国際特許分類[G06Q50/00]の内容

国際特許分類[G06Q50/00]に分類される特許

21 - 30 / 24,192


【課題】負荷持続曲線上のピーク電力量、ベース電力量、常用電力量の各領域を明確に分類し、かつ、消費電力量が過大な領域を正確かつ簡便に判別する省エネルギー支援装置を提供する。
【解決手段】選択した測定日の単位時間ごとの省エネルギー対象の消費電力量を大きい順番に並べ替えて作成した棒グラフの頂点を順次繋ぎ合わせた負荷持続曲線を負荷持続曲線作成部32で作成し、該負荷持続曲線を分析し、使用時に或る電力閾値以上電力を消費する機器を使用中のピーク電力量領域、使用時に該電力閾値よりも少ない電力を消費する機器を使用中の常用電力量領域、常時電力を消費する機器のみのベース電力量領域、の各領域を領域判別部33で分類し、各領域の領域別合計消費電力量の省エネルギー対象の消費電力量全体に対する割合が、季節ごとに定めた各領域の閾値を超えたか否かに基づきいずれの領域で消費電力量が過大かを過大消費電力領域判別部34にて判別する。 (もっと読む)


【課題】インターネット電子商取引サービスシステムにおいて、ある国のユーザを対象にしたインターネット電子商取引サービスを、言語、習慣等の異なる他の国のユーザにも展開する。
【解決手段】ポータルサイトの言語を自動翻訳する自動翻訳手段と、他の国のユーザに合うページレイアウトに自動構成するページレイアウト自動構成手段と、アクセス者に係る個別のデータをデータベースとして蓄積し、データベースに基づいて、アクセス者の嗜好及び履歴を分析するアクセス判断モジュールと、を備え、ポータルサイトに表示された情報及びデータベースに蓄積されたデータを、コールセンターに送信し、コールセンターのインバウンド及びアウトバウンドにおける利用に供する。 (もっと読む)


【課題】ATMカード等を用いて、コンピュータ・ネットワーク上で購買を行う方法およびシステム(10)を提供する。
【解決手段】本発明によれば、消費者(12)が彼のATMカード番号をネットワーク(24)を通じてオンライン商人(16)に送信する。次いで、オンライン商人(16)はATMカード番号を、銀行のような第三者の契約者(20)に転送し、第三者の契約者が取引を監視し許可を与える。同時にまたはその後、消費者(12)は彼のPINをネットワークを通じて第三者の契約者(20)に送信し、第三者の契約者はATMカードおよびPINが有効であることを検証する。 (もっと読む)


【課題】貨幣の回収/補充を依頼する店舗側において回収/補充のコストを低減し、その時間を短縮し、搬送者側にとって効率よくかつ低コストで貨幣を回収/補充することができる貨幣管理方法を提供する。
【解決手段】貨幣管理方法は、貨幣の回収または補充を行う搬送業者のシステムに通信可能に接続されたインタフェースと、表示部とを備えた貨幣管理装置を用いた貨幣管理方法であり、収納庫の貨幣を回収しまたは収納庫へ貨幣を補充することが必要な場合に、貨幣の回収または補充の見積りを依頼する見積依頼通知を複数の搬送業者のシステムへ送信し、見積依頼通知に対する貨幣の回収または補充の見積り情報を含む見積回答通知を複数の搬送業者のシステムから受信し、複数の搬送業者のシステムから得た見積回答通知を表示部に表示し、貨幣管理装置の操作者によって選択されたいずれかの搬送業者へ、貨幣の回収または補充を依頼する回収/補充依頼通知を送信する。 (もっと読む)


【課題】 より正確な発電原単位を提示する環境影響算定装置および環境影響算定方法を提供する。
【解決手段】 評価範囲を設定する評価範囲設定部10と、発電源原単位の平均値を格納した発電源情報データベース21から発電源原単位の平均値を取得する発電源情報取得部20と、少なくとも蓄電池の製造時における環境負荷情報をと蓄電池の使用時における放電容量または充放電損失の変化に関する電池特性情報を格納した電池特性データベース31から、評価範囲における電池特性情報を取得する電池特性取得部30と、蓄電池の使用時における電池状態情報を格納した電池状態データベース41から、評価範囲における電池状態情報を取得する電池状態取得部40と、取得部20、30、40、で取得された情報に基づいて、蓄電池の充放電損失を考慮した電池原単位を算定する電池原単位算定部50と、蓄電池の電池原単位を用いて、発電原単位を算定する発電原単位算定部60と、を備える。 (もっと読む)


【課題】個別部品の組み合わせによる製品のレベルで取扱い基準などを生成し管理することにより、利用者の判断の手間・コストなどを軽減できる技術を提供する。
【解決手段】本システム10(情報処理装置1)は、部品情報管理機能21、製品取扱い基準作成機能11、記憶部2、ユーザI/F部3等を有する。部品情報管理機能21は、利用者の操作に基づき、個別の部品の単位での情報を記憶部2に管理する。製品取扱い基準作成機能11は、利用者の操作に基づき、製品の単位での取扱い基準の情報を作成する処理を行う。製品取扱い基準作成機能11は、対象製品について、構成要素である個別の部品ごとの情報を記憶部2から取得・参照し、当該個別の部品ごとの取扱い基準情報を比較して共通情報を自動的に生成し、当該共通情報により対象製品の取扱い基準情報を設定する処理を行う。 (もっと読む)


【課題】省資源化を意図する製品またはサービスについて環境影響の専門家でなくとも省資源化効果を分析する適切な評価方法を選択する。
【解決手段】省資源化効果分析装置は、省資源化を意図する製品またはサービスの評価要素を解析し、評価要素を評価範囲ごと及び評価項目ごとに区分する評価要素区分部20と、評価範囲および評価項目と環境影響評価方法とを関係付けたデータベースを参照して、評価要素区分部20が区分した評価要素に対応する環境影響評価方法を評価要素ごとに選択する評価要素毎方法選択部21と、評価要素毎方法選択部21の選択結果を基に、全評価要素に対応する環境影響評価方法を選択する全評価要素対応方法選択部22とを備える。データベースに登録された環境影響評価方法は、ライフサイクル評価方法、マテリアルフロー分析方法、ライフサイクルインパクト評価方法である。 (もっと読む)


【課題】消費エネルギの低減を的確に促すことができる住宅エネルギシステムを提供することを目的とする。
【解決手段】住宅の消費エネルギを所定の範疇に分類するための分類情報の入力や、消費エネルギの改善ポイントのアドバイス等の表示などを行う表示・操作部12と、住宅内の消費エネルギの検出や、消費エネルギを所定の範疇に分類するための情報等の検出を行う検出部14と、検出部14の検出結果に基づいて、消費エネルギの改善ポイント等をアドバイスするための各種演算を行う演算部16と、検出部14の検出結果や、消費エネルギを予め定めた特性(例えば、季節や天候などの消費エネルギを左右する特性)に従って所定の範疇に分類して、分類した範疇毎に過去の消費エネルギや消費エネルギを表す値を定めた評価値テーブルを記憶するデータ蓄積部18と、を備える。 (もっと読む)


【課題】必要な情報を自動入手したうえで、環境側面(側面)の値を算出し、情報の入手元に算出結果を自動返信する。
【解決手段】環境情報集計装置(1)は、換算係数が存在する、環境情報集計装置の外部の位置である第1の位置と、換算係数が乗じられた下位の階層の側面の値に基づいて、上位の階層の側面の値を算出する計算式である関数情報が存在する、外部の位置である第2の位置と、下位の側面の値が存在する、外部の位置である第3の位置と、上位の側面の値を格納すべき、外部の位置である第4の位置と、を示す位置情報を格納する記憶部(12、13)と、第1の位置から換算係数を受信し、第2の位置から関数情報を受信し、第3の位置から下位の側面の値を受信し、受信した換算係数、関数情報及び下位の側面の値に基づいて、上位の階層の側面の値を算出し、算出した上位の階層の側面の値を、第4の位置(3)に送信する制御部(11)と、を備える。 (もっと読む)


【課題】 より実効性の高い就業力育成及び起業力育成の支援を行うと共に、体験的に環境問題に関する知識を習得して就活に役立て得る自動就活方法及び自動就活システムを提供する。
【解決手段】 環境ビジネスに関わる会社での活動により就業力を育成して就職活動を支援する就業力育成コースにおいて、環境学の基礎知識及び就業に必要な一般常識を習得する基礎知識習得ステップ(ステージS1及びステージS2)と、環境問題の一課題について該課題を解決する一助となる商品並びにその周辺知識を習得する商品習得ステップ(ステージS2及びステージS3)と、提示される商品について販売展開のプランニングを行うプランニングステップ(ステージS4)と、提示された商品の販売活動を行うトレーニングステップ(ステージS5)と、を持つ。 (もっと読む)


21 - 30 / 24,192