国際特許分類[G06Q90/00]の内容

物理学 (1,541,580) | 計算;計数 (381,677) | 管理目的,商用目的,金融目的,経営目的,監督目的または予測目的に特に適合したデータ処理システムまたは方法;他に分類されない,管理目的,商用目的,金融目的,経営目的,監督目的または予測目的に特に適合したシステムまたは方法 (55,954) | 格別なデータ処理を伴わない,管理目的,商用目的,金融目的,経営目的,監督目的又は予測目的に特に適合したデータ処理システムまたは方法 (71)

国際特許分類[G06Q90/00]に分類される特許

1 - 10 / 71


【課題】本発明は、緊急事態が発生した際に、最も適した緊急指令を正確に且つ迅速に伝達することができる緊急指令システム及びその方法を提供することを目的とする。
【解決手段】本発明の緊急指令システムは、入力インターフェースユニットと、現場情報ユニットと、緊急動態提供ユニット、現場状況推断ユニットと、出力インターフェースユニット及び指揮ユニットと、を備え、緊急指令システムは、入力インターフェースユニットによって実時間観察モード、予測モード、現場状況判断モードを選び、実時間観察モードを選んだ場合、現場シミュレーションデータによって、現場状況判断図表を作成し、予測モードを選んだ場合、現場シミュレーションデータによって、現場状況判断図表を作成し、現場状況判断モードを選んだ場合、現場シミュレーションデータ及び策略データによって、現場状況判断図表を作成する。 (もっと読む)


【課題】少なくともMBA指標、MOT指標、MOS指標の三つの指標の組み合わせで示される企業価値によって企業活動を適切に評価する技術を提供する。
【解決手段】MBA指標の目標値、MOT指標の目標値及びMOS指標の目標値の入力を受け、原点を通り互いに直交する三つの軸を設定し、三つの軸をMBA軸、MOT軸及びMOS軸とし、MBA軸、MOT軸及びMOS軸に、MBA指標の目標値、MOT指標の目標値及びMOS指標の目標値をそれぞれとり、原点からMBA指標の目標値までをMBA目標ベクトル、原点からMOT指標の目標値までをMOT目標ベクトル、原点からMOS指標の目標値までをMOS目標ベクトルとし、MBA目標ベクトル、MOT目標ベクトル及びMOS目標ベクトルの合成ベクトルを企業価値の目標ベクトルとして求め、MBA軸、MOT軸及びMOS軸のなす三次元座標上に企業価値の目標ベクトルを描画する。 (もっと読む)


【課題】データ項目における構成比が小さいデータカテゴリに対応する説明変数の変数カテゴリを用いてロジスティック回帰分析を行うことが可能になる、ロジスティック回帰分析システム及びロジスティック回帰分析プログラムを提供すること。
【解決手段】ロジスティック回帰分析システムとしての不正検知システム10は、説明変数の変数カテゴリをロジスティック回帰関数に投入することができるか否かを、データ項目のデータカテゴリの構成比に基づいて判定する判定部15aと、投入することができないと判定された変数カテゴリに対応するデータ項目のデータカテゴリを対象として、事象が過去に発生した確率を算定する確率算定部15bと、この確率を所定倍数で整数化する整数化部15cと、整数化された確率を、変数カテゴリの説明変数の有効性に基づいて展開することにより、説明変数の変数カテゴリの変換値を生成する展開部15dとを備える。 (もっと読む)


【課題】災害対策現場に対する資産の割当を、熟練を必要とせずに適切に行う。
【解決手段】地図データを反映した二次元座標上において、処理済現場を表すノードに滞在する各災害対策チームの単位時間当たりの作業量をバネ定数に、また当該各災害対策チームが処理済現場から未処理現場へ移動するに必要な移動所要時間をバネの自然長にそれぞれ反映したバネを定義し、処理済現場を表すノードと未処理現場を表すノードの間をそれぞれ上記バネにより接続したバネモデルを生成する。そして、各処理済現場を表すノードの位置座標を固定とし、かつ未処理現場を表すノードの位置座標を可動として、上記各バネが平衡状態となるときの未処理現場を表すノードの位置座標を算出し、この未処理現場を表すノードの位置座標と各処理済現場を表すノードの位置座標とから、バネ長がもっとも短くなる処理済現場の災害対策チームを派遣チームとして選択する。 (もっと読む)


【課題】 解析者による多くの判断や手間・時間を削減し、発生確率を考慮した状況を分類するツリー構造を生成するのに要する計算量を減らし、客観性・正確性の向上や工数削減・計算時間短縮等を実現するため、生成状況を評価しフィードバックすることにより、客観的な基準に基づいて、効率的に状況を分類するツリー構造を自動生成する。
【解決手段】 入力手段から入力された事象の初期条件を読み込む読込ステップと、前記初期条件に基づき初期の分岐を生成する分岐生成ステップと、前記分岐の評価値を計算する評価値計算ステップと、隣接する前記分岐の評価値の差を計算する評価値差計算ステップと、前記評価値差計算ステップで得られた評価値差の最も大きい前記分岐の間に新しい分岐を追加する分岐追加ステップと、前記分岐追加ステップで追加された前記新しい分岐を備えたツリー構造から得られる情報を出力する出力ステップとを備える。 (もっと読む)


【課題】分割結果の取り分だけでなく、役割の割り当てについても公平に分割することが可能な3者間の公平分割装置、3者間の公平分割方法、及びプログラムを提供する。
【解決手段】割当制御部が、分割対象の資源について3台の端末各々の評価尺度により3分割した各ポイントを当該3台の端末から取得し、当該各ポイントの相互関係により当該3台の端末の役割分担を決定した上で、当該3台の端末に対し資源の無羨望分割割り当てを行う。 (もっと読む)


【課題】MTM方式の解析的近似において高速にVaR等を求めることを可能にすることを目的とする。
【解決手段】記憶装置に記憶されている格付sから格付kへ推移する確率pskを取得し、取得したpskに基づいて債務者iが格付r以下となる格付閾値θirを算出する格付閾値算出手段と、記憶装置に記憶されている債務者i毎の定数aiを取得し、取得したaiと、z算出手段で算出されたzと、格付閾値算出手段で算出されたθirと、に基づいてzを固定したときの条件付で債務者iが格付r以下となる確率psir(z)を算出する条件付確率算出手段と、記憶装置に記憶されている債務者iの現在の格付から格付rへ推移したときのエクスポージャー価値Virに基づいて債務者iの隣接する格付間のエクスポージャー価値の差wirを算出するwir算出手段と、を有することによって課題を解決する。 (もっと読む)


【課題】金融商品についての円滑な取引を実現するワークフローを効率的に作成するための金融商品管理システム、金融商品管理方法及び金融商品管理プログラムを提供する。
【解決手段】取引管理サーバ20の商品設計制御部22は、「レイヤ1」〜「レイヤ3」を用いて商品を構成する。まず、「レイヤ3」のオブジェクトの組み合わせ、既に商品として登録済みかどうかについて判定する。まだ商品として登録されていない場合、商品設計制御部22は、各オブジェクトの属性情報に基づいて、組み合わせの可否を判定する。組み合わせ可能な場合、シミュレーションを行ない、収益性及びリスクを評価する。収益性がある場合、商品設計制御部22は、リスク評価結果に基づいて自動値決め商品候補又は個別値決め商品候補として決定し、値決め方法に応じた「レイヤ1」、「レイヤ2」のオブジェクトを付加したワークフローを登録する。 (もっと読む)


【課題】金利予測等を実績データから内在する推移確率マトリクスを割り出して行うとき、納得性のある推移確率を求めて、マトリクスを有効に決める。
【解決手段】金利推移などを離散的に推移確率でマトリクス表現すべく、実績推移データから要素を推定するとき、実績データから得られる推移が発生する確率、すなわち実績としてのおのおのの推移に対応する推移確率の積を最大にするように推移マトリクスの各要素を定めること。 (もっと読む)


【課題】企業等の将来財務を精度良く、かつ中立的な立場で予測し、その結果として企業等の信用リスクを精度良く計測する。
【解決手段】財務諸表を作成する特定の法人の過去の財務データに基づき、特定の法人について将来期(t+1)の純資産の変化額を算出し、特定の法人について直前期(t)より前の期(t−1)から直前期(t)への財務データの変化を抽出し、直前期(t)の財務戦略パターンを選択し、財務戦略マップに基づいて直前期(t)の財務戦略パターンに対応する将来期(t+1)の財務戦略パターンを特定し、将来期(t+1)の財務戦略パターンと直前期(t)の財務戦略パターンにより財務バランス係数を特定し、特定された財務バランス係数と将来期(t+1)の純資産の変化額に基づき、将来期(t+1)における貸借対照表中の他項目の変化額を算出して将来期(t+1)の貸借対照表を算出する。 (もっと読む)


1 - 10 / 71