国際特許分類[G01N30/46]の内容

国際特許分類[G01N30/46]に分類される特許

1 - 10 / 211


【課題】 試料に含まれる各リポタンパク中のビタミンE類を測定する方法において、各リポタンパク中のコレステロールも同時に測定可能な方法を提供すること。
【解決手段】 リポタンパクを含む試料をイオン交換クロマトグラフに供してリポタンパクを分離し、分離したリポタンパクを、有機溶媒および界面活性剤を含む前処理液と反応させてコレステロールおよびビタミンE類を遊離させ、遊離させたコレステロールおよびビタミンE類を逆相クロマトグラフに供して分離し、分離したコレステロール量およびビタミンE類の量を測定する、測定方法、ならびに前記方法を利用した装置により、前記課題を解決する。 (もっと読む)


【課題】包括的2次元GC/MSで得られるマススペクトルに重畳しているバックグラウンドを的確に除去することで、DB検索等による成分同定の精度を向上させる。
【解決手段】2次元クロマトグラム上で検出されたピークに対応するピーク領域の周囲にバックグラウンド領域を設定し、ピーク領域中の任意の画素の位置(p、q)におけるバックグラウンドを、該位置を挟んでバックグラウンド領域中に位置する2つの画素のマススペクトルの内挿により推算する。2つの時間軸T1、T2方向でそれぞれ求めたバックグラウンドを平均し、位置(p、q)の画素におけるマススペクトルから差し引くことで、バックグラウンドを除去したマススペクトルを算出する。こうして、ピークに対応する各画素におけるマススペクトルからバックグラウンドを除去し、それらマススペクトルに基づいて該ピークの成分を同定する。 (もっと読む)


【課題】複雑な手順や準備を必要せずに、従来の分析方法と比較して高感度に、安定的にシリコン化合物ガス中の不純物であるシロキサン濃度を分析することが可能な分析方法を提供する。
【解決手段】分子構造中にSi−H結合を有するシリコン化合物ガス中の不純物の濃度を、ガスクロマトグラフ−質量分析計(GC−MS)を用いて分析する際に、パックドカラムとキャピラリーカラムとを組合せた分離カラムを用いることを特徴とするシリコン化合物ガス中の不純物濃度の分析方法を選択する。 (もっと読む)


【課題】複数の溶媒や複数のカラムの中から選択した任意の溶媒及びカラムを用いてクロマトグラフ分析を行う場合において、使用する溶媒やカラムの種類を正しく選択することができる液体クロマトグラフを提供する。
【解決手段】本発明は、送液ポンプの送出側にカラム切替バルブを介して接続された複数のカラムと、送液ポンプの吸引側に溶媒切替バルブを介して接続された複数の溶媒容器から溶媒を吸引するための複数の溶媒流路と、送液ポンプによって溶媒が吸引される溶媒容器、及び移動相が導入されるカラムをユーザに選択させる条件選択手段と、条件選択手段による選択内容に基づいて溶媒切替バルブ及びカラム切替バルブを制御する制御手段とを備える。条件選択手段は、少なくとも複数の溶媒容器、及び複数のカラムを示すシンボルを用いた条件選択画面を表示する表示手段を備える。各シンボルは互いに異なる色で表示される。 (もっと読む)


【課題】擬似移動床システム及び方法を提供する。
【解決手段】本発明は、溶液を二つ又はそれより多くのフラクションに分画するシステム及び方法に関するものである。本発明のシステムは、少なくとも約1mの直径を有し且つ約50μmないし約250μmの範囲内のビーズ径を持つポリマーベースのイオン交換樹脂の均一充填物を含む少なくとも二つの区画を含む。本発明のシステムにおける流体フロントの混合容積は、区画容積の5%を越えない。 (もっと読む)


【課題】GC装置が最適な分析条件を得るまでの試行錯誤に要する手間及び時間を削減することのできる制御装置及び該制御装置に用いる制御プログラムを提供する。
【解決手段】本発明のガスクロマトグラフ装置用制御装置では、単一の制御系によって制御される単一の流路(分析ライン)に直列に繋がれた複数のカラムの各々において、流量及び/又は平均線速度が算出される。従来、複数の直列カラムの流量制御は、流路途中に複数の制御系を備える装置において行われていたが、本発明ではそれに比べて制御系が少なく、設定すべきパラメータの数も少なくなることから、最適な分析条件を得るまでの試行錯誤に要する手間及び時間を削減することができる。 (もっと読む)


【課題】複数試料に対する分析時間を短縮できるとともに分離の早い成分の分析時間を短縮できるクロマトグラフを実現すること。
【解決手段】試料の成分を分離するカラムとこのカラムで分離された成分を検出する検出器を単位とする少なくとも1つの分析単位を有する少なくとも2つの分析モジュールが設けられ、これら各分析モジュールはそれぞれの分析モジュールに固有の周期で前記試料を分析することを特徴とするもの。 (もっと読む)


【課題】カラムを複数に分割可能とすることにより、層別のサンプリングが可能となるカラムアッセンブリ及び流体処理カラムと、この流体処理カラムの特性測定方法を提供する。
【解決手段】複数のユニットカラム2が直列に分離可能に連結されてなり、内部に充填材10が充填されるカラムアッセンブリ1であって、流体の流通口8aを有したエンド部材8が両端に着脱可能に装着されているカラムアッセンブリ1。このカラムアッセンブリ1に充填材10を充填した流体処理カラム。この流体処理カラムに流体を流通させた後、ユニットカラム2同士を分離し、ユニットカラム内の充填材10の分析を行う。 (もっと読む)


【課題】タイミング調整のための時間短縮を実現する。
【解決手段】複数成分のうち分離速度の遅い非測定成分を除く手段と、
前記非測定成分を除いた測定成分の中で他の複数の測定成分より分離速度の遅い成分を初期段階でトラップする手段と、
前記トラップする手段より後段に配置され、前記測定成分の中で前記分離速度の遅い成分より早く分離する他の複数の測定成分をそれぞれ分離する分離手段と、
前記ディテクタに導入される成分に重複しないタイミングで前記トラップした分離速度の遅い成分を前記ディテクタに導入する手段を有している。 (もっと読む)


【課題】グルコースとガラクトースとを含んだ水溶液から、グルコースおよびガラクトースをそれぞれ高純度かつ高い回収率で高効率に分離する技術を提供する。
【解決手段】本発明のクロマト分離方法は、吸着剤が充填された複数の単位充填層が直列かつ無端状に連結された循環系に対し、溶離液および2以上の成分を含んだ原液を供給し、擬似移動層方式により、前記原液から2以上の画分を分離する。本発明のクロマト分離方法では、前記原液としてグルコースとガラクトースとを含んだものを用い、前記吸着剤としてストロンチウム型の強酸性陽イオン交換樹脂を用いる。 (もっと読む)


1 - 10 / 211