説明

国際特許分類[G01S5/14]の内容

国際特許分類[G01S5/14]に分類される特許

1,011 - 1,020 / 1,802


【課題】予め目標対象物が撮像される領域の標高データを含む地図データを必要とせず、目標対象物の3次元位置情報を容易に算出できる目標対象物の位置検出装置を提供する。
【解決手段】飛翔体10に搭載され、位置検出する対象目標物3を撮像するための撮像装置11と、飛翔体10に搭載され、撮像装置11が常に鉛直下方の地表面2を撮像すると共に、撮像される画像の向きが常に一定となるように、撮像装置11の姿勢を制御する撮像装置姿勢制御機構12と、飛翔体10に搭載され、撮像装置11の撮像に同期して撮像装置11の位置情報を出力するGPS13とを備え、撮像装置11によって撮像される目標対象物を含む複数の撮像画像と、GPS13から出力される撮像装置11の位置情報に基づいて、目標対象物の緯度、経度および高さの3次元位置情報を算出する。 (もっと読む)


【課題】構造が簡単で、装置の製造コストを低く抑えることができ、計測誤差を最小限に留めることのできる車載用走行距離計測装置を提供する。
【解決手段】GPS衛星からの電波を受信し、車両の瞬間速度を算出するGPS受信部2と、GPS受信部で算出した車両の瞬間速度を所定の時間間隔毎に記録する記録部4と、記録部が記録した瞬間速度と所定の時間とに基づいて、車両の走行距離を算出する距離演算部(制御部3)とを備える車載用走行距離計測装置1。GPS衛星からの電波を利用して算出した車両の瞬間速度を用い、GPS衛星から電波が得られる時間間隔との積によって車両の走行距離を算出する。この装置1の機能を利用し、車両の平均燃費と、燃料タンクの容量を含む車両情報を入力部5から入力し、制御部によって走行可能距離を算出し、所定の値以下になると警報部6から警報を発することもできる。 (もっと読む)


【課題】全地球的航法衛星システム
【解決手段】
第1及び第2の航法衛星システム(NSS)の各々は、第1及び第2の仕様にそれぞれ従って動作するように適合化され、各々は、第1及び第2の複数の宇宙ビークル(SV)をそれぞれ含む。前記第1及び第2の複数のSVの各々は、第1及び第2の複数の一意の対応する識別(ID)によってそれぞれ識別されるように適合化される。プロセッサは、前記第1の複数の一意の対応するIDに応じて前記第1の複数のSVから送信された第1の複数の対応する信号を受信及び識別するように適合化される。前記プロセッサは、前記第2の複数の一意の対応するIDに応じて前記第2の複数のSVから送信された第2の複数の対応する信号を受信及び識別するように適合化される。前記プロセッサは、前記第1の複数の対応する信号及び前記第2の複数の対応する信号を受信及び識別することに応じて位置特定情報を決定するように適合化される。 (もっと読む)


【課題】GPSのL5信号等のように、同一周波数で位相が互いに直交した2つの搬送波のうちの、一方の搬送波にデータ変調され且つ第1コードでスペクトラム拡散された第1受信信号と、他方の搬送波にデータ変調することなく第2コードでスペクトラム拡散された第2受信信号とを含む受信信号を受信するものにおいても、回路規模を増やすことなく、復調処理を行うこと。
【解決手段】受信信号の捕捉時、追尾時で相関処理を行うコード及びキャリアの信号を切り替える。 (もっと読む)


【課題】例えば、高感度測位のための演算における処理効率を向上させることを目的とする。
【解決手段】積分処理部118は、符号系列の組み合わせを用いて変調した拡散コードを所定の時間単位で順次遅延させた遅延信号を生成し、遅延信号とGPS信号との相関を積分時間tとする積分演算により算出する。相関値レベル判定部112は積分時間t=x(0<x)として積分処理部118に相関Xを算出させ、相関Xの最大値が所定の値未満であるかを判定する。相関Xの最大値が所定の値未満の場合、積分時間設定部113は相関Xの最大値と所定の値との差に基づきyを設定し、遅延時間推定部111は積分時間t=y(x<y)として積分処理部118に相関Yを算出させ、相関Yが最大値となる遅延時間を出力する。一方、相関Xの最大値が所定の値以上の場合、遅延時間推定部111は相関Xが最大値となる遅延時間を出力する。 (もっと読む)



【課題】静止時における出力位置の精度を向上させることができる測位装置等を提供すること。
【解決手段】測位衛星12a等からの信号である衛星信号に基づいて、測位を行う測位装置20であって、前回測位時と現在測位時との間における測位装置20の移動量を特定する移動量特定手段と、移動量が予め規定した許容移動範囲内か否かを判断する移動量評価手段と、衛星信号に基づいて、測位装置20の測位位置を算出する測位位置算出手段と、 移動量評価手段が、移動量が予め規定した許容移動範囲内であると判断した場合に、前回測位時の測位位置P0と現在の測位位置P1とを平均化処理して平均位置Q1を算出する平均位置算出手段と、平均位置Q1を出力する位置出力手段と、を有する。 (もっと読む)


本発明は、携帯電子機器の状態を追跡する方法と、前記方法を実行するように構成される処理装置を備える携帯電子機器とに関する。携帯電子機器の状態を追跡する方法であって、(i)前記携帯電子機器の前記状態を、複数のセルを含む格子を用いて表すことであって、前記セルの各々は、1つ以上の状態変数により規定される状態空間における領域を表すと共に、前記携帯電子機器の前記状態が状態空間におけるその領域内にある確率値を有し、前記格子は、既定の閾値を超える確率値を有するセルのみを含むように境界付けられることと、(ii)1つ以上の状態変数の値を示す測定信号を入手することと、(iii)前記格子の前記確率値を更新し、前記格子を再び境界付けることとを、反復的に実行することを含む方法が提供される。 (もっと読む)



ピアツーピア通信を用いた位置決定のために、標的端末(120a)は、その位置を決定する際の補助を求めるリクエストをブロードキャストする(1)。少なくとも一つの測距端末(120b、120c、120n)が該リクエストを受信する。各測距端末(120b、120c、120n)は、該リクエストについての到達時間(TOA)の測定値および前記測距端末の位置と共に応答を送る(3)。二方向ピアツーピアについては、標的端末が、少なくとも一つの測距端末から少なくとも一つの応答を受信し、各応答についてのTOA測定値を入手し、前記リクエストについてのTOA測定値および前記応答についてのTOA測定値に基づいて各測距端末までの距離を推定し、前記推定された距離および各測距端末についての位置に基づいてそれ自身の位置推定値を計算する(4)。一方向ピアツーピアについては、ネットワークエンティティーが前記少なくとも一つの測距端末から少なくとも一つの応答を受信し、標的端末についての位置推定値を計算し、該位置推定値を前記標的端末へと送る。 (もっと読む)


1,011 - 1,020 / 1,802