説明

国際特許分類[G06K19/06]の内容

物理学 (1,541,580) | 計算;計数 (381,677) | データの認識;データの表示;記録担体;記録担体の取扱い (36,900) | 少なくともその一部にデジタルマークが記録されるように設計され,かつ機械で使用される記録担体 (17,671) | デジタル記録マークの種類,例.形状,性質,コード,によって特徴づけられるもの (15,401)

国際特許分類[G06K19/06]の下位に属する分類

国際特許分類[G06K19/06]に分類される特許

41 - 50 / 1,325


【課題】バーコードが誤って読み込まれて、誤った処理がなされるのを防止する。
【解決手段】コード読取装置は、バーコードを所定の図形により複数の領域に分断された領域から、前記バーコードの一部を構成する部分バーコードを生成する部分バーコード生成手段と、複数の部分バーコードを合成して前記バーコードを生成する合成手段と、前記画像が所定の出力条件を満たすかを判別する条件判別手段と、判別の結果に基づいて、画像が所定の出力条件を満たす場合には、合成手段により合成されたバーコードに対応する情報コードを出力する出力制御手段と、を備える。 (もっと読む)


【課題】コピー機を利用した光学読取コードの複製を確実に防止する。
【解決手段】本発明の光学読取帳票10は、サーマル紙11の印字面に、サーマル層11bを赤外発色させた光学読取コード13と、この光学読取コード13を隠蔽するように赤外光非吸収インキを印刷した隠蔽層14とを備えて構成されている。 (もっと読む)


【課題】赤外線マーキングを隠すための改良された二元的色合わせフィードバック制御システムおよび方法を提供する。
【解決手段】2つ以上の色の混合を測定するインライン分光光度計センサと、2つの混合を調節して互いの色の見え方を一致させる色合わせフィードバック制御ユニットを含み、カスタマイズされる色は、より暗い色のより小さい全範囲から選択でき、2つの色の混合の間の黒色トナー(kトナー)の十分な差異を保持して、赤外線検出のために十分なコントラストを提供できる。最初の一致は、予測される色の混合と似ている色モデルを組み込むことにより提供され、その後、隠された記号を描画する前に、2つの色を描画して、よりよく一致するように2つの色を調節する。これは、隠された記号の着色剤と周囲の着色剤の間の色差を最小限に抑えて、隠された記号の存在が標準的な条件下で観察者に見つかりにくいように他のトナー量を調節すればよい。 (もっと読む)


【課題】コピー機を利用した2次元コードの複製を確実に防止する。
【解決手段】本発明による複製防止2次元コード1は、サーマル紙10のサーマル層12の上に、ファインダパターン2を赤外線吸収インキで印刷し、それ以外のタイミングパターン4とデータセル5をサーマルプリンタでサーマル層12に感熱印字したものである。 (もっと読む)


【課題】物理的特性の乱雑性に基づき個体識別可能なデバイスの分類管理をより容易に行うことができるデバイス製造方法およびデバイス管理方法を提供すること。
【解決手段】物理的特性の乱雑性に基づき個体識別可能なデバイス10を製造する際に、製造後のデバイス10の一部の物理的特性が、デバイス10個体の分類に基づいて定められた所定の物理的特性パタン101を表すよう、物理的特性制御部12を用いて製造時に制御する。このように製造されたデバイス10の物理的特性を表す情報を取得し、取得した情報に基づいて、デバイス10の一部の物理的特性が所定の物理的特性パタンのいずれに合致するかを判別し、判別した物理的特性パタンに基づいて、デバイス10個体の分類を判別する。 (もっと読む)


【課題】コピー機を利用した2次元コードが付された帳票の複製を防止するとともに、帳票からの2次元コードの読み取り性能を向上させた2次元コード付き帳票を提供する。
【解決手段】基材であるサーマル紙11の印字面の2次元コード印字欄12に印字する2次元コード13の上に、この2次元コード13を隠蔽する混色黒インキからなる隠蔽ベタ印刷層14を設け、更に、この隠蔽ベタ印刷層14の上に、2次元コード13の視覚的認識を困難にする混色黒インキからなる第1のカモフラージュ印刷層15、および透明マット系色材であるマットインキによる第2のカモフラージュ印刷層16を設ける。 (もっと読む)


【課題】高速で印字ができて、かつ、多様なデザインへの適応性とトレーサビリティに優れた信頼性を有するカード表示体及びその認識方法を提供することにある。
【解決手段】カードの少なくとも片面に、COレーザーを用いて深さ1〜4μm、直径1μmの微細な凹型ドット形状の集合体による潜像の印字パターンを形成したことを特徴とするカード表示体で、またさらには、前記カード表示体に、波長660nmの赤色LED光源を平行光源として照射する照明手段と、照射した光の反射光をCCDカメラで読み取る手段と、読み取ったデータを画像処理する手段により文字認識することを特徴とする認識方法である。 (もっと読む)


【課題】固定式の光学読取装置に対して、手かざしで読み取らせる方法であっても安定して読み取ることができるようにする。
【解決手段】本発明の光学読取帳票1は、基材2の一部に光学読取コード7を印字する読取コード印字欄3が設けられ、この読取コード印字欄3を挟んだ対称位置に、真偽判定用の判定コード8,8を隠蔽層9で隠蔽した判定コード印字欄4が設けられたものであり、利用者が帳票1を持った手で一方の判定コード8を隠してしまっても、他方の判定コード8を読み取ることによって真偽を判定できるようにした。 (もっと読む)


【課題】通常時の情報コードの視認及び一般的な読取装置による情報コードの認識を困難とし、特定の読取装置を用いた場合には確実に読み取ることが可能な構成を提供する。
【解決手段】情報コード読取システム1は、第1着色手段及び第2着色手段を備えており、第1着色手段は、記録紙P(記録媒体)の情報コード形成対象領域において明色モジュールとなるべき位置に第1着色領域を形成し、第2着色手段は、情報コード形成対象領域において明色モジュールとなるべき位置に第2着色領域を形成せず、暗色モジュールとなるべき位置に第2着色領域を形成している。第1着色領域は、可視光が照射される時に暗色の反射特性を示し且つ赤外光が照射される時に明色の反射特性を示す領域とされ、第2着色領域は、可視光が照射される時に暗色の反射特性を示し且つ赤外光が照射される時に暗色の反射特性を示す領域とされている。 (もっと読む)


【課題】安価な方法で複製を防止することが可能な2次元コード付きラベルを提供する。
【解決手段】本発明の2次元コード付きラベルL1は、ラベル11の一部に2次元コード1が設けられており、貼付後にラベル11を剥がすと切り取り線17が破断して2次元コード1が破壊されるように構成されている。 (もっと読む)


41 - 50 / 1,325