説明

国際特許分類[G08G1/005]の内容

物理学 (1,541,580) | 信号 (47,547) | 交通制御システム (25,881) | 道路上の車両に対する交通制御システム (25,491) | 歩行者用の誘導案内表示装置 (1,470)

国際特許分類[G08G1/005]に分類される特許

1,461 - 1,470 / 1,470


本発明は、スクロール機能を提供する移動通信端末機を用いた経路提供方法およびシステムに関し、より詳細には、ユーザに地図イメージをスクロール方式で提供する場合、経路に沿って前記地図イメージがスクロールされるようにすることができる経路提供方法およびシステムに関する。本発明によるスクロール機能を提供する移動通信端末機を用いた経路提供方法は、経路探索サーバから、出発地から目的地までの経路に対応する経路データおよび前記経路データと連関した地図データを受信する段階、ユーザから所定のスクロール命令の入力を受ける段階、前記スクロール命令に従って、前記経路上の所定の基準位置に基づいて前記経路データおよび前記地図データから地図イメージを生成する段階、および前記生成された地図イメージを前記移動通信端末機の表示装置にディスプレイするようにする段階を含み、前記地図イメージを生成する前記段階は、前記スクロール命令が入力されると、前記基準位置を所定方向に前記経路に沿って単位距離だけ移動させる第1段階、および前記移動した基準位置に基づいて前記経路データおよび前記地図データから地図イメージを生成する第2段階を含む。

(もっと読む)


【課題】
【解決手段】移動計画のトラッキング方法が、(a)インターネットの対話型データベースに基づいて最新の移動計画をたてるステップと、(b)初めに、携帯型通信機器に最新の移動計画の暗号化した指標を転送するステップと、(c)暗号化した指標を利用して最新の旅行情報の遠隔データベースに問い合わせを行い、前記最新の移動計画に関連する各種手配の情報を決定するステップと、(d)前記最新の移動計画の各種手配に関する結果を携帯型通信機器に伝達するステップと、(e)携帯型通信機器のユーザに当該結果を伝達するステップとを具える。 (もっと読む)


道案内サーバ(1)は、道路情報に含まれる交差点に対応して、基準となる方位が規定された三次元画像を三次元画像DBに記憶する。この道路情報は、道路に関する情報及び、道路上の交差点に関する情報を含んだ情報として、地図データサーバ(2)の地図DBに記憶される。道案内サーバ(1)は、ネットワーク(9)を介して接続された利用者端末(3)からの要求に応答して、特定された交差点の三次元画像を三次元画像DBから読み出し、読み出した三次元画像中に、地図データサーバ(2)が道路情報に基づいて探索した誘導経路に従って、利用者が進むべき道路を示すシンボルを合成することにより交差点案内画像を生成する。道案内サーバ(1)は、生成した交差点案内画像を利用者端末(3)に送信する。利用者端末(3)は、道案内サーバ(1)から送られる交差点案内画像を受信すると、受信した三次元案内画像を、その表示方位を変更可能に表示する。 (もっと読む)


【課題】視覚障害者等の個人がより確実に目的地に到達することのできる個人ナビゲーションシステムを得ること。
【解決手段】携帯電話機205の使用者212は地点211Aから目的地としてのB地点211Bまで移動するとき、インターネット網201に接続された誘導装置216にそのルートを検索させ、最適なものを選択する。選択されたルートの地図、施設、交通機関等のデータが監視装置215に送られ、それ以後、監視装置215は使用者212の移動を監視しガイドする。移動の途中で異常事態が発生した場合、監視装置215は通告により管轄の警察や消防署に連絡することができる。携帯電話機205に付属したデジタルカメラを利用したサポートも可能である。 (もっと読む)


【課題】 画像処理を特徴とする視覚障害者認識機能により、視覚障害者への負担のない支援を実現する。
【解決手段】 映像撮影装置1から1フレーム分の映像データを静止画イメージデータとして取得する映像取得部31と、その取得した静止画イメージデータのエッジを検出するエッジ検出部32と、その検出したエッジ部のコントラストを強調したコントラスト強調画像を得るスケーリング部33と、そのコントラスト強調画像に対応する静止画イメージデータから、所定の色の範囲のグレイ値を有する画素を検出する領域検出部34と、その検出された画素から、互いに連結する画素の集合を抽出し、該抽出した連結画素の集合に、所定の形状の特徴を有する集合がある場合に、該集合を白杖であると判断して視覚障害者を認識する特徴量抽出部36とを有する。検出結果通知部37から出力装置5へ白杖認識の結果を通知し、支援機能の稼動を行なう。 (もっと読む)


【課題】 簡単に自分の居場所を示す地図情報を相手方に入手させることができるようにする。
【解決手段】 携帯電話10Aから他の携帯電話10B宛のメールを作成して送信する際、メール本文中に、地図情報配信コンピュータシステム80に対する所在地図要求用アドレスに、携帯電話10Aの現在位置を付随させた情報をリンク情報とする所在リンクを書き込み、当該携帯電話10B宛に送信し、当該他の携帯電話10Bでは、受信したメール本文中に書き込まれたリンクを選択し、対応するリンク情報の示す地図情報配信コンピュータシステム80にアクセスすることで、メール送信側の所在を示す所在位置マーク付の地図情報を受信し、所在位置マーク付の地図を表示することができる。 (もっと読む)


【課題】 視覚障害者が容易に且つ安全に横断歩道を渡り通行することができる無線通信システムを提供することである。
【解決手段】 本発明の無線通信システムは、自機から通信可能範囲内にある携帯電話端末を検索し、交通信号機の状態情報を送信する機能を備えた交通信号機と、前記状態情報を解析しユーザーに音声通知を行う携帯電話端末とから成ることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】 自動販売機などの土地固定物から本来の利用目的以外のサービスを受けることが困難であった。
【解決手段】 土地固定物1において、通信装置11が、基地サーバ2との間でデータ通信を実行し、コンピュータ13が、操作パネル15に入力された操作に応じた処理を実行するとともに、通信装置11により取得された基地サーバ2からのデータを処理し、処理の結果をディスプレイ14に表示させる。 (もっと読む)


【課題】 配設時の作業負担や配設コストを低減させ、適切な音量にて歩行者に歩行者信号の状態を可聴表示することができる音響式歩行者信号付加装置を提供する。
【解決手段】 電源回路11は青色灯色信号PGの供給に応じてこれを整流および安定化して直流電圧の電源出力21の出力を開始し、起動回路12はこの電源出力21に応じて起動出力23を出力する。これに応じて音声生成回路15から横断可を示す所定の音声出力24が出力され、増幅回路16を介してスピーカ17から歩行者に出力される。 (もっと読む)


【目的】 オペレータの経路検索を省き、発券時に旅客の待ち時間を短縮することが可能な経路確定システムを提供すること。
【構成】 システムの制御部1は、乗車駅/降車駅から各々の代表駅を検出する代表駅検索部3と、該代表駅が使用可能な路線を検索する路線検索部5と、各々の使用可能路線を比較し共通する路線を検索する共通路線検索部7と、乗/降駅側それぞれの路線における共通する路線分岐駅を検索する共通路線分岐駅検索部9と、共通路線分岐駅を経由駅とし路線を結び経路とする経路とする経路選定部11と、予め決められた経路パターンを保有する経路パターン保有部12と、経路パターン上に乗降車駅がある場合にその経路パターンを抽出する経路パターン抽出部13と、記憶部2,4,6,8,10などからなっている。 (もっと読む)


1,461 - 1,470 / 1,470