説明

国際特許分類[F25D3/00]の内容

国際特許分類[F25D3/00]の下位に属する分類

国際特許分類[F25D3/00]に分類される特許

1 - 10 / 125


【課題】 市販の扇風機、送風機に付帯することで、送風される風を手軽に冷風にする熱交換装置を提供する。
【解決手段】 熱交換装置は、保冷剤と冷媒を貯留する貯留タンクと貯留タンクの全周に配置された断熱材、貯留タンク内と外部との間で熱を伝達するヒートパイプを備える。 (もっと読む)


【課題】過冷却を防止すると共に、冷却、解凍を繰り返しても過冷度が大きくならない蓄冷体の提供を目的とする。
【解決手段】蓄冷剤容器の蓄冷剤21中に、少なくとも一部が伸長可能な膜37で構成されて前記膜37を貫通する切れ込み39が形成された外殻32内に、前記蓄冷剤21よりも凝固温度が高い水42が充填された過冷度低減装置31を収容し、前記過冷度低減装置31内の水42が氷42aとなる際の体積増大により前記伸長可能な膜37が伸長して前記切れ込み39が拡開し、該拡開した切れ込みを介して前記過冷度低減装置31内の氷42aに前記蓄冷剤21を接触させ、前記蓄冷剤21の過冷却を低減させるようにした。 (もっと読む)


【課題】従来只単に酒類を充填して口へ運ばせる為だけの目的で使用されてきた飲酒容器(グラス等)において、注がれた酒類の性質を簡便かつ短時間に改質させると伴に冷却保冷作用にも働きかける等、飲酒時の醍醐味とされるその風味と飲みごろ感(温度)との異なる2点の調整を同時に行わせる事を可能とする高機能飲酒グラスの提供を図る。
【解決手段】飲酒時のグラス等に施される香り立て回転を利用した改質保冷グラス容器システム110であって、飲酒容器(グラス等)の内部底面上に設定される円錐台形状の突起部と、外面部に外部雰囲気を隔てる高断熱部を備え内面部に一定冷熱を蓄える高機能蓄冷部と高熱伝導部とを備えたグラス容器底部装着型冷却保冷ICEアダプタ−との組み合わせにより、香り立て回転中の酒類に対して、接触抵抗と高効率冷熱負荷とを同時に加え、その風味と飲みごろ感(温度)のW調整に働きかける構成とする。 (もっと読む)


【課題】そのまま大量に積み上げて、凍らせて使用できる保冷具を提供する。
【解決手段】樹脂製ネット状の外袋1に保冷シート2が内装されて構成され、保冷シート2は、吸水樹脂を封入した袋部2a,2aを分包状に複数有し、各袋部2a内に吸水させて予冷できるように構成されている。 (もっと読む)


【課題】
本発明は、身体の冷却効果に優れ、高温の環境下においても長時間快適に作業を行うことを可能とし、しかも、作業性や運動性を損なわない冷却装置を提供する。
【解決手段】
冷却装置は、ケース1と、一端が前記ケース1内に接続された可撓性を有するダクト21と、前記ケース1内に配され、前記ダクト21に空気を送風するファン31と、前記ケース1内に収容され、収容体42に保冷剤43を充填してなる保冷材41と、を備える。 (もっと読む)


【課題】棚の支持強度を高くした棚受部を備え、潜熱蓄熱材を用いた蓄熱容器を提供する。
【解決手段】箱型の外壁3と、外壁3の内方にある箱型の庫内壁9と、外壁3と庫内壁9との間の領域の庫内壁9側に配置され、所定の温度で固相から液相へ可逆的に相転移する潜熱蓄熱材7と、庫内壁9内方であって貯蔵物を貯蔵する貯蔵室10と、貯蔵室10内で貯蔵物を載置する棚21を支持するために庫内壁9の一部を貯蔵室10内に突出させた棚受部11と、外壁3と庫内壁9との間の領域の棚受部11の庫内壁9側に配置され、液相に相転移した潜熱蓄熱材7より高い支持強度で棚21を支持する支持部材12とを有する。 (もっと読む)


【課題】載置対象物上に着座している使用者に対し高温期の長時間走行時等において、空調冷気が行き渡らないような身体の部位を効果的に冷却し、快適性を向上し得る冷気強制送風式保冷具。
【解決手段】冷気強制送風式保冷具1は、載置対象物上に載置可能な形状に形成し、内部にジェルを含む保冷媒体14を封入し、保冷媒体14の収納領域以外の領域に、複数の抜穴部13を散在状態に設けた保冷具基体と、保冷具基体の裏面側に添着した複数の通気流路を有する多穴弾性体21と、多穴弾性体21の裏面側に添着した裏面被覆材31と、保冷具基体、多穴弾性体21及び裏面被覆材31の外周部を逢着し、これらを一体化する周辺逢着材と、により保冷具本体を構成し、吸入空気を、多穴弾性体21の通気流路、多数の抜穴部13を経て保冷媒体14により生成する冷気とともに載置対象物上に載置した保冷具本体の表面前方に送風する送風手段を設ける。 (もっと読む)


【課題】十分な冷却保持時間及び好適なフィット感を有する凝固冷却ゲル体を提供する。
【解決手段】樹脂フィルムを長手方向に複数の収納室に分割し、該分割された収納室を連結する固着部を有し、該収納室のそれぞれの中にゲル状凝固剤を封入した凝固冷却パックと、前記凝固冷却パックが長手方向に延在して収容するために設けられた中央収容部と、前記中央収容部の両端側に設けられた連結端部と、を有する袋体と、を備え、前記凝固冷却パックを前記袋体の中央収容部に収容した凝固冷却ゲル体であって、前記ゲル状凝固剤は、約−0.2℃以下の温度で凝固するように調製されている。 (もっと読む)


【課題】合成樹脂製の蓄冷剤容器の変形を抑制して、蓄冷剤容器と金属板との密着性を好適に確保することのできる冷却トレイを提供する。
【解決手段】冷却トレイは、中空箱状をなす合成樹脂製の蓄冷剤容器1内に蓄冷剤を封入して構成される。蓄冷剤容器1は、インサートブロー成形により、上壁10内に金属板Mを埋設した状態で成形したものである。金属板Mは周縁に複数の凹部M1を備えるとともに、上面の一部を外部に露出させた状態で上壁10内に埋設されている。上壁10は金属板Mの上面周縁部分を覆う上面支持部12と、金属板Mの下面を覆う下面支持部と、金属板Mの側面を覆うとともに上面支持部12と下面支持部とを接続する側面支持部とを備える。側面支持部は、金属板Mの外側面を覆う第1側面支持部と、金属板Mの凹部M1の内面を覆う第2側面支持部とからなる。 (もっと読む)


【課題】凍結室内において吹出口とは反対側に位置する蓄冷剤にも循環する冷気が十分に当たるようにする。
【解決手段】庫本体2内の一壁面2aと凍結室3との間に冷却室8を画成する隔壁9を受け、この隔壁9に冷気の吹出口13と、この吹出口13の上方および/または下方に位置する冷気の吸込口14とを形成する。また、蓄冷剤30を収容するコンテナ20を載置する手段として、高さ方向において冷気の吹出口20と吸込口30との間および吸込口30の側方にそれぞれ位置するように凍結室3内に水平状態に配置されて高さ方向に互いに所定間隔を開けて複数段備えられる棚15とを備える。そして、各棚15において、隔壁9に近い方の棚部分を板状の構造とし、隔壁9から遠い方の棚部分を、通気性を有する多孔質状(網状や格子状を含む。)の構造とする。 (もっと読む)


1 - 10 / 125