国際特許分類[G06Q50/00]の内容

国際特許分類[G06Q50/00]に分類される特許

71 - 80 / 24,192


【課題】円滑で、効率のよい販売活動が行えるネットモール上における商品管理一元化システムを提供する。
【解決手段】複数のネットモールに出店するクライアントに関して、複数のネットモールへの各理論在庫を一括把握する理論在庫把握手段と、複数の倉庫への現実在庫を一括把握する現実在庫把握手段と、前記理論在庫と前記現実在庫とが一致しているか否かを確認する在庫一致確認手段を備えて構成し、前記理論在庫と前記現実在庫とが一致しているか否かの確認は、前記現実在庫把握手段による現実在庫の把握を、エンドユーザへの出荷時ごとに、現実在庫の減数をチェックし、該減数チェックした現実在庫データを前記在庫一致把握手段へ送信して行う。 (もっと読む)


【課題】より適切なビルのエネルギーの浪費の削減を可能とすることを目的とする。
【解決手段】ビルのエネルギー管理システムであって、ビルに係るセンサーを介した入力に基づき、時系列に変化するビル内外情報をリアルタイムで保持、管理する管理手段と、ビル内外情報に基づいて、時系列に変化するビルの消費エネルギーの目標計算値を計算する計算手段と、計算手段で計算された時系列に変化するビルの消費エネルギーの目標計算値と、ビルのビル内外情報に含まれる時系列に変化するビルの実際の消費エネルギーの実測値と、を比較可能なグラフとして出力する出力手段と、を有することによって課題を解決する。 (もっと読む)


【課題】SaaSあるいはASPと呼ばれる、サービス提供特化型の環境情報集計システムを複数ユーザが利用している場合を考える。このとき、この複数ユーザがある施設を共用しているならば、この共用施設で発生する環境負荷をそれぞれのユーザの寄与として個別に取り込むことが必要となるが、この種のシステムでは各ユーザは論理的に独立しており、ユーザ間で情報が遮蔽されているのが前提であるため実現は困難である。
【解決手段】サービス提供特化型の環境情報集計システムにおいて、環境負荷データを集計するために用いられる組織ツリーに共用施設を設け、関係する組織をすべて当該共用施設の上位組織として紐付け、環境負荷データを上位組織に集計する際の係数として按分比を設定する。これにより、共用施設の環境負荷データを上位組織である各企業のデータとして自動的に按分集計することが可能となる。 (もっと読む)


【課題】本発明の実施形態における家庭用エネルギー管理システムの課題は、居住者に対する負担を小さくすると共に、CO2排出量を小さくするよう家電機器を動作させることとする。
【解決手段】本発明の実施形態における家庭用エネルギー管理システムは、家電機器の運転可能な時間帯を示す運転許容時間帯、動作が完了するために必要な時間を示す必要運転時間、および運転時の消費電力を示す運転時消費電力を含むスケジュール条件が記憶されたスケジュール条件記憶部と、電力系統エネルギー管理システムから受信したCO2原単位とスケジュール条件とから、家電機器が動作する時間を示す運転スケジュールを作成するスケジュール計算部と、運転スケジュールに基づいて家電機器を制御する制御部と、を備える。 (もっと読む)


【課題】省エネ活動を長期的に継続することが可能で、省エネ効果を持続的に得ることができるエネルギ管理サーバを提供する。
【解決手段】エネルギ管理サーバであるエコレース管理サーバ102は、エコレースを実施するために必要なエコレース情報を記憶するレース情報管理部217、エコレースの参加者を募集するレース参加受付部214、参加者に関する情報を記憶するユーザ情報管理部218、ネットワークを介して、各参加者の家庭で消費されるエネルギ量に関する情報を、各参加者の施設に設けられた集計装置から周期的に収集する評価用データ収集・計算部215、エコレースの終期に、ユーザ情報と、エネルギ消費量に関する情報とに基づいて、エコレースにおける参加者の順位を決定する順位計算部218とを含む。 (もっと読む)


【課題】エネルギーコスト削減額、CO削減量をリアルタイムに算出することが可能な省エネ効果計算装置を提供する。
【解決手段】ボイラの過去の操業モード、需要テータ、操業データをパターン化し得られた複数のパターンをパターンごとに標準値する手段と、現時点での操業モード、需要テータ、操業データをパターン化し、このパターン化した値と前記標準値とを比較する比較手段を備え、該比較手段の比較結果に基づいて、エネルギーコスト削減額、削減CO量の少なくとも一方を算出する。 (もっと読む)


【課題】 建築物の各区画に存在する実際の人数を随時計測することができ、かつ誤差が生じにくい計測システムを提供する。
【解決手段】 建築物の区画の出入り口床面に設置され、床面上を通過する歩行者の通過方向と人数とを検知可能に複数の感圧素子が面状に配置された感圧センサーと、区画内における人間の存在非存在を検知可能に設置された赤外線センサーと、前記感圧センサーと前記赤外線センサーとからの情報を用いて、前記区画内の人数を演算する制御手段とを備えた。 (もっと読む)


【課題】住宅建設に国産の木材を使用するモチベーションを高めることができる二酸化炭素削減住宅評価システムを提供する。
【解決手段】評価値取得部14は、住宅建築に使用した木材の産地識別情報に基づいて森林または森林内の領域毎に、原木による二酸化炭素の吸収量から予め算出された削減評価値を取得する。評価部16は、住宅への木材使用量と上記削減評価値とに基づいて、木材により固定化された二酸化炭素の量を算出し、予め決定した基準に従って点数化する。判定部20は、産地識別情報と原木の出荷量とから、原木が生育した森林毎または森林の中の領域毎に原木出荷総量を集計する。建築使用量集計部18は、産地識別情報から原木が生育した森林毎または森林内の領域毎に木材の建築使用量の総量を取得する。判定部20は、原木出荷総量と建築使用量の総量との差が予め定めた基準値以内のときに評価部16の評価結果の信頼度を高と判定する。 (もっと読む)


【課題】ユーザが所在している場所の消費エネルギーを取得して、同じ尺度で評価して表示することにより、利用者に対してエネルギーの使用状況をよりわかりやすくする装置、方法及びプログラムを提供すること。
【解決手段】本発明にかかる環境負荷表示装置は、ユーザが現在所在している場所の環境を管理する管理システムで消費されているエネルギーの情報を取得する外部情報取得部201と、屋外の環境の情報である環境情報と、前記消費エネルギー情報と、前記管理システムが環境に与える負荷量を示す環境負荷量を算出する環境負荷係数に基づいて、前記環境負荷量を所定の単位で算出する環境負荷評価部301と、前記環境負荷評価部が算出した所定単位の前記環境負荷量を表示する表示部401とを有する。 (もっと読む)


【課題】持続可能なエネルギーの代替利用と省エネルギーとの両方をバランスよく促進するための仕組みを提供する。
【解決手段】分電盤13は公共電力システム12から家屋に供給される電力量を示す買電電力量データ、太陽光発電システム11により発電された電力量を示す発電電力量データ、太陽光発電システム11により発電され公共電力システム12に逆潮流された電力量を示す売電電力量データを生成する。無線通信ユニット151は分電盤13からそれらの各種電力量データを取得し、無線通信ユニット152経由でそれらをポイント管理サーバ装置18に送信する。ポイント管理サーバ装置18は受信した各種電力量データを用いて、電力自給率の大小に応じて多少するエコライフポイントの数量を算出し、算出したエコライフポイントを会員のエコライフポイントの残高に付加するよう、ポイント管理DBのデータを更新する。 (もっと読む)


71 - 80 / 24,192