説明

国際特許分類[F16L37/04]の内容

国際特許分類[F16L37/04]の下位に属する分類

機械機構の圧力によってしめつけられるもの
流体圧力によって締め付けられるもの (5)

国際特許分類[F16L37/04]に分類される特許

11 - 13 / 13


【課題】配管接続作業の簡素化、省作業スペース化を一層促進でき、しかも軽量で低コストの配管継手構造を提供する。
【解決手段】配管の径方向に膨出する鍔部を有する第1の配管と、該第1の配管が内挿されるとともに前記鍔部を係止し挿入代を規制する係止部を端部に有する第2の配管と、前記鍔部の配管軸方向への移動を防止する配管継手部材とを有する配管継手構造において、前記係止部を第2の配管の端部を拡径した拡径部から形成するとともに、前記配管継手部材を弾性変形部材から構成し、該配管継手部材を前記係止部の内部に収納可能に構成したことを特徴とする配管継手構造。 (もっと読む)


【課題】 継手の取扱いが容易で、しかも接続管と継手とを速やかに接合することができる差込み型管継手を提供することである。
【解決手段】 継手1は、接続管10が外装される円筒部22を有する継手本体2と、接続管10の周囲に配設される弾性変形可能なC字形状の締付リング3と、締付リング3に挟着される可動片4と、接続管10の周囲に固着される保護キャップ5とを備え、可動片4は、締付リング3の幅の1/3以上の幅を有し、締付リングに挟持されるスペーサ部43と、接続管10と接触する突当部42とを有し、突当部42が接続管10と当接する時に、スペーサ部43は、締付リング3が縮径される位置まで移動するように構成されている。 (もっと読む)


【課題】 パイプの接続が簡単に行え、また、接続させるパイプが柔らかく伸び易い材質のものであっても、確実な抜け止めを可能とする管継手を提供することを目的とする。
【解決手段】 被接続用のパイプPの端部に挿入させる挿入筒部2を有する継手本体1と、挿入筒部2に外嵌されたパイプPの端部を外周面側から弾発的な締め付け力で締め付けるためのスリット付きの締付環体3と、締付環体3よりもパイプ挿し口10側にパイプ挿し口10に向かって縮径するテーパ内周面7が形成された外筒体6と、テーパ内周面7と締付環体3との間に配設されテーパ内周面7に当接することで縮径しパイプPを外周面側から押圧して抜け止めするリング状抜け止め部材8と、を備えたものである。 (もっと読む)


11 - 13 / 13