国際特許分類[G01N33/28]の内容

国際特許分類[G01N33/28]の下位に属する分類

国際特許分類[G01N33/28]に分類される特許

1 - 10 / 49


【課題】油種やその濃度にかかわらず、油で汚染された土壌に対する浄化処理の必要性および浄化目標値の判定を正確に行うことができる新規な判定方法の提供。
【解決手段】油で汚染された土壌の油分濃度を分析する工程(ステップS10)と、複数の模擬汚染土壌を調製する工程(ステップS20)と、調製した模擬汚染土壌を用いて植物を育成する工程(ステップS30)と、生育した各植物の葉のクロロフィル濃度を測定する工程(ステップS40)と、各植物のクロロフィル濃度と各模擬汚染土壌の油分濃度との関係に基づいて汚染土壌の浄化処理の必要性および浄化目標値を判定する工程(ステップS50)とを含む。 (もっと読む)


【課題】油入静止誘導電器において、巻線下部の冷却液循環経路の絶縁物表面における静電気帯電を抑制すること。また、経年劣化による流動帯電の増大を抑制すること。
【解決手段】静止誘導電器本体内の絶縁冷却媒体中に、鉄心と、前記鉄心に装着された絶縁紙が巻回された電線からなるコイルと、コイル絶縁用絶縁体及び前記絶縁冷却媒体の冷却通路を構成する絶縁体を浸漬してなる静止誘導電器において、前記絶縁冷却媒体中のLiイオン、Naイオン、Kイオン、Caイオン、Mgイオン、Feイオンの1種以上を吸着、捕捉するための吸着剤を設置する。 (もっと読む)


【課題】油中に存在する溶存水素を簡便に短時間で精度よく検知でき、油を持ち運ぶこと無く、その場で溶存水素ガス濃度測定ができる水素検知センサを提供する。
【解決手段】油中で用いられる水素検知センサであって、水素検知部は、固体電解質2を挟んで一対の電極5が形成され、該水素検知部は耐油性及び耐薬品性を有する絶縁保護膜3によって被覆されている。 (もっと読む)


【課題】油入電気機器内の絶縁油に浸漬されたコイルの絶縁紙等の表面における硫化銅の生成量をより正確に予測し、油入電気機器の異常発生の危険度を的確に診断できる方法を提供すること。
【解決手段】油入電気機器の異常発生の危険度を評価する油入電気機器の診断方法であって、
前記油入電気機器内の絶縁油を分析する第1ステップと、前記第1ステップで得られた分析結果に基いて、前記油入電気機器内における異常発生の危険度を評価する第2ステップとを含み、前記第1ステップにおいて、絶縁油中のパラフィン炭素濃度と、ジベンジルジスルフィドおよび/またはジベンジルジスルフィドから生成するラジカルの反応生成物の濃度とを測定することを特徴とする、油入電気機器の診断方法。 (もっと読む)


【課題】電力ケーブル接続部の劣化状況をより的確に判定可能な診断技術を提供することを目的とする。
【解決手段】架橋ポリエチレン絶縁ケーブルにおける接続部の経時使用により劣化したシリコーンオイルを採取し、採取したシリコーンオイルを赤外分光分析法により分析し、得られたシリコーンオイルのスペクトルにおいて、シリコーンオイルの劣化により生じる構造に由来する劣化物特有吸収ピークPkの高さに基づいて接続部における放電エネルギーの大きさを推定することにより、接続部の劣化状況を判定する。特に、シリコーンオイルの構造のうち接続部の経時使用によっても変化しない構造に由来するベース吸収ピークPbの高さHPbに対する劣化物特有吸収ピークPkの高さHPkの比率(HPk/HPb)に基づいて判定を行う。 (もっと読む)


【課題】少量かつ軽度の油膜であっても、油膜の有無を簡便かつ正確に目視で判定することができる油膜試験紙の提供。
【解決手段】(1)支持体の一端から一定の範囲に、水に入れると水分を吸収して沈殿する粒子(担体)と油溶性の着色剤粒子とからなる複合粒子を有し、前記範囲に続いて、一定の長さの疎水性かつ親油性の素材からなるシート状物を有し、該シート状物の端から支持体の他端までの範囲を、油膜試験紙を持って水に漬ける際の把持部とした油膜試験紙。
(2)前記担体が、高吸水性樹脂からなる(1)記載の油膜試験紙。 (もっと読む)


【課題】土壌中に含有する機械油等の油分を簡便で環境汚染に影響を及ぼすことがない手法で分析する。
【解決手段】土壌試料をエタノール等の水に溶解する低級アルコールと混合して土壌に含有する油分を低級アルコールに溶解させ、これをろ過したろ液に、アルカリ金属またはアルカリ土類金属の炭酸水素塩と水と酸性助材とを添加することで低級アルコール−水の混和液から二酸化炭素ガスを化学的に発生させて前記混和液全体に亘る化学的、物理的な撹拌を行うことで溶液中での油分粒子の均一な分離を促進し、これによって析出した油分粒子の散乱状態を透光光度計を用いて測定し、油分の分析する。 (もっと読む)


【課題】ニューラルネットワーク部41のモデル化に用いたデータの範囲外のデータが入力された場合でも、ニューラルネットワーク部41の出力因子に基づく推定値、例えば油入変圧器の余寿命推定値の精度の信頼度を直ちに算出できる信頼度評価装置10等を提供する。
【解決手段】絶縁油の分析結果に加えて、運転履歴、保守履歴、設計諸元を用いるニューラルネットワーク部41を利用して平均重合度を推定する際、統計量算出部25はローディング行列Pと学習情報DB30に記録された測定値とに基づき主成分得点からなるスコア行列tを求め、求められたスコア行列t等からHotellingのT統計量を算出し、上記測定値からQ統計量を求める。推定信頼度算出部26はHotellingのT統計量及びQ統計量だけを用いた所定の関数により、推定値算出部24により算出された油入変圧器の余寿命の信頼度を評価する推定信頼度ERを算出する。 (もっと読む)


【課題】簡便かつ精度の良い油成分の定量分析方法を提供すること。
【解決手段】
水性洗浄液の油成分に含まれるカルボン酸誘導体を遊離のカルボン酸とし、続けて、遊離のカルボン酸をアルコールと反応させて、エステルを生成させる。エステル化後の油成分を水に不溶な有機溶媒で抽出した後、有機溶媒で抽出されたカルボン酸エステルなどの油成分の質量を測定する。従って、水性加工液又はその洗浄液の油成分を分析する際に、カルボン酸の析出などを防止できるので、分析操作の迅速化が図れ、簡便かつ精度良く定量分析できる。 (もっと読む)


【課題】油入電気機器の寿命の主要因を適切に判断するための技術を提供する。
【解決手段】絶縁油に含まれる原因物質の残存濃度の初期濃度が基準値と比較される。原因物質は、油入電気機器の巻線を構成する導体との反応によって導電性化合物を生成する。基準値は、油入電気機器の寿命の主要因が導電性化合物の生成および絶縁紙の劣化のいずれであるかを判別するための値として定められる。原因物質の初期濃度と基準値との比較結果に基づいて、油入電気機器の寿命が診断される。 (もっと読む)


1 - 10 / 49