説明

国際特許分類[G06T11/80]の内容

物理学 (1,541,580) | 計算;計数 (381,677) | イメージデータ処理または発生一般 (58,387) | 2D[二次元]イメージ発生 (4,063) | 手動入力装置,例.マウス,ライトペン,キーボード上の方向キー,を用いて手描きでドロー又はペイントされたイメージを作成または修正するもの (1,107)

国際特許分類[G06T11/80]に分類される特許

1 - 10 / 1,107


【課題】表示装置の情報を容易に端末装置に取り込み可能な電子会議支援装置を提供する。
【解決手段】表示装置301は、電子会議支援装置として機能する。表示装置301の表示部311にユーザ901の端末装置201が近接すると、表示装置301は、端末装置201が近接していることを検知し、表示部311上で端末装置201に近接している位置に関する情報と、近接している端末装置201を特定する情報とを取得する。表示装置301の抽出部は、表示部311に表示されている画像のうち、端末装置201が近接している位置に対応する所定の領域にある画像951の抽出を行い、抽出した画像951の情報を、端末装置201に送信する。これにより、端末装置201の操作表示部211に、画像951に対応する画像952が表示され、画像951が取り込まれる。 (もっと読む)


【課題】撮像中の動画像に対応させて適切なオブジェクト画像を容易に選択して重畳することができる撮像装置を提供する。
【解決手段】画面304sには動画像Imvが表示されている。エフェクト実行画像の1つであるエフェクトモード初期画像Iem1は、動画像Imvの全体を覆い隠さないよう画面304sの一部のエリアに表示されている。動画像Imvにおけるオブジェクト画像重畳エリアに対してオブジェクト画像を重畳させる操作がなされると、オブジェクト画像を重畳させる。設定ボタンBsを押下して複数種類のオブジェクト画像のうちのいずれかを選択する操作を行っても、エフェクト実行画像の大きさを動画像Imvの全体を覆い隠さない大きさに維持させる。 (もっと読む)


【課題】登場人物の露出度が同じになるように自動レイアウトを行うことが可能な画像出力受付端末等を提供する。
【解決手段】画像ポイント算出部71は、入力制御部61に入力された画像データの画像ポイントを算出する。画像リスト作成部72は、画像ポイントの高い画像データを抽出して画像リストを作成する。登場人物リスト作成部73は、画像リストの中から人物の顔を認識し、人物画像リストを作成する。自動レイアウト部74は、登場人物の露出度が同じになるようなレイアウト方法に基づいて、画像リスト、人物画像リスト、および画像群を自動レイアウトする。露出ポイント算出部76は、レイアウトされた状態で、人物毎の露出ポイントを算出する。 (もっと読む)


【課題】検査対象物の部分画像データを検査に用いる場合であっても、検査対象物の特徴部分まで視認することができる画像処理装置、該画像処理装置で実行する画像処理方法及びコンピュータプログラムを提供する。
【解決手段】検査対象物を撮像する撮像部と、該撮像部で撮像して取得した画像データに対して圧縮処理を実行して圧縮画像データを生成する圧縮処理部と、検査のための画像処理を実行する画像処理部とを備える。画像処理部は、取得した画像データの一部である部分画像データを生成し、画像処理に用いる画像データとして、圧縮画像データ又は部分画像データのいずれかの選択を受け付ける。画像処理部は、選択を受け付けた圧縮画像データ又は部分画像データを用いて、検査のための画像処理を実行する。 (もっと読む)


【課題】手書入力部と、これと関連して機能するスイッチ入力部との操作性を改善する。
【解決手段】車両部材であるサンバイザ31には、手書入力部21とスイッチ入力部22とが設けられている。手書入力部21は、利用者が指で情報を入力することができる。スイッチ入力部22は、手書入力部21への操作に関連して操作される。手書入力部21へ入力された情報は、ネットワーク線27を介して制御装置11に送信される。スイッチ入力部22は手書入力部21よりも下側にある。しかも、手書入力部21とスイッチ入力部22との配置は、手書入力部21に人差し指をおいた場合に、同じ手の親指でスイッチ入力部を操作可能となるように設定されている。 (もっと読む)


【課題】異なる入力手段を用いて簡易で直感的な操作を行うことができる画像処理装置等を提供する。
【解決手段】本画像処理装置は、画像を処理する画像処理装置1であって、入力手段による所定領域への操作を受け付けるタッチパネル11と、操作が受け付けられた入力手段を判別する入力手段判別部12と、入力手段ごとに割り当てられ、画像に対し、同じ機能で異なる処理を実行するための処理情報を記憶する記憶部15と、記憶部15に記憶された処理情報のうち、入力手段判別部12により判別された入力手段に割り当てられた処理情報に対応する処理を実行する切り出し範囲描画処理部13と、を備える。 (もっと読む)


【課題】接触位置検出型のポインティングデバイスであるタッチ操作デバイス、特にユーザ自身が、操作する様子を直接的に見ることができない位置に設けられたタッチ操作デバイスを用いる場合の操作性を向上させる。
【解決手段】キューブ2を選択した後にタッチが解除されると、タッチ解除位置を基準として、キューブ2を選択するための当初の選択領域より大きい再タッチ判定領域22を設定する。そして、タッチ解除後に検出された再タッチが、この再タッチ判定領域22内で検出された場合、タッチ解除位置と同じ位置が再タッチされたと見なし、キューブ2のオブジェクトを移動させる。 (もっと読む)


【課題】ユーザが、印刷レイアウトに新たに含めるオブジェクトの選択を、過去の履歴を参照しつつ容易に行うことができる支援装置、および印刷装置を提供する。
【解決手段】支援装置は、新たに作成する印刷レイアウトに含めるnameオブジェクト「Taro Kimura」を、ユーザから受け付ける。支援装置は、受け付けたnameオブジェクト、過去に作成した印刷レイアウトにおいて、受け付けたnameオブジェクトとともに使用されたことのあるnameオブジェクト、および、ともに使用されたことのないnameオブジェクトを並べ、nameオブジェクト612としてディスプレイに表示する。次いで支援装置は、他の種別のオブジェクト611、613、614を、同様にディスプレイに表示する。これらのうち、受け付けたnameオブジェクトとともに使用されたことのあるオブジェクト同士が線で結ばれる。 (もっと読む)


【課題】動画像に含まれるユーザの顔を少ない処理負担で正確にメイクアップできるメイクアップシミュレーションシステムを提供することを目的とする。
【解決手段】メイクアップシミュレーションシステムであって、撮影した動画像を出力する撮影手段2と、出力された動画像を画像処理して出力する制御手段8と、制御手段8から出力された動画像を表示する表示手段7とを備え、制御手段8は動画像からユーザの顔を所定のトラッキングポイントに基づいて認識する顔認識処理手段と、トラッキングポイントに基づいて動画像に含まれるユーザの顔に所定のメイクアップを施して表示手段に出力するメイクアップ処理手段とを備えることにより上記課題を解決する。 (もっと読む)


【課題】写真シール作成ゲームにおいて作成される画像の完成度を、時間をかけることなく高めることができるようにする。
【解決手段】コラージュ画像は、画像901乃至画像905を組み合わせて構成されており、これらの画像が組み合わせられた1枚の画像としてシール紙900に印刷される。画像901乃至画像904は、通常印刷画像と縦横比が同一の画像とされ、画像905は、通常印刷画像と縦横比が異なる画像とされる。画像905は、例えば、被写体である利用者の背景の領域が透明とされた状態で、画像903と画像904の上に重畳されて表示されている。 (もっと読む)


1 - 10 / 1,107