説明

国際特許分類[G06F19/00]の内容

物理学 (1,541,580) | 計算;計数 (381,677) | 電気的デジタルデータ処理 (228,215) | 特定の用途に特に適合したデジタル計算またはデータ処理の装置または方法[6,8,2011.01] (2,326)

国際特許分類[G06F19/00]の下位に属する分類

国際特許分類[G06F19/00]に分類される特許

1 - 10 / 2,236



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285

【課題】予測結果の精度の低下を抑制すること。
【解決手段】予測装置10は、第一の時間帯の実績値および第二の時間帯の実績値を含む複数の第一のデータのうち、第一の時間帯および第二の時間帯の実績値が類似するデータ同士を同一のグループに分類する。予測装置10は、グループの第一の時間帯における実績値に対応する値と、第二のデータに含まれる第一の時間帯の実績値との類似する度合いを算出する。予測装置10は、算出された度合いに基づいて、複数のグループを選択する。予測装置10は、選択されたグループごとに、グループに含まれる第二の時間帯における第一のデータの部分を合成する。 (もっと読む)


【課題】 ユーザのその時の興味及びトレンドに合ったアイテムを推薦する。
【解決手段】 本発明は、消費履歴と情報源から得られるコンテンツのタクソノミを入力として、該消費履歴の時間情報を時刻に変換して該消費履歴に付与し、時刻が付与された消費履歴を参照し、前記ユーザが消費したアイテム消費回数を一定時間間隔で区切ることによりベクトルで表し、該アイテムが属するクラス別にベクトルの和をとり、クラス別ユーザ別ベクトルを生成し、クラス別ユーザ別ベクトルから、現在時刻の直近の2つ時刻間におけるアイテムの消費回数のユーザ間の類似度を求め、時刻(t−1)と時刻tにおけるアイテムの消費パターンに基づいて、時刻間の消費の遷移確率を求め、遷移確率を時刻(t+1)に適用することにより推薦アイテムを決定する。 (もっと読む)


【課題】 判別手法の後に回帰手法を適用することで判別結果によっては回帰の推定値が算出できない場合が起こる問題を解決し、また、回帰手法を適用するサンプル群が少ない場合にも精度良く推定式を求めることを課題とする。
【解決手段】 判別の精度を評価する判別評価関数と、回帰の精度を評価する回帰評価関数とを合成して、合成評価関数を算出し、合成評価関数を最適化することで、回帰と判別を同時に満たす推定式を得る。 (もっと読む)


【課題】 その時のユーザの興味に沿って、かつ、トレンドにも沿ったアイテム(コンテンツ)をパーソナライズして推薦する。
【解決手段】 本発明は、時刻が付与された消費履歴からユーザのコンンテンツの消費回数を、一定時間間隔で区切りベクトルで表現し、コンテンツのクラス別にベクトルの和を求めクラス別ユーザ別のベクトルを生成し、被推薦ユーザの直近のベクトルと他のユーザの時間長が同じ過去の一部のベクトルとを取得し、該推薦ユーザのベクトルのパターンと該他のユーザのベクトルのパターンの類似度を求め、ユーザの持つパターンの類似度と、該パターンに存在するコンテンツを用いて推薦するコンテンツを決定する。 (もっと読む)


【課題】フェデレートが模擬する模擬対象物とRTIに登録されるオブジェクトインスタンスの関係が1対複数の関係となるようなシステムにおいて、高速化を実現することのできる分散シミュレーションシステムを得る。
【解決手段】オブジェクトインスタンスの属性値をRTI3とのインタフェースであるUpdate Attribute Valuesを用いて更新を行うフェデレート(1)2aおよび2bは、Update Attribute Valuesの引数であるUser SuppliedTagにオブジェクトインスタンスと模擬対象物との対応をとるための識別子を格納する。 (もっと読む)


【課題】三次元仮想環境システムの使用者の香りに関する体感品質を良くし、三次元仮想環境システムの臨場感を高める。
【解決手段】ネットワークの各端末から他の端末に対して、各種の花やハサミというオブジェクトの種類と三次元座標、カーソルの三次元座標と三次元力覚入出力装置9を介してこれらのオブジェクトを掴んだり離したりする操作を示すオンオフ情報が送信される。各端末では他の端末からの前記情報が受信される。これらの情報に基づいて、各種の花とハサミの三次元座標や反力が更新され、各使用者の視点の三次元座標が香り空間の三次元座標内にあるか否かが判断される。 (もっと読む)


【課題】構造体の挙動を効率的に解析するための挙動解析システム、挙動解析方法及び挙動解析プログラムを提供する。
【解決手段】挙動解析装置20の制御部21は、縁付きブロック対角行列の縁部分を除いた各ブロック対角行列について、時間ステップのループの外側で、LU分解処理を実行して、下三角行列及び上三角行列を算出する。制御部21は、時間ステップのループ内において、接触がある場合には、接触条件を満足する縁部分に相当する行列の生成処理を実行する。制御部21は、生成した縁部分の行列のLU分解による要素l(i),u(i)を特定し、下三角行列及び上三角行列のそれぞれと合成して、処理対象の行列を生成する。制御部21は、処理対象の行列から、前進代入、後退代入を用いて速度修正量を算出し、変位{U}、速度{V}及び加速度{A}を更新することを繰り返して、この時間ステップの変位{U}、速度{V}及び加速度{A}を算出する。 (もっと読む)


1 - 10 / 2,236