国際特許分類[G01N30/52]の内容

国際特許分類[G01N30/52]の下位に属する分類

温度 (133)

国際特許分類[G01N30/52]に分類される特許

1 - 2 / 2


液状の移動溶媒を有するクロマトグラフィ分離カラムと;分離カラム内の温度を室温から250℃の間に制御する手段と;分離カラム内の環境圧力よりも高い圧力レベルを作成する手段と;サンプルの成分を挿入するよう構成されたサンプルボリュームを有する検出器とを含む、サンプルの成分の材料特性および/または材料濃度を決定するアセンブリは、移動溶媒が大部分水を含むことと;分離カラム内の高圧レベルから環境圧力へ移動溶媒を膨張させ、液相状態から気相状態への移動溶媒の相変化を引き起こす手段が提供されることと;サンプルの成分を含む気体状の移動溶媒を検出器のサンプルボリュームへ運ぶ手段が提供されることと、を特徴とする。
(もっと読む)


開示されるのは、中に吸着剤を配置した容器を備えること、容器は入口および容器を通してキャリアガスを伝達するための入口および出口を備えること、出口のところの知られている流量に対する入口と出口との間の差圧を決定すること、および知られている流量および差圧に基づいて容器の幾何学的尺度を決定することを含むシステムおよび方法である。いくつかの実施形態では、これらの方法およびシステムは、比に分けた粘度、出力のところのガス圧力と周囲圧力との比に基づく係数を使用して周囲圧力での流量を決定すること、および/または出力のところの温度と周囲温度との比に基づく係数を使用して周囲温度での流量を決定することを含むことができる。
(もっと読む)


1 - 2 / 2