説明

国際特許分類[G01S19/42]の内容

国際特許分類[G01S19/42]の下位に属する分類

国際特許分類[G01S19/42]に分類される特許

1 - 10 / 35



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 278






【課題】衛星測位を使用して2つのポジションフィックスを計算する。
【解決手段】RFフロントエンドを使用して、衛星測位信号を受信するステップと、アナログ・デジタル変換器を使用して、受信信号をサンプリングして信号サンプルを発生させるステップと、第1のポジションフィックスを計算するために、プロセッサを使用して、サンプルの第1の組が発生されるときにサンプルの第1の組を処理するステップと、計算と関連付けられる情報をメモリに記憶するステップと、第2のポジションフィックスを計算するためのその後の処理のために、サンプルの第2の組、または、サンプルの第2の組から得られる距離測定値をメモリに記憶するステップと、その後、第2のポジションフィックスを計算するためにサンプルの第2の組を処理し、第2のポジションフィックスの計算が第1のポジションフィックスの計算と関連付けられる情報によって支援されるステップとを備える。 (もっと読む)


【課題】衛星信号サンプルからポジションフィックスを計算する。
【解決手段】サンプルの第1の組から第1のポジションフィックスを計算する。第1のポジションフィックスの計算中に生成される第1の基準情報をメモリに記憶する。サンプルの第2の組から第2のポジションフィックスを計算する。第2のポジションフィックスの計算中に生成される第2の基準情報をメモリに記憶する。第3の時間に受信器により発生される衛星信号サンプルの組、または、そのような衛星信号サンプルの組から得られる距離測定値を受信し、第3のポジションフィックスを計算するためにサンプルの組または距離測定値を処理する。処理は、第1および第2のポジションフィックスの計算中に生成される基準情報によって支援される。 (もっと読む)


【課題】 2つ以上のGPSセンサを用いて、位置測位精度を向上することができる位置測位システムを提供することを目的とする。
【解決手段】GPS衛星からのGPS衛星信号を受信する複数のアンテナと、複数のアンテナのうち対応するアンテナからのGPS衛星信号を受信し、位置情報及びDOP値を出力する複数のGPS衛星信号処理部と、複数のGPS衛星信号処理部のうち、最も小さいDOP値を出力するGPS衛星信号処理部から出力された位置情報を出力する位置情報出力部と、を備えたことを特徴とする位置測位システムである。 (もっと読む)



1 - 10 / 35