説明

国際特許分類[G02B6/38]の内容

物理学 (1,541,580) | 光学 (228,178) | 光学要素,光学系,または光学装置 (130,785) | ライトガイド;ライトガイドおよびその他の光素子,例.カップリング,からなる装置の構造的細部 (20,148) | ライトガイドのための結合 (7,398) | 機械的結合手段 (1,823) | ファイバとファイバを突き合わせる手段を有するもの (847)

国際特許分類[G02B6/38]に分類される特許

1 - 10 / 847



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285

【課題】 光ファイバ保持用部品の長期信頼性を向上させる。
【解決手段】 フェルール1と、フェルール1に挿入された第1部位21および第1部位21よりも先端側に位置する第2部位22を有する光ファイバ2と、光ファイバ2の第2部位22を覆うように設けられた被覆部材3と、フェルール1を保持する第1領域51、第1領域51よりも先端側に位置して被覆部材3を囲んでおり、接合部材4を介して被覆部材3に接合された第2領域52および第2領域52よりも先端側に位置して被覆部材3を囲んでおり、第2領域52の内径よりも小さい内径を有する第3領域53を有する筒状のホルダ5とを備えている光ファイバ保持用部品10である。これにより、光ファイバ2にかかる曲げ応力を低減できるので、光ファイバ保持用部品10の長期信頼性を向上させることができる。 (もっと読む)


【課題】光コネクタ用アダプタにおいて、部品点数を半減することで在庫管理を容易にし、また、組立て工数を低減する。
【解決手段】アダプタのハウジングは、挿抜方向に沿って2分割にされた分割体と、該分割体にそれぞれ一体にして前記挿抜方向に沿って背向させて設けられるとともに接続用の係合片を有するスリーブホルダと、前記両スリーブホルダに装着される割りスリーブと、前記分割体の一方の開口部に装着され防塵遮光機能を発揮する金属製バネ薄板で一体に形成されたシャッターとからなり、前記シャッターは、全体が略くの字に形成され、遮光部の側面の一部が内側に折り曲げられた補強部で補強され、略くの字に形成する屈曲部が設けられ、基部に対して遮光部が前記屈曲部の付勢力によって開口部の閉蓋方向に付勢され当該遮光部の先端部が一方の開口部の内壁に当接して遮光するように形成され、遮光部の先端部は、内側に屈曲されている。 (もっと読む)


【課題】光ファイバコネクタに強い引張力が作用する環境に使用される場合に、光ファイバコネクタのロック機構を有するアダプタに対して後付けが可能な、光ファイバコネクタをロックするロック部を有するアダプタカバー、アダプタ組立体、及び光ファイバコネクタ組立体を提供する。
【解決手段】アダプタカバー10は、光ファイバコネクタ40のロック機構25を有するアダプタ20に取り付けられる。アダプタカバー10は、アダプタ20に対して固着される固着部11と、アダプタ20に嵌合されてロック機構25によりロックされた光ファイバコネクタ40をロックするロック部14とを具備する。アダプタ組立体30は、アダプタカバー10と、アダプタカバーが取り付けられたアダプタ20とを具備する。光ファイバコネクタ組立体50は、アダプタ組立体30と、光ファイバコネクタ40とを具備する。 (もっと読む)


【課題】加入者がプッシュオン・プルオフ用のスライダ6aを有する加入者側光コネクタ6を正常に接続できたか否かを簡単に確認できる光コンセントを提供する。
【解決手段】
加入者側光コネクタ6のケース1外へ突出する部分に装着される位置確認部材11を設ける。位置確認部材11は、ケースカバー1Bへの取り付け部14と、スライダ6aの後端面を抱え込む抱え込み部15とを有する。ケースカバー1Bは、位置確認部材11の取り付け部14が取り付けられる被取り付け部12を有する。位置確認部材11の取り付け部14と抱え込み部15間の寸法は、加入者側光コネクタ6が適正位置まで挿入されたときは抱え込み部15がスライダ6aの後端面を抱え込めるが、適正位置まで挿入されないときは抱え込み部15がスライダ6aに突き当たってスライダ6aの後端面を抱え込めないように設定される。 (もっと読む)


【課題】高温時においても屈折率整合剤が光ファイバの端面に密着して接続特性が劣化しない、屈折率整合剤を用いた光ファイバの突合せ接続方法を提供すること。
【解決手段】接続しようとする空孔構造光ファイバ10A,10Bを、その端面間に当該光ファイバ10A,10B同士の押圧により変形するゼリー状の屈折率整合剤20を介在させた状態で突き合わせ、前記光ファイバ10A,10Bの一端同士間の押圧により変形した屈折率整合剤20が空孔構造光ファイバ10A,10Bの空孔13の内部に20μm以上150μm以下の長さに亘って浸入した状態で保持・固定することで、高温時においても屈折率整合剤20が光ファイバ10A,10Bの端面に密着し、接続特性が劣化しないようにする。 (もっと読む)


【課題】光コネクタプラグから一度引き抜いた光ファイバを、再度、前記光コネクタプラグに不正に挿着できてしまうことを防止する。
【解決手段】光コネクタプラグの挿抜方向に沿って筒状プラグ本体の中心部に光ファイバ用の接続用貫通孔が設けられてなる光コネクタプラグにおいて、前記貫通孔に貫通するように前記挿抜方向に直交する半径方向へ前記プラグ本体3に設けられた収納孔3aと、前記収納孔に装着具を介して装着されるものであって、前記貫通孔に挿入された光ファイバ4によって前記貫通孔3bへの阻止部材(板バネ2a、屈曲部2e)の拡開が阻まれるとともに、前記貫通孔に光ファイバ4が挿入されていない時には前記貫通孔3bへ阻止部材(板バネ2a、屈曲部2e)が拡開して閉塞し光ファイバ4の挿着を阻止する遮蔽部材2とを有してなる光コネクタプラグ1とする。 (もっと読む)


【課題】防塵性能に優れ、かつ構造が簡単である光コネクタレセプタクルの提供。
【解決手段】光コネクタ挿入穴11aを有するコネクタ嵌合ハウジング20と、内蔵フェルール57を収納して前側ハウジング30とその後側のストップリング56とを嵌合して形成される結合ユニット部50とを有する光コネクタレセプタクル10。前側ハウジング30は、位置決めスリーブ52が貫通するベース部31と、ストップリング56と嵌合するスリーブ状のプラグフレーム部35とを有する。位置決めスリーブ52は、挿入光コネクタのフェルールを位置決めして内蔵フェルール57に突き合わせ可能である。コネクタ嵌合ハウジング20は、光コネクタ挿入穴11aが開口するハウジング本体21と、ハウジング本体21に回動可能に連結され、その回動により光コネクタ挿入穴11aを閉止可能とされた蓋部を備える。 (もっと読む)


1 - 10 / 847