国際特許分類[G02F1/13363]の内容

国際特許分類[G02F1/13363]に分類される特許

1 - 10 / 4,176



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 273


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 273


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 273


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 273

【課題】高温・高湿条件下でも高耐久性を維持できるとともに、吸収軸が流れ方向に対して斜め配向していることにより、位相差補償フィルムとロールtoロールで積層して楕円偏光板を製造することができる、斜め配向偏光膜フィルムを提供することを目的とする。
【解決手段】平均太さ10〜300nmであり平均長さ0.4μm以上である誘電体からなるナノワイヤの表面に、厚さ1〜15nmの金属メッキ層を形成することにより得られる金属メッキナノワイヤである偏光性材料を含有する偏光膜フィルムであって、
前記偏光性材料が前記偏光膜フィルムの流れ方向に対して5〜80°の範囲内で略同一方向に配向していることにより、前記偏光膜フィルムの吸収軸の方向が前記流れ方向に対して5〜80°の範囲内で略同一方向に斜め配向している斜め配向偏光膜フィルム。 (もっと読む)


【課題】パッシブ方式による3次元画像表示に関して、画質劣化を有効に回避することができるパターン位相差フィルム、このパターン位相差フィルムを使用した画像表示装置、このパターン位相差フィルムの製造用金型及びこのパターン位相差フィルムの製造方法を提供する。
【解決手段】パターン位相差フィルム1における右目用の領域A及び左目用の領域との間の緩衝領域Cの幅のばらつきを低減する。またこのため全面に1方向の凹凸形状を作製した母材をレジスト膜によりマスクして他方向の凹凸形状を作製した後、レジスト膜を除去することにより、右目用及び左目用の領域に係る凹凸形状をパターン位相差フィルムの製造用金型に作製する際に、レジスト膜の膜厚を制御する。 (もっと読む)


【課題】 重合性液晶組成物を構成した場合に高い保存安定性、高いコレステリック配向性及び短いピッチを示す重合性化合物及び当該重合性化合物を含有する重合性液晶組成物を提供する。更に、当該重合性液晶組成物を重合させることで得られる重合体及び当該重合体を用いた光学異方体を提供する。
【解決手段】 一般式(I)
【化1】


で表される重合性化合物を提供する。更に、当該重合性液晶化合物を含有する重合性液晶組成物、並びに当該重合性液晶組成物を重合させることで得られる重合体及び当該重合体を用いた光学異方体を提供する。 (もっと読む)


【課題】パッシブ方式による3次元画像表示に関して、高い精度により効率良くパターン位相差フィルムを量産することができるようにする。
【解決手段】ロール版20により配向膜に係る凹凸形状を作製するようにして、ロール版20の母材40を回転させながら、斜めに傾けたラビングロール52を回転させながら母材40に押し付けて移動させることによりロール版20の全周をラビング処理する。 (もっと読む)


【課題】ロール状に巻いても巻き癖が発生しない偏光板を提供する。また、当該偏光板が具備された表示装置提供する。
【解決手段】特定要件を満たす面内位相差値Roを有する二枚の位相差フィルムが偏光子の両面に備えられた偏光板であって、当該位相差フィルムの一方を位相差フィルムA、他方を位相差フィルムBとし、かつ、それぞれの遅相軸方向の弾性率Sを、それぞれ、S(A)及びS(B)としたとき、特定要件を満たすように当該二枚の位相差フィルムが貼合されていることを特徴とする偏光板。 (もっと読む)


【課題】コントラストの変動が抑えられ表示品質を向上させることが可能な液晶装置、電子機器、及び位相差補償板を提供する。
【解決手段】液晶装置は、基板と、基板に対して屈折率異方性媒質を斜方蒸着して得られたカラムの集合体である負の二軸性の屈折率異方性を有する位相差補償層と、を含むOプレートと、を備え、Oプレートは、Oプレートの法線方向の正面位相差値が5nm以上15nm以上であり、且つ法線方向を基準としてカラムの成長方向に対し反対方向に30°傾斜した第1方向の位相差値をRe(30)とし、法線方向を基準としてカラムの成長方向に30°傾斜した第2方向の位相差値をRe(−30)とし、Re(−30)/Re(30)の比が3.5以上4.5以下である。 (もっと読む)


1 - 10 / 4,176