国際特許分類[G06Q50/00]の内容

国際特許分類[G06Q50/00]に分類される特許

101 - 110 / 24,192


【課題】集合住宅で持続的に創出される創エネルギに対してポイント還元することができる創エネルギシステムを提供することを目的とする。
【解決手段】創エネルギとして発電する太陽光発電装置14を複数の入居者が居住する集合住宅12に設け、太陽光発電装置14によって発電された電力の対価に対応する予め定めたポイントを算出して、入居者や大家が所有する蓄電量ポイントカード30に記録することによって付与する。そして、蓄電量ポイントカード30に記録されたポイントを利用して、自動車20に搭載された車両用蓄電池22を充電する。 (もっと読む)


【課題】 より実際の店舗に近い形で買い物ができ、さらに買い物に要する時間や注文ミスを極力減らすことができるショッピングシステムを提供すること。
【解決手段】 情報処理端末と、サーバ装置とを通信接続してなるショッピングシステムにおいて、情報処理端末の表示部に、販売商品を表す画像を配置するための表示領域X1〜X9および表示領域X1〜X9に配置された画像の中から指定された注文予定商品を表す画像を配置するための注文予定商品エリア410を同一画面内に含む注文受付画面400を表示させる。そして、注文確定時に注文予定商品エリア410に表示された画像に対応する商品を示すデータを、サーバ装置に送信させる。サーバ装置では、情報処理端末から送信された前記データが示す商品を注文処理させる。 (もっと読む)


【課題】省エネルギ対策としての運用改善活動や、業務としての営業活動などの評価を可能とする。
【解決手段】各担当者に対して活動を指示するための指示内容を含む指示情報と、指示内容を含む通知メールを各担当者の端末に配信するスケジュール情報と、通知メールの配信先となる各担当者の端末の宛先情報と、指示内容の実施状況を示す実施情報とを記憶する記憶手段10と、指示内容を含む通知メールを、スケジュール情報および宛先情報に従い、通知メールの配信先となる各担当者の端末に配信する配信手段12と、通知メールに対する返信メールを受信した場合、当該通知メールに含まれる指示内容が実施されたものとして実施情報を更新する一方、通知メールに対する返信メールを所定時間内に受信しない場合、当該通知メールに含まれる指示内容が実施されていないものとして実施情報を更新する実施管理手段13とを含む。 (もっと読む)


【課題】配送手段の積載率を高めつつ、環境負荷を低減できる宅配ポイント付与方法、プログラム及び記憶媒体を提供する。
【解決手段】配送手段毎に、該配送手段が基準配送手段であることを示す情報、該配送手段が特別ポイント付与対象であることを示す情報、単位距離あたりのCO2排出量、最大積載量及び基準積載率と、配送区間毎の配送距離の情報を格納した記憶部と、ユーザにより指定された配送区間、配送物の重量の情報とから、配送手段毎のエコポイントを算出し、また、特別ポイント付与対象の配送手段がある場合に、該配送手段に関して、前記エコポイントと、所定の配送手段の積載率に応じた特別ポイント付与率とに基づき、特別ポイントを算出する。 (もっと読む)


【課題】生産ラインシミュレーションの結果に基づきCO2排出量を算出する。
【解決手段】演算部は、レイアウトシートとレイヤによって定義された複数の工程からなる生産ラインにおいて、生産管理データ、装備パラメータおよび物流装備パラメータを参照して、製品を生産するときの前記装備と前記物流装備の稼働時間と待機時間を算出する。排出量算出部は、予め設定された単位時間当たりの二酸化炭素排出量と稼働時間および待機時間とを掛け合わせることで、製品を生産する間に装備および物流装備によって排出される二酸化炭素量を算出する。排出量算出部は、装備および物流装備のそれぞれについて算出された二酸化炭素量を、生産ラインを構成する全ての装備および物流装備について加算するとともに、生産ライン以外の工場設備によって排出される二酸化炭素量を足し合わせることで、工場全体から排出される二酸化炭素量を算出する。 (もっと読む)


【課題】事業者に課せられた総エネルギー使用目標量に基づいて、各事業所でのエネルギー使用目標量を配分して、事業者単位でエネルギー使用量の管理を行う。
【解決手段】各事業所固有の情報を登録する事業所情報登録手段21と、各事業所情報に基づいて、各事業所での今期のエネルギー使用標準量を推定する事業所エネルギー使用標準量推定手段22と、全事業所での今期の総エネルギー使用目標量を設定する事業者エネルギー使用目標量設定手段23と、各事業所での前記のエネルギー使用量を集計する事業所エネルギー使用量収集手段24と、各事業所での今期のエネルギー使用標準量と、全事業所での今期の総エネルギー使用目標量と、各事業所での前記のエネルギー使用量とに基づいて、各事業所での今期のエネルギー使用目標量を決定する事業所エネルギー使用目標量決定手段26とを備えた。 (もっと読む)


【課題】部署ごとの二酸化炭素排出量を管理することが可能な二酸化炭素排出量算出システムを提供する。
【解決手段】サーバー装置30の算定区分テーブル325には按分比率情報が、組織コード及び算定区分と対応づけられて記憶されている。クライアント装置10の実績値用の入力シートには按分比率情報を読み込む。一つの建物を複数の部署が拠点とする場合、当該建物全体で消費される電力量は、按分比率によって按分することができる。したがって、入力シートに建物全体の電力量を入力すると、複数の部署の各々で按分された電力量を得ることができる。これにより、企業を構成する複数の部署の各々で排出される二酸化炭素排出量を把握することができる。 (もっと読む)


【課題】環境活動促進システムにおいて、システム利用者へのポイント還元と、外部機関への寄付等を通じて社会貢献との両立を図る。
【解決手段】環境活動促進システムは、システム利用者が実施したポイント付与対象活動に応じてポイントを付与する環境活動促進システムであって、システム利用者登録手段と、ポイント付与登録手段と、環境活動登録手段と、ポイント集計分析手段と、ポイント配分手段と、ポイント還元登録手段と、電子マネー還元手段とを備えることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】各事業所でのエネルギー使用量の入力・認否状況を一元管理することで、入力漏れや承認漏れを抑制する。
【解決手段】管理対象端末1は、管理対象での各種エネルギー項目に対するエネルギー使用量の入力・認否状況を示す各ステータスを記憶するステータス記憶手段11と、入力者により入力が行われたエネルギー項目に対応するステータスを書き換える入力管理手段13と、承認者により認否が行われたエネルギー項目に対応するステータスを書き換える認否管理手段15と、記憶されている各ステータスをエネルギー使用量管理装置2に送信するステータス送信手段17とを備え、エネルギー使用量管理装置2は、各管理対象端末1から各ステータスを収集するステータス収集手段22と、収集された各管理対象での各ステータスに基づいて、入力・認否状況画面の生成・表示を行う入力・認否状況表示手段24とを備えた。 (もっと読む)


【課題】認知機能障害の危険度を精度良く算出することができるようにする。
【解決手段】特徴量選択部22によって、音声データから抽出される複数種類の韻律特徴量と、音声データの発話者について求められたHDS−Rスコアとを含む複数の学習データに基づいて、複数種類の韻律特徴量から、HDS−Rスコアとの相関が最も高くなる韻律特徴量の組み合わせを選択する。重み付け決定部24によって、複数の学習データの各々の選択された韻律特徴量の組み合わせとHDS−Rスコアとに基づいて、選択された韻律特徴量の組み合わせの各々に対する重み付けを決定する。特徴量抽出部28によって、入力された音声データから、複数種類の韻律特徴量を抽出する。危険度算出部30によって、抽出された韻律特徴量のうちの選択された韻律特徴量の組み合わせと、重み付け決定部24によって決定された重み付けとに基づいて、認知機能障害の危険度を算出する。 (もっと読む)


101 - 110 / 24,192