説明

国際特許分類[F25D19/00]の内容

国際特許分類[F25D19/00]の下位に属する分類

国際特許分類[F25D19/00]に分類される特許

101 - 110 / 824


【課題】放熱パイプの熱影響を低減して、省エネルギー化に寄与する真空断熱材及びこれを備えた冷蔵庫を提供することを目的とする。
【解決手段】外箱の内側に配置された真空断熱材と、該真空断熱材と前記外箱との間に配置された放熱パイプと、を備えた冷蔵庫において、前記真空断熱材は、繊維集合体の芯材と、該芯材を収納する外包材とを有し、前記外包材内を減圧して、前記芯材は一部に間隔を空けて積層体が積層されて、前記間隔に対向する前記積層体は該間隔に向けて湾曲形状となり、該湾曲形状に沿って凹部が形成されて、該凹部に前記放熱パイプを配置した。 (もっと読む)


【課題】断熱性の低下を抑制しつつ放熱パイプ等を収納する凹所を有する真空断熱材及びこれを用いた冷蔵庫を提供する。
【解決手段】繊維集合体の芯材と、該芯材を収納する外袋とを有し、前記外袋内を減圧した真空断熱材において、前記芯材は第一の積層体及び第二の積層体の間に所定間隔で第三の積層体及び第四の積層体を備え、前記第一の積層体及び前記第二の積層体は第三の積層体及び第四の積層体の間を埋めるように曲がり、前記第一の積層体及び前記第二の積層体の外面にそれぞれ凹所が形成されたことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】ドア付近の露付きを抑制するとともに、放熱パイプの放熱効率を高める冷蔵庫および真空断熱材を提供する。
【解決手段】本発明に関わる冷蔵庫1は、外郭の外箱19を成す側面板11に180mm〜220mmピッチで設けられ、冷凍サイクルの冷媒が通流する放熱パイプ20と、ドア5に対向する外箱19の外板であるフランジ部19b近くの放熱パイプ20を覆う端部凹所22aが、外方が開放されたへこんだ形状をもって縁部に沿って設けられるとともに、フランジ部19b近くの放熱パイプ20に隣り合う放熱パイプ20を覆う凹所22がへこんだ形状をもって設けられる真空断熱材21とを備えている。 (もっと読む)


【課題】放熱パイプの熱影響を低減して、省エネルギー化に寄与する真空断熱材を備えた冷蔵庫を提供することを目的とする。
【解決手段】外箱の側面内側に配置された真空断熱材と、該真空断熱材と前記外箱との間に配置された放熱パイプと、前記外箱と内箱との間に充填された発泡断熱材と、を備え、前記内箱の側面は前方に向かって前記外箱に近づく傾斜部を有し、前記真空断熱材は前記傾斜部に対向する位置に前方が開放した端部凹部を備える。 (もっと読む)


【課題】放熱パイプの熱影響を低減して、省エネルギー化に寄与する真空断熱材及びこれを備えた冷蔵庫を提供することを目的とする。
【解決手段】
外箱の内側に配置された真空断熱材と、該真空断熱材と前記外箱との間に配置された放熱パイプと、を備えた冷蔵庫において、前記真空断熱材は、繊維集合体の芯材と、該芯材を収納する外包材とを有し、前記外包材内を減圧して、前記芯材は第一の積層体及び第二の積層体を所定間隔を空けて第三の積層体上に配置して、前記第三の積層体は前記所定間隔を埋めるように前記第一の積層体及び前記第二の積層体側に曲がることで前記第三の積層体側に凹部が形成され、該凹部内に突部が形成されるように前記第三の積層体の一部を厚くして、前記突部で支持するように前記凹部に前記放熱パイプを配置する。 (もっと読む)


【課題】放熱パイプの熱影響を低減して、省エネルギー化に寄与する真空断熱材及びこれを備えた冷蔵庫を提供することを目的とする。
【解決手段】繊維集合体の芯材と、該芯材を収納する外包材とを有し、前記外包材内を減圧した真空断熱材において、前記芯材は第一の積層体及び第二の積層体を所定間隔を空けて第三の積層体上に配置して、加熱圧縮成形によって前記第三の積層体は前記所定間隔を埋めるように前記第一の積層体及び前記第二の積層体側に曲がることで前記第三の積層体側に凹部が形成された状態で、前記外包材に収納して減圧した。 (もっと読む)


【課題】金属製コイルばねとゴム部材を組み合わせた防振装置における、大振動時にコイルばねのばね線同士や周囲部品との金属同士の衝突,擦れにより異常音が発生するという課題があり、一方では均質なゴムを一体成型してなる防振装置において、局所的に耐久力が必要となる金属部品との接触部位のため全体のゴム硬度を下げることができず、防振性能に優れる低硬度材料を使用できないことにより防振性能の向上に限界があるという課題がある。
【解決手段】防振装置は上部,中間,下部の3つのゴム部材を3層に積み重ね溶着などの手段により接合され一体とした構造であり、中間ゴム部材の硬度はデュロメータ硬さ40度未満であり、圧縮機脚部材と接触する上部ゴム部材およびベース部材と接触する下部ゴム部材には中間ゴム部材よりも硬度が高い材料を用いることを特徴とする冷蔵庫。 (もっと読む)


【課題】コンデンサのメンテナンスが容易な冷蔵庫を提供する。
【解決手段】冷蔵庫の冷凍サイクルにおけるコンデンサ58が配された機械室と、冷蔵庫の庫内と機械室を前後に仕切る前記機械室の前壁と、機械室に設けられ、かつ、コンデンサ58の後方に位置する仕切り部と、機械室に設けられ、かつ、仕切り部の後方に位置するファン56とを備え、ファン56と仕切り部とが着脱可能である。また、仕切り部は、コンデンサ58へ空気が流れるダクト100を構成する部材である。 (もっと読む)


【課題】気液分離器や制御部等の機器を冷気通路内に配置したとしても、冷気通路の容積の増大およびファンの送風能力の低下の抑制が図られた冷却庫を提供する。
【解決手段】冷却庫1は、冷却対象物を冷却する冷蔵室6と、冷蔵室6に供給される冷気を生成する冷却器18と、冷却器18が収められると共に、冷却器18から上方に向けて延びる収容室24を形成する筐体と、収容室24の側面のうち、冷却器18よりも上方に形成された開口部31と、開口部31に設けられたファン32と、冷却器18から冷気をファン32に向けて案内する案内壁部と、筐体と案内壁部との間に形成された機器収容室とを備える。 (もっと読む)


【課題】生産コストの増大および全体の大型化を最小限に抑え、年間を通して効率的な運転を可能とする。
【解決手段】冷媒を圧縮して所定圧力で吐出する第1および第2コンプレッサ25A,25Bと、コンプレッサ25A,25Bを個別に接続する第1および第2冷媒通路33A1,33B1を有する1個の凝縮器26と、コンプレッサ25A,25Bと凝縮器26の第1および第2冷媒通路33A1,33B1を個別に接続する第1および第2冷媒通路33A2,33B2を有する1個の蒸発器28とを備え、第1および第2冷凍サイクル24A,24Bを個別に制御することにより収納庫10内を保冷する。 (もっと読む)


101 - 110 / 824