説明

国際特許分類[G01K1/08]の内容

国際特許分類[G01K1/08]の下位に属する分類

化学的侵蝕を防ぐもの
過熱による損傷を防ぐもの (2)

国際特許分類[G01K1/08]に分類される特許

1 - 10 / 154


【課題】ケースからの出し入れにより電源がオンオフする電子体温計において、部品コストの低減と耐衝撃性の向上を実現する。
【解決手段】電子体温計は、その筐体の内部に、該電子体温計の各部に電力を供給する電源部と、導電材の物理的なオン、オフにより、前記電源部からの前記電力の供給をオン、オフする電源スイッチとをする。また、電子体温計は、筐体の外部からの押圧力に応じて変形し、該押圧力からの解放に応じて復元する弾性シート部と、該弾性シート部の変形および復元に連動する突起部とを有する電源スイッチアクセス部を有する。ここで、弾性シート部は筐体に設けられた貫通孔を覆うように設けられ、突起部がその貫通孔を介して電源スイッチに作用し、弾性シート部に押圧力が加わった状態で電源スイッチをオフの状態とし、押圧力から解放された状態で電源スイッチをオンの状態とする。 (もっと読む)


【課題】金属チューブが高い強度を有するとともに、高い応答性を発揮できる温度センサを提供すること。
【解決手段】金属チューブ9の先端側がハウジング5の挿通孔31の外部に突出した状態でハウジング5に固定された温度センサ1であり、金属チューブ9のハウジングの先端側より突出するチューブ先端部10に、金属チューブ9の軸方向に沿って伸びる複数の線状の溝状部57を備える。溝状部57は、各々がチューブ先端部10の軸方向長さの1/2以上の長さを有する形態で、チューブ先端部10の周方向に並列に形成されている。また、この溝状部57は、金属チューブ9の外側表面が軸方向に沿って溝状に構成されるとともに、金属チューブ9の内側表面が軸方向に沿って内側に突出する構成をなしている。 (もっと読む)


【課題】設置場所による測定精度の低下を抑制することができる環境測定装置を提供する。
【解決手段】環境における所定の物理量を検出する環境センサを含む基板60と、基板60の上面側に第1空間S1を形成するとともに基板60の下面側に第2空間S2を形成するように、基板60を内部に収容する筐体50と、を備え、筐体50は、外部と第1空間S1とを連通する通気孔11と、外部と第2空間S2とを連通する貫通孔31および通気溝32と、第1空間S1と第2空間S2とを連通する連通路24と、を有する。 (もっと読む)


【課題】シース温度計と保護管との熱的接触を確保し、温度検出における優れた応答性を発揮できるとともに、保護管内へのシース温度計の脱着作業を容易に行うことができ、製造・管理コストも大幅に削減できる温度測定器を提供せんとする。
【解決手段】シース温度計2の外周面20上の径方向所定角度部位20aに、長手方向に沿って外方に湾曲した形状の湾曲形状部5,5を備えるバネ材4を設けて、当該バネ材4の湾曲形状部5,5を保護管内壁30aに当接変形させ、その弾性復元力によりシース温度計外周面20のバネ材4と反対側の部位20bを保護管内壁30bに圧接させた。 (もっと読む)


【課題】必要な時に光ファイバーの補修、交換が可能な高炉の炉底耐火物の温度測定装置及び方法を提供する。
【解決手段】炉底耐火物12中に直線状の耐熱金属製の保護管13を、保護管13の両端が炉底耐火物12及び鉄皮20から突出する状態で複数本配置すること、保護管13内には耐熱金属製のチューブ14に収納された光ファイバー15が挿通していること、鉄皮20から突出した各保護管13は鉄皮20から突出する案内管21、24を通じて耐圧構造の中継箱25内に導かれること、保護管13に挿入された各光ファイバー15が中継箱25内で直列接続されていること、各光ファイバー15は融着接合されていること、及び直列に接続された光ファイバー15の端部には光制御部が接続されていることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】本発明は、溶融金属が中空部に浸入し難い、低コストで製造可能なセラミックス製筒体を提供することを目的としている。
【解決手段】溶融金属に浸漬されるセラミックス製筒体であって、セラミックスからなる両端開口した筒状の本体部と、本体部の内周面に接する外周面ならびにその外周面に交差する一端面および一端面に対面する他端面を有する、本体部の一端側の開口内に挿着されたセラミックスからなる栓部と、栓部の外周面に形成された溝を有することを特徴とするセラミックス製筒体である。 (もっと読む)


【課題】金属よりも低廉な樹脂でハウジングを形成しながらも検知対象である流体の漏入を防ぐことができる。
【解決手段】温度検知素子10と、温度検知素子を収容する樹脂製のハウジング20とを備える温度センサ1で、ハウジングは、インナーハウジング30と、アウターハウジング50とからなり、インナーハウジングは、温度検知素子を保持する素子保持部を素子保持塔部31が備え、アウターハウジングは、保持される温度検知素子を含め、インナーハウジングの周囲を覆う。アウターハウジングは、インナーハウジングを射出成形によりインサート成形することで形成される。温度検知素子が素子保持部で保持されたままでアウターハウジングを得るための射出成形が行なわれるので、温度検知素子に位置ずれが起こることがない。こうして、温度検知素子が所定の位置に適切に配置されるので、温度検知素子がハウジングの表面に露出することがない。 (もっと読む)


【課題】充填材の埋め込み、あるいは、温度検出素子の沈み込みが容易に可能になり、より速い温度応答性を実現できる温度センサを提供する。
【解決手段】有底筒形状のケース1と、このケース1に挿入して収納される温度検出素子2と、ケース1内に充填され温度検出素子2を封止する充填材3とを有する温度センサにおいて、ケース1と温度検出素子2との相対的な隙間において、温度検出素子2の挿入方向に沿って形成され、温度検出素子に対する隙間が他の部分より大きい充填材流動部1aを設けた。 (もっと読む)


【課題】被測定流体の圧力変化などによって保護管に引張力や押し込み力が作用しても、リード線に負荷がかかることがなく、また、液漏れなどが生ずることのない温度測定装置を提供すること。
【解決手段】保護管の内部に収容されたセンサ部と、センサ部と電気的に接続されたリード線と、を有する温度センサと、被測定流体の流路が形成された管継手本体と、を少なくとも備え、管継手本体に形成されている挿入孔に温度センサの保護管が挿入され、保護管が流路内に露出するように、温度センサが管継手本体に取り付けられている温度測定装置であって、温度センサの保護管には、伸縮および屈曲自在に形成された筒状部材の一端側が接続されており、筒状部材に保護管から導出されたリード線が遊挿されている。 (もっと読む)


【課題】電子体温計の先端部を保持する部材の柔軟性を維持しつつ耐久性を向上する。
【解決手段】電子体温計を収納するための電子体温計用収納ケースは、上面パネル、該上面パネルに対向する下面パネル、該上面パネルと該下面パネルを接続する側面パネルによって電子体温計を収納する内部空間が形成された容器本体を有する。この内部空間の一端には、電子体温計を先端キャップの側から挿入するための開口が形成され、開口と反対側の端部には、電子体温計の先端キャップに嵌合して電子体温計を内部空間に保持するように配置された、円弧状の断面を有する複数の保持部材を有する。上面パネルと下面パネルは、開口の反対側の端部に向かって細くなるテーパー形状を有し、複数の保持部材は、テーパー形状に沿って設けられた側面パネルが形成する内壁から電子体温計の挿入方向に沿って延びるように設けられている。 (もっと読む)


1 - 10 / 154