説明

国際特許分類[G06K19/00]の内容

物理学 (1,541,580) | 計算;計数 (381,677) | データの認識;データの表示;記録担体;記録担体の取扱い (36,900) | 少なくともその一部にデジタルマークが記録されるように設計され,かつ機械で使用される記録担体 (17,671)

国際特許分類[G06K19/00]の下位に属する分類

国際特許分類[G06K19/00]に分類される特許

2,211 - 2,219 / 2,219


【目的】 利用者にとっても、またリーダライタにとってもカード種別の判定が容易に可能なカード種別判定構造を備えたプリペイドカードを提供する。
【構成】 プリペイドカード1の一方の短尺辺(図では1A)にスリットS1を、他の短尺辺(図では1B)にスリットS2を、短尺方向に所定の距離d1だけ隔てて設けて構成する。 (もっと読む)


【目的】 所有者に特定される画像情報を目視できない形態で記録し、カードの真偽が確認できるようにする。
【構成】 カード1上に、カード1所有者固有の画像情報を表示した目視表示部2aと、その画像情報に対応する画像情報を記録した光記録部2bとを備え、目視表示部2aに表示された画像と、光記録部2bに記録されている画像情報から再生した画像とを照合することによって、カードの真偽の確認する。 (もっと読む)


【目的】 本考案は、真偽の判定を簡単に行なえると共に、複製、あるいは偽造、変造されるのを確実に防止できることを最も主要な目的としている。
【構成】 本考案は、印字情報を印刷し、またそれを光学的に読み取るシステムに用いられるプリペイドカードにおいて、プリペイドカード本体の片面に、所定温度の熱で溶融される、一定幅で所定長さの導電性ストライプを設けたことを特徴としている。 (もっと読む)


【目的】 目視による判別が付かず、しかるべき手段を用いた場合にのみ判読可能で、しかも情報記録媒体の一つ一つに個別で、しかも書き換え可能で常に更新できる偽造防止のための「真偽判別情報」を保持した、高いセキュリィティーの情報記録媒体を得る。
【構成】 支持体上に、(1)電子受容性化合物及び、該電子受容性化合物との反応により近赤外部に吸収をもつ電子供与性染料前駆体を含有する可逆感熱発色層と(2)近赤外線領域では透明であって可視光領域では不透明である隠蔽層を順次積層してなる情報記録媒体において、該電子受容性化合物が、加熱後の冷却速度の違いにより該染料前駆体に可逆的な色調変化を生じせしめる化合物であることを特徴とする情報記録媒体。 (もっと読む)



【目的】 簡単な操作でカード搬送用駆動ローラのクリーニングが行える。
【構成】 カード搬送用駆動ローラ14と当接する部分にローラ幅より広く且つ適宜長さの窓12を設け、この窓12のカード裏面側1bに粘着性テープ13を貼り、カード表面側1aに粘着性テープの粘着面13bを露出させた。 (もっと読む)


【目的】 有効度数、有効期間が残り少なくなっても、その度数や期間を延長することによって一旦記憶した固有ナンバーの長期使用が可能になり、また新固有ナンバーの取得も可能な情報サービス度数延長システムを提供する。
【構成】 第一種通信事業者の通信回線における情報料回収代行サービスを介して情報サービス利用者から通信された情報サービスカードの固有ナンバーを受信する受信手段bと、情報料回収代行サービスの利用時間を計測する計測手段cと、計測された時間から延長度数、延長期間を積算する積算手段dと、積算手段dで求められた延長度数、延長期間を、受信手段bで受信した固有ナンバーに該当する記憶手段aで記憶された情報サービスカードの有効度数、有効期間に加え、新たな度数、期間を新たな有効度数、有効期間として記憶手段aに送り、有効度数、有効期間の記憶を置換する置換手段eとを具備した情報サービス度数延長システム。 (もっと読む)


【目的】 カードに限らず他の記録媒体にもカードデータを書き込んでおき、カードから読み取ったデータが正常でない場合にはこの記録媒体内のデータに基づいてカード上のデータを修復する。
【構成】 カード端末機12はプリペイドカードの磁気ストライプ部に記録されているカードデータとは異なる他の記録方式によってカード記録されているIRバーデータを読み取る。ホストコンピュータ13にはカード別にカードデータ(カードID、カード残金)とIRバーデータとを対応付けて記憶するカード使用履歴ファイル13−2が設けられている。カード処理実行時にカードデータが正常であれば、その処理結果がカードの他、カード使用履歴ファイル13−2に書き込まれるが、正常データでなければ、カード使用履歴ファイル13−2内のデータをカードに書き込み、カード上のデータを修復する。 (もっと読む)


【目的】 紫外線インクなどの肉眼で視認できない不可視インクでバーコードなどのマークを識別コードとする安価でる程度のセキュリティを有する識別カードとその識別カードを用いる入場管理システムを提供する。
【構成】 識別カードとしてのIDカード8は,紙の基材8a,紙の印刷層8bを有し,印刷層8bに透明バーコード82が印刷されている。この透明バーコード82が識別コードとして使用される。紙を基材としており,安価に製造でき,透明不可視マークを用いることがセキュリティを有する。IDカード8は識別コード登録装置1で発行され,透明バーコード82に対応するコードが登録コード記憶装置2に記憶される。第1の端末装置6A内のIDチケット操作装置30に挿入されたIDカード8はその中の透明バーコードリーダ61で読み取られ,そのコードが識別装置4において識別され,入場者管理に使用される。IDチケット8の使用後は識別コード抹消装置3で抹消される。統計処理装置5が入場者の統計処理を行う。 (もっと読む)


2,211 - 2,219 / 2,219