説明

国際特許分類[F21Y101/00]の内容

国際特許分類[F21Y101/00]の下位に属する分類

国際特許分類[F21Y101/00]に分類される特許

1 - 10 / 3,154



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285

【課題】地震等の振動による衝撃を吸収することができる電気機器を提供する。
【解決手段】照明装置は、照明装置本体90、第1吊下げ部としての天井面に固定される取付金具10及びパイプ固定金具40、第2吊下げ部としてのパイプ50、連結部の軸部材としてのボルト60、ボルト60の移動を規制するとともに、パイプ固定金具40、ボルト60及びパイプ50等を覆う覆部材としての上側カバー20、下側カバー30などを備える。パイプ固定金具40は、略U字状をなし、対向する弾性板を有する。弾性板及びパイプ50の端部には、ボルト60を挿通させるための軸孔を形成してある。これにより、ボルト60の軸回りにパイプ固定金具40に対してパイプ50を回動させることができる。 (もっと読む)


【課題】雑音端子電圧を低減できる照明装置を提供する。
【解決手段】照明装置10は、筐体12、電路およびノイズフィルタ回路16を具備する。筐体12には、点灯回路内蔵形ランプ11を配置する。電路は、点灯回路内蔵形ランプ11に外部電源を供給する。ノイズフィルタ回路16は、電路中に設けられ、雑音端子電圧を低減する。 (もっと読む)


【課題】高ワットタイプの高圧放電ランプにおいて、電極先端の突起の維持と黒化の防止を両立する電極構造を実現する。
【解決手段】発光管内に一対の電極を備えた定格電力200W〜230Wの高圧放電ランプにおいて、電極の各々が、芯棒及び芯棒の先端部分に巻回されたコイルからなり、コイルが、電極根元側の少なくとも1ターンを残して溶融処理されて形成された電極先端側の溶融部及び電極根元側の非溶融部からなり、高圧放電ランプの定格電力をP(W)とし、溶融部に含まれる芯棒及びコイルの体積をV1、非溶融部に含まれる芯棒及びコイルの体積をV2、溶融比率をα=V1/(V1+V2)×100(%)とした場合に、200≦P≦230について、P/10+42≦αとなるように構成した。 (もっと読む)


【課題】灯具内での太陽光線の集中を防止するために、太陽光線経路を阻止する前照灯を提供する。
【解決手段】少なくとも1つの主光源7と、主光ビームを形成するように主光源7によって生成された光を受けることができる光集束装置12と、を備える前照灯1に関し、少なくとも2つの位置A、A’間を移動可能な遮光要素14を備え、その位置の1つでは、主光源7と光集束装置12との間に遮光要素14が介在し、前照灯1の劣化防止のために、遮光要素14が主光源7と光集束装置12との間に介在するときに、前照灯1の外側からの光線2が、光集束装置12によって、線または点状に集束されないように、遮光要素14が構成される。 (もっと読む)


【課題】車両走行時の振動や衝撃等による蓄光発光部の脱落や破損等の問題を生じることなく、消灯時の十分な光量の確保と長時間の発光が可能な車両用ウェッジベース電球を提供すること。
【解決手段】ガラス管2の端部に一体に形成された口金部2aを貫通してガラス管2内に導入された2本のリード線4に共通のブリッジガラス5を通してこれらのリード線4を保持するとともに、両リード線4の先端部間にフィラメント6を張設して成る車両用ウェッジベース電球1において、前記ブリッジガラス5に蓄光塗料を塗布する。又、前記ブリッジガラス5の表面にスリット状の溝を形成する。 (もっと読む)


【課題】比較的簡易な構成によって設備プレートを器具本体に取り付けることが可能な天井設置用照明器具を提供する。
【解決手段】照明器具100は、電気部品とフレーム110とを含む器具本体と、設備プレート150とを備えている。フレーム110は、挿入口と、側壁34および側壁35と、フランジ36およびフランジ37と、突起部34pと、突起部35pとを有している。フランジ36と突起部34pとの間の間隔hと、設備プレート150の幅方向の一端5aの厚みHpと、フレーム110の幅方向に沿った挿入口の寸法W1と、設備プレート150の幅方向の寸法W2と、フレーム110の幅方向に沿った突起部34pの先端と突起部35pの先端との間の寸法W4との間に、W1<W2≦W4の関係およびh<Hpの関係が成立する。 (もっと読む)


1 - 10 / 3,154