説明

国際特許分類[G08G1/01]の内容

物理学 (1,541,580) | 信号 (47,547) | 交通制御システム (25,881) | 道路上の車両に対する交通制御システム (25,491) | 計数または制御されるべき交通量の検出 (1,848)

国際特許分類[G08G1/01]の下位に属する分類

国際特許分類[G08G1/01]に分類される特許

31 - 40 / 820


【課題】人手を介さずに移動体判定情報を生成することができる移動体判定情報生成装置、移動体判定情報生成システム、コンピュータプログラム及び移動体判定情報生成方法を提供する。
【解決手段】車両検出部102は、移動体を示す画素領域である移動体領域を検出する。車両追跡部103は、車両検出部102で検出した移動体領域を、その後の撮像時点での撮像画像上で追跡領域として追跡する。データ収集部106は、車両検出部102での検出結果及び車両追跡部103での追跡結果に基づいて、検出した移動体領域又は追跡した追跡領域が移動体を示すか又は非移動体を示すかを区別した移動体判定情報を生成する。 (もっと読む)



【課題】交通状況にかかわらず交通評価指標の再現性を向上させることができる交通評価装置、コンピュータプログラム及び交通評価方法を提供する。
【解決手段】交通シミュレータ10は、車両の移動モデルを表す計算式に基づいて演算を行うシミュレータエンジン部11、所与のOD交通量に基づいて発生交通量及び消滅交通量を算出する交通量算出部12、算出された交通量に基づいて各リンクでの推定交通量を算出(推定)する推定交通量算出部14、推定交通量と実測交通量との差に基づいて推定交通量を調整するために起点交通量及び終点交通量を生成する起点終点生成部16、所定の情報を記憶する記憶部20などを備える。 (もっと読む)



【課題】渋滞の発生要因と発生エリアをより的確に提供する。
【解決手段】複数の車両から提供される車両位置及び車両挙動の情報を含むプローブ情報に基づき、渋滞の発生エリアを検出する。そして、検出した渋滞の発生エリアと地図情報とから渋滞の発生要因を推定して、上記渋滞の発生エリア及び発生要因の情報を提供する。 (もっと読む)



【課題】渋滞の発生エリアとその渋滞の原因を提供する。
【解決手段】複数の車両から提供される車両位置及び車両挙動の情報を含むプローブ情報に基づき、渋滞の発生エリアを検出すると共に、車両が送信した上記渋滞の発生エリアの映像を取得する。そして、本発明の一態様では、その渋滞の発生エリアの位置情報及び映像データを、渋滞提示情報として提供する。 (もっと読む)





31 - 40 / 820