説明

国際特許分類[G06F3/03]の内容

国際特許分類[G06F3/03]の下位に属する分類

国際特許分類[G06F3/03]に分類される特許

81 - 89 / 89










加わる力に比例してアナログ信号を発生する温度安定性があり、大量生産が可能なポインティングデバイス(10)はアーム(22)及び力伝達部材を有するアクチュエータ(20)と、コネクタ(44)と、センサ(50)とを備える。コネクタは力伝達部材のセンサとの接触状態を維持するとともに、外気温度の変化があってもセンサが検出してしまう応力を誘発することなく、外気温度の変化に応じて力伝達部材の寸法変化を許容する。好適な実施例においては、コネクタはエラストマー接着剤により構成し、センサは力感知レジスタによって構成する。力伝達部材は、シェルを構成するリテーナ(12)又は力伝達部材を保持するポッティングコンパウンドのいずれかによって組立体から抜け出るのを阻止するが、力伝達部材の温度膨張又は収縮を許容するものとする。力伝達部材は、丸みのある又は傾斜した底面(28)にし、加わった力の下でアクチュエータが揺動するようにする。力伝達部材の底面の力を伝達する領域はアクチュエータが揺動するにつれて変化し、力の変化に応答して位置が変化する単独の連続領域で力がセンサに伝達される。 (もっと読む)


81 - 89 / 89