説明

国際特許分類[G01W1/02]の内容

物理学 (1,541,580) | 測定;試験 (294,940) | 気象学 (885) | 気象学 (885) | 2以上の変量,例.湿度,気圧,温度,雲量,風速,の測定による天気状況を指示する計器 (112)

国際特許分類[G01W1/02]の下位に属する分類

測定された変量を別々に指示するもの
天気状況を総合して指示するもの (11)

国際特許分類[G01W1/02]に分類される特許

1 - 10 / 101


【課題】車両等の移動体へ配信すべき雨天警戒情報の検出精度の向上。
【解決手段】天候情報処理システムは、複数の情報処理装置と天候情報処理サーバを含む。各情報処理装置は、カメラ、位置検出部、風景画像に対して画像認識処理を行うことにより雲画像存在領域を検出する雲画像検出部、移動体の位置を基準として実際の雲が存在すると推測される領域を特定する雲領域直線を算出する雲領域直線算出部、雲領域直線と移動体の位置の各データを送信する天候情報送信部を含む。天候情報処理サーバは、各情報処理装置から送信される雲領域直線及び移動体の位置の各データを受信するサーバ側通信部、各データに基づいて、実際の雲が存在すると推測される領域の座標である雲領域座標を算出する雲領域座標算出部、雲領域座標を含んだ雨天警戒情報のデータを生成して各情報処理装置の各々へ送信する雨天警戒情報配信部を含む。 (もっと読む)


【課題】太陽電池パネルの設置時に利用するための歪センサを装着するにあたり、太陽電池パネルの歪みの検出を利用して、気象や地震などの環境情報をリアルタイムで取得する用途として利用し、設置した歪みセンサを設置後も有効に活用する。
【解決手段】雨による太陽電池パネルへの力学的負荷を検出する。また積雪量を、太陽電池パネルにかかった荷重として検出する。さらに地震による家屋にかかるストレスを、太陽電池パネルに内蔵されている歪センサを用いて検出する。そして以上に示した環境情報を家庭内のモニタでの表示や、総合管理サーバを通じて広域環境情報としての公開を行う。 (もっと読む)


【課題】観測に関する測定や撮影などの各種機能を簡単かつ確実に構成することができ、ひいてはメンテナンスや製造を容易に行うことが可能な観測装置を提供する。
【解決手段】観測装置10は、所定の測定項目を測定する測定部、所定の撮影を行う撮影部、外部機器と通信する通信部、電気を供給する電源および電気を蓄電する蓄電部などといった測定や撮影などの機能を実行する機器を内蔵する複数のユニット110、120、130、140とを備えており、各ユニット110、120、130、140が隣り合うもの同士で互いに脱着可能な状態で段階的に連結されることを特徴とする。これによれば、測定や撮影などの機能を実行する機器を内蔵したユニットを脱着可能な状態で段階的に連結することにより、観測に関する測定や撮影などの各種機能を簡単かつ確実に構成することができる。 (もっと読む)


【課題】即時性を高めることの可能な情報提供システムを提供すること。
【解決手段】情報提供システムは、少なくとも雨に関する自然現象データを提供する防災データ提供システムに接続される親局と、地域内の複数のエリアごとに配置され親局と通信チャネルを介して通信する複数の子局とを具備する。親局は表示部、取得部、雨量予測部、水位予測部、データベース、判定部、特定部、表示制御部を備える。取得部は防災データ提供システムから自然現象データを取得する。雨量予測部は取得した自然現象データに基づいて地域内における雨量分布を予測する。水位予測部は取得した自然現象データに基づいて地域内における河川の水位分布を予測する。判定部は災害危険度の高いエリアを既定の基準のもとで判定する。特定部は判定されたエリアに対応する子局を特定する。表示制御部は特定された子局を示すアイコンを特定された子局以外の子局とは区別して表示器に表示する。 (もっと読む)


【課題】FMSが受信可能な限られた数の点の気象データから、航空機の軌道付近の気象プロファイルを詳細に表示することによって、FMSの飛行予測を向上させる。
【解決手段】地上システムにおいて航空機軌道を受信し、気象データベースから軌道に沿った温度データおよび風データの両方を含む軌道サブセットを形成、これから、航空機軌道に沿った気象データ点(202)を形成し、これから気象予測データ点のサブセット、具体的には温度データ点の一意サブセット(206)を形成し、対応する気象データ点をFMSに送信する。 (もっと読む)


【課題】環境状態を測定できる、安価な装置を実現する。
【解決手段】上記の如き課題を解決するため、太陽電池からなる発電部と、蓄電部と、計測部と、センサー部と、制御部と、通信部とからなる環境測定装置であって、前記発電部が、集光部と、前記集光部の下部に配置された太陽電池と、前記太陽電池の下部に配置された基板部とからなり、前記集光部と前記太陽電池と前記基板間を樹脂封止した環境測定装置を用いる。また、前記太陽電池が、球状太陽電池である環境測定装置を用いる。 (もっと読む)


【課題】適切に空気の状態を提示することができる制御装置を提供する。
【解決手段】処理装置は、空気の状態を検出するためのセンサを含んだ検出装置からの検出結果の入力を受け付けるための測定値入力部311と、検出装置の設置された位置を特定する情報を含む環境属性の入力を受け付けるための属性入力部312と、表示画面を表示部350に表示させるための表示処理部315とを含み、表示処理部315は、検出結果を検出装置の位置に応じて表示する表示画面用の表示データを生成して表示部350に送信する。 (もっと読む)


【課題】気圧の転向等、天候の変化等を予測する上で注意すべき気圧変動が起きた場合に、ユーザにとって分かりやすい情報を提供することのできる気圧報知制御装置および気圧報知制御方法を提供する。
【解決手段】気圧転向判定部11は、気圧センサ41により2時間毎に測定された複数の気圧値のうち、現在測定された測定気圧値を含む少なくとも3つの時点の測定気圧値に基づいて、気圧の転向があったか否かを判定し(S24,S25;S27,S28)、気圧の転向があったことが判定された際に、この気圧転向状況を示す転向マークを表示部5に表示し(S26,S29)、ユーザに高気圧等又は低気圧等の通過があったことを報知する。 (もっと読む)


【課題】鉄道車両を転覆脱線させるような突風を予測し、鉄道車両の脱線転覆事故を防止する運転制御装置を提供する。
【解決手段】鉄道車両に搭載された大気圧計2と、前記鉄道車両の位置を示す線路キロ程を検知する位置検知装置3と、線路キロ程ごとの線路構造物形状を記憶した線路構造物検知手段4とを備え、前記大気圧計2が測定した大気圧が所与の条件で変化し、かつ、前記位置検知装置3が検知した線路キロ程に基づいて線路構造物検知手段4の検知した前記線路構造物形状が突風の生じたとき前記鉄道車両が転覆脱線する危険が高いものである場合に、前記鉄道車両のブレーキを動作させ前記鉄道車両の速度を所与の速度以下にする鉄道の運転制御装置。 (もっと読む)


【課題】通信資源を効率的に使用すること。
【解決手段】情報収集装置101は、移動体103に搭載された移動通信装置102からプローブ情報120を受信する。プローブ情報120は、移動通信装置102の位置情報と移動通信装置102の周囲の環境を特徴付ける環境情報とを含む情報である。情報収集装置101は、受信したプローブ情報120に含まれる移動通信装置102の位置情報に基づいて、移動通信装置102が特定のエリアA内に存在するか否かを判定する。情報収集装置101は、移動通信装置102が特定のエリアA内に存在する場合、移動通信装置102の周囲の環境を特徴付ける環境情報の送信を停止する停止要求130を移動通信装置102に送信する。 (もっと読む)


1 - 10 / 101