説明

国際特許分類[F16L37/28]の内容

国際特許分類[F16L37/28]の下位に属する分類

国際特許分類[F16L37/28]に分類される特許

11 - 14 / 14


【課題】ガス流入口が開口する筒状先端部とガス供給先に連通接続する基部とを備えたソケットと、ガス流出口4が開口する筒状先端部5とガス供給元に連通接続する基部6とを備えたプラグBとを、ソケット先端部をプラグ先端部に外嵌して連通接続可能に構成し、プラグ内側に、ガス流出口開閉用弁体8を筒軸芯方向に往復移動自在に装着し、弁体をガス流出口側閉じ位置に移動させる弾性付勢手段10を装着し、ソケット先端部をプラグ先端部に外嵌するに伴って、閉じ位置の弁体を付勢力に抗して開き位置に押圧移動操作可能な押圧部材をソケットに設けてあるガス供給用接続具であって、ガス使用時以外は、いたずらによるガス流出口からのガス噴出を効果的に防止できるようにする。
【解決手段】閉じ位置の弁体の付勢力に抗する開き位置側への押圧移動を牽制可能な牽制手段14を、特定操作で牽制解除可能に、弁体とプラグとに亘って設けてある。 (もっと読む)


【課題】雄要素と共働でき且つ使用するのが容易であって良好な機械的抵抗を示す固定システムを備える雌迅速継手要素を提案すること。
【解決手段】雌迅速継手要素Aは長手方向軸線X−X’に沿う挿入によって雄要素Bを受けるようになっている。前記雌要素Aは、傾斜軸線X27−X’27,に移動でき且つ雄要素Bの溝16に係合されるよう企図された端部40bを備えた少なくとも一つの固定部材40を備えている。部材のヘッド40eは端部40bへ配向され且つ第一成分33の対応面33bと摺動接触して受けられた第一面40hを形成する。これら表面40h、33bの間の摺動平面P1 は部材の並進の軸線X27−X’27に関して約75°と105°の間の角度に傾斜されている。ヘッド40eは端部40bとヘッドの間の接続部のロッドのいずれかの側面に配列された二つのラグを有する。 (もっと読む)


第1及び第2の接続要素3’、3’’を備え、マルチコネクタ1が第1及び第2の雄部品21’、21’’と第1及び第2の雌部品23’、23’’を備え、接続要素の1つ3’が、ロック位置に向けてばね押しされるロックスリーブ17を備えている雌部品23’’を備え、ロック位置において、ロックスリーブ17が、雄部品21’を雌部品23’’の中で接続位置にロックするためにボールキャッチ52を噛み合い位置に保持する働きをし、ロックスリーブ17が、第1接続要素3’を第2接続要素3’’から外すためにばね押しに抗して雄部品21’から遠ざかる方向pに移動できるようになっている、圧力下媒質用のホース9のためのマルチコネクタにおいて、雌部品23’’のロックスリーブ17が外す作業のために操作デバイス29と結合していることを特徴とするマルチコネクタ。
(もっと読む)


ホース継手は雄部材と雌部材を組み合わせ、この雌部材はその上で軸方向に滑り変位可能なスリーブと協働して連結解除時に圧力を逃がす手段を備えている。継手内のこの手段は角張ったロッキング爪によって形成され、このロッキング爪の一部は雌部材の軸方向溝に挿入可能であり、その少なくとも一部が常にスリーブによって取り囲まれるような長さを有する。ロッキング爪の内側の方に向いた他の部分は、ロッキング爪がスリーブによって操作されるときに雄部材の溝内に達するような長さを有する。ロッキング爪は継手が連結されているときに雄部材をロックし、圧力逃がしのときに雄部材を他の位置にロックする複合手段である。 (もっと読む)


11 - 14 / 14