継手の各ソケットに挿入される。次に、各ソケットの環状隆起が波形導管の複数の環状凹みの少なくとも1つに跨るように波形導管(19)が各ソケットに挿入される。 (もっと読む)


【課題】ゴムやコードに残留応力がかからず、ゴムホースにおける口金具の締結部の径が他のゴムホース部分の径と同程度で、かつゴムホース本体に対する口金具の締結力が大きい口金具付きゴムホースを提供する。
【解決手段】内部に補強層6が埋設されたゴムホース本体17と、該ゴムホース本体17に取付けられる口金具2とを備え、口金具の基部2b外周に凸条部4が形成され、ゴムホース本体17の軸方向端部において補強層6が露出した状態とされ、この露出した補強層6部分によって基部2bの凸条部4が被覆され、口金具2の外周を軸方向にスライド可能な外筒13が口金具2に外装され、外筒13を口金具2の軸方向に移動させることにより、外筒13に形成された縮径部16と凸条部4とで補強層6を挟持し、口金具2をゴムホース本体17に固定した構成とする。 (もっと読む)


【課題】フレキシブルチューブ用継手において、シール機能の低下が発生しにくく、したがって確実なシールを行えるようにする。
【解決手段】山部4と谷部5とを有するコルゲイト管2にて形成されたフレキシブルチューブ1を、筒状の継手10の端部の開口からこの継手10の内部に挿入することで、コルゲイト管2と継手10とを互いに接合可能とされた、フレキシブルチューブ用継手である。継手10の内周とコルゲイト管2の外周との間に、耐火性能を有する耐火シール材24と、耐火性能は有しないが常温において所定のシール機能を発揮する標準シール材25とが配置されている。標準シール材25は、コルゲイト管2の所定数の山部4の外周に接する長さで形成され、耐火シール材24は、標準シール材25に外ばめされた状態で設けられている。 (もっと読む)


【課題】フレキシブルチューブ用継手において、コルゲイト管の挿入不良にもとづくシール不良が発生しにくく、したがって確実なシールを行えるようにする。
【解決手段】山部4と谷部5とを有するコルゲイト管2にて形成されたフレキシブルチューブ1を、筒状の継手10の端部の開口からその内部に挿入することで、コルゲイト管2と継手10とを互いに接合可能である。継手10の内周とコルゲイト管2の外周との間に、耐火性能を有する耐火シール材24と、耐火性能は有しないが常温において所定のシール機能を発揮する標準シール材25とが配置されている。標準シール材25は、コルゲイト管2の所定数の山部4の外周に接する長さで形成されている。耐火シール材24は、標準シール材25よりも継手10の開口側に配置されるとともに、熱膨張性の部材にて構成され、かつその内径がコルゲイト管2の山部4の外径よりも大径に形成されている。 (もっと読む)


【課題】 パッキンの全体をしっかりと押圧することができる、連結具の取付構造を提供する。
【解決手段】 取付構造4は、保護管1が接続される中空筒状の連結具2を、断面弧状に湾曲する壁3の壁孔3aに取り付ける取付構造である。連結具2は、保護管1を接続可能な接続部2aと、壁孔3aの周縁部を隔てて互いに平行位置して対向する挟持面2b、2bを有する一対の挟持部2c、2cとを備える。そして、挟持部2c、2cの一方と壁3との間に、環状に形成されたパッキン5が介在する。このパッキン5は、一方の挟持部2c側に位置する第1の面5aが、その挟持部2cの挟持面2bと平行となるように形成され、壁3側に位置する第2の面5bが、その壁3の湾曲と対応する湾曲面となるように形成されている。 (もっと読む)


【課題】らせん波付き管の接続部内に高吸水性樹脂が突出するおそれがなく、しかも接続作業が容易に行えるらせん波付き管用管継手を提供する。
【解決手段】らせん波付き管の外周面とねじ結合する管継手本体2の内周面に不織布・高吸水性樹脂混合物3を設けたらせん波付き管用管継手において、管継手本体2の長手方向中央部に不織布・高吸水性樹脂混合物を設けない区間Sを設け、その区間Sの両側に不織布・高吸水性樹脂混合物3を設ける。管継手1内で管の端面間に隙間が生じたとしても、管継手本体2の中央部内周面には不織布・高吸水性樹脂混合物が設けられていないため、前記隙間から、水と接触した高吸水性樹脂が膨張して管内に突出することがない。管継手1をらせん波付き管にねじ込み、ねじ戻しするときの摩擦抵抗が減り、接続作業を容易に行える。 (もっと読む)


【課題】ホースの曲り等によって軸直角方向の横力が加わった状態で雌管と雄管とを袋ナットにてねじ締結作業した場合においても、それら雌管及び雄管を良好にメタルシールすることができ、締結作業後において衝撃が加わった場合においても油漏れ等を生じる恐れのないホース継手を提供する。
【解決手段】雌テーパ面30を有する金属製のアダプタ16と、雄テーパ面36を有するニップル金具14と、袋ナット18とを有し、雄ねじ部32への袋ナット18のねじ込みにより雄テーパ面36を雌テーパ面30に圧接させて金属同士の接触によるメタルシールにてニップル金具14とアダプタ16とをシール状態に締結し、ホースと相手機器側とを接続するホース継手10において、雄テーパ面36の先端の断面形状を半径0.5〜2.0mmの円弧形状の曲面形状とする。 (もっと読む)


【課題】外周面に凹部と凸部が螺旋状に形成された管体同士を、シート部材を介して締付ける継手構造において、管体に高い内圧が作用してもシール部材が容易にズレを生じなく、また、管体端部になんら加工を施すことなく容易に接続させることができる継手構造および継手装置を提供
【解決手段】対面する第1の管体端部および第2の管体端部の両外周面に亘って被着されるシール部材を設け、該シール部材の内周面に、各管体端部外周面の凹部および凸部に係合する凸部および凹部を同じく螺旋状に形成し、該シール部材を各管体端部外周面に締結するための締付手段を設けた。 (もっと読む)


【課題】輸送流体がその流路から漏洩した場合にホース外部への漏洩を防止しつつ、その流路からの漏洩の有無を外部から確実に視認することが可能なマリンホースを提供する。
【解決手段】ホース本体2と、その一端又は両端に液密に挿入される接続部材3と、少なくともホース本体2の外周面を液密に被覆するホース外装体4とを備え、接続部材3がその一端側にホース本体2に挿入される挿入部31と挿入部31に隣接し外周面上に周方向に沿って環状に凸設された凸条部32とを備え、凸条部32には筒状流路方向に沿った貫通孔33が少なくとも1本設けられ、貫通孔33内には標識部材341が捲回されたロッド部材34が設置され、ロッド部材34の進出方向後端側には貫通孔33と液密に連通する液漏れ感知室4111が設けられ、ホース外装体4が液漏れ感知室4111を液密に被覆したマリンホース1。 (もっと読む)


【課題】流路開閉装置の筒体にホースを挿入して係合する場合、係合部の外周にテープを巻き付けて固定しており、高所で、かつ狭い空間での作業となるため、危険で困難な作業となっていた。
【解決手段】流路開閉装置の筒体を流入口側筒体11と流路開閉翼を有する流出口側筒体16とに分割し、流入口側筒体は、外周に流路と平行となる凸状筋部14を有し、かつ凸状筋部の流入側末端に配設された外周帯部15を有し、一方、流出口側筒体は、内周壁の一部には流路と平行となる凹状筋部18を有し、かつ外周には連結爪部17を有し、お互いの筒体を挿入し、連結爪を係合して連結したことである。この連結構造によって、高所で困難であったテープ巻き付け作業をなくすものである。 (もっと読む)


211 - 220 / 293