説明

国際特許分類[G01C15/00]の内容

物理学 (1,541,580) | 測定;試験 (294,940) | 距離,水準または方位の測定;測量;航行;ジャイロ計器;写真計量または映像計量 (22,094) | グループ1/00から13/00までに分類されない測量機器または付属具 (1,518)

国際特許分類[G01C15/00]の下位に属する分類

国際特許分類[G01C15/00]に分類される特許

1 - 10 / 1,050



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285

【課題】管体のズレ等を原因とする計測誤差が生じるおそれがなく、しかも計測時間が長くなるとの問題も生じない孔軌跡の計測装置とする。
【解決手段】ロール角、ピッチ角及びヨー角を検出する角度検出装置41…と操作材72とを有し、角度検出装置41…が孔H内に挿入され、この挿入状態において操作材72を引くと角度検出装置41…が孔入口側へ移動して孔Hの軌跡を計測する構成とされた孔軌跡の計測装置であって、角度検出装置41…が直列的に複数備えられ、操作材72が最も孔入口側に位置する角度検出装置44に取り付けられ、角度検出装置41…同士が所定長L離間するように連結材71によって連結され、操作材72を引くと角度検出装置41…が孔入口側へ移動して、それぞれの角度検出装置41…が隣接する角度検出装置42…までの孔軌跡を計測する構成とされる。 (もっと読む)


【課題】複雑で時間のかかるキャリブレーションを必要とせずに、高精度の路面の縦断プロファイルを作成できる移動式の三次元レーザ計測システムを提供する。
【解決手段】本発明の計測システムでは、以下の3段階のステップで路面の縦断プロファイルを作成する。最初に、計測車2に搭載されたレーザスキャナ21を用いて、走行しながら道路の路面の平面位置と高さを計測して第1の三次元点群データG1を取得する。次に、第1の三次元点群データG1を、計測車2に搭載されたGPS受信機22および慣性計測装置23を用いて取得したデータに基づいて修正して、地理座標系で表示された第2の三次元点群データG2を作成する。最後に、第2の三次元点群データG2から計測車2のいずれかのタイヤの軌跡に対応する第3の三次元点群データG3を切り出し、この第3の三次元点群データG3に基づいて、路面の縦断プロファイルを作成する。 (もっと読む)


【課題】測長器をレベル測定装置に簡便に一体化し、しかも高い精度で測定ポイントまでの距離を正確に測定することのできるレベル測定装置用測長器接続具を提供する。
【解決手段】レベル測定装置1にレベル測定装置用測長器接続具3を用いて測長器2を組み付けする。レベル測定装置用測長器接続具3に、レベル測定装置1の測定部ボディ1bを包持する測定部ボディ包持部3cと、測長器2を収容するための測長器収容部3eとを設ける。測長器収容部3eに、測長器2の測長基準面2aをレベル測定装置1の旋回中心軸O1に合致させる測定基準受け部14を設ける。 (もっと読む)


【課題】レーザ墨出し装置において、複数本から成る脚部が閉じられている閉状態を、より強固に維持する。
【解決手段】レーザ墨出し装置1は、ライン状光線を照射する光学本体2と、光学本体2をジンバル機構31によって揺動自在に懸架し光学本体2を覆う外郭3と、外郭3の底部に取り付けられ外郭3を支持し、かつ、回動することで開閉する複数本の脚部4と、脚部4の閉状態において光学本体2の揺動を固定するロック部5とを備える。複数本の脚部4は、その底面側に、突出部を有する脚部4と、当該突出部に嵌合する窪み部を有する脚部4とを備え、突出部にはその内側面に凹部又は凸部が形成され、窪み部には当該凹部又は凸部と嵌合する凸部又は凹部が形成される。この構成により、複数本から成る脚部4が閉じられている閉状態を、より強固に維持できる。 (もっと読む)


【課題】簡素な構成で正確に振れを検出することができるクレーン振れセンサを提供する。
【解決手段】クレーン本体Cに設けられ、クレーン本体Cの下方に向けられた撮像部10と、クレーン本体Cに吊り下げられて撮像部10と対向する吊り具Cに設けられ、アレイ状に配列された複数のLEDチップにより発光面が形成され、上方へ向けて照射光を発するLEDアレイ素子を有するターゲット部20とを備え、ターゲット部20の発光面の重心から縁までの最短距離をd、撮像部10とターゲット部20との間の最大ストロークをLMAX、撮像部10の撮像素子の瞬時視野角をQとした場合に、以下の関係を満たすことを特徴とする。
Q×LMAX<d (もっと読む)


【課題】簡単な構成で、正確な地形の3次元計測を可能とする。
【解決手段】飛行体1が測定対象範囲の上空を葛折状に飛行して往路復路でそれぞれ静止画像を取得する第1工程と、進行方向に隣接する3画像について、1組の隣接する画像について相互標定してステレオ画像を作成し、もう1組の隣接する画像について相互標定して他のステレオ画像を作成し2組のステレオ画像を作成する第2工程と、2組のステレオ画像の共通した画像で、且つ3画像が重複する部分から抽出した特徴点を用いて2組のステレオ画像を接続する第3工程と、第2工程と第3工程を繰返して第1工程で取得した画像により往路、復路方向で全てのステレオ画像を接続する工程と、隣接するコースで隣接する画像から共通のタイポイントを選択し、コースで隣接するステレオ画像を接続する工程とを実行し、全測定対象範囲をカバーし、共通の3次元座標系で表される統一ステレオ画像を作成する。 (もっと読む)


【課題】本発明は、センサプローブを掘削孔又は管路内に挿入した後、センサプローブと掘削孔又は管路が平行となるまでは、方位演算を中止して計測誤差の発生を防止することを目的とする。
【解決手段】本発明による孔路位置計測方法及び装置は、センサプローブ(1)を前記掘削孔(2)又は管路内に挿入した後、前記センサプローブ(1)のプローブ軸方向(P1)と前記掘削孔(2)又は管路の軸方向(P2)又は長手方向と平行となるまでの一定距離を設定し、前記一定距離の間、前記演算部(7)における方位演算は行わないようにした方法と装置である。 (もっと読む)


1 - 10 / 1,050