国際特許分類[G08G1/01]の内容

物理学 (1,541,580) | 信号 (47,547) | 交通制御システム (25,881) | 道路上の車両に対する交通制御システム (25,491) | 計数または制御されるべき交通量の検出 (1,848)

国際特許分類[G08G1/01]の下位に属する分類

国際特許分類[G08G1/01]に分類される特許

1 - 10 / 820



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 273


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 273

【課題】イベント開催時における、イベント開催位置周辺の車両走行を回避すべき回避エリアを生成する装置及びその方法を提供する。
【解決手段】イベントの開催位置の周辺における回避エリアを生成する方法であって、該イベントの開催に伴う車両の通行規制に関する情報を保存し、地図データ保存部から、該イベントの開催位置を特定し、該車両の通行規制に関する情報を参照して、該イベントに関連付けられ、かつ、該通行規制の付されたエリアを規制エリアと特定し、特定された該開催位置から第1の距離内に設けられた、交通手段の乗降位置を特定し、特定された該乗降位置及び該規制エリアに基づいて生成される第1のエリアを、該車両が回避すべき回避エリアとする。 (もっと読む)


【課題】不特定の場所で偶発的に発生し得る渋滞に対し、早期に渋滞の発生を抑制するため車群制御を行うことのできる技術を提供する。
【解決手段】先行車群内を走行している機能化車両(本発明の車両制御装置を搭載した車両)が、自車群内で全体的な速度低下が発生する等の渋滞の兆候を検知した場合、その場所を渋滞候補箇所として検出し、その渋滞候補箇所に関する渋滞候補情報を後続車群内の機能化車両に伝達する。後続車群内を走行している機能化車両は、先行車群の機能化車両からの渋滞候補情報を受信すると、その渋滞候補情報の内容と自車群の走行状況とに基づいて、当該渋滞候補箇所での渋滞を抑制するための自車群の走行方法に関する制御内容を決定し、その制御内容に従って自車群の走行を制御する。 (もっと読む)


【課題】 他車両2Bとの関係で発生し得る事故の危険性を、自車両2Aの搭乗者に正確に報知できるようにする。
【解決手段】 本発明は、他車両2Bに生じた異常事象を自車両2Aの搭乗者に報知する交通システムに関する。このシステムは、他車両2Bの車両情報に基づいて、他車両2Bに関する異常事象の有無を判定する判定手段(車載コンピュータ31)と、判定手段による判定結果が異常事象ありの場合に、他車両2Bに異常事象が発生したことを自車両2Aの搭乗者に報知する報知手段(ディスプレイ36又はスピーカー37)と、を備える。 (もっと読む)


【課題】交通システム用無線通信装置内の異常箇所の特定を容易にすることができる交通システム用無線通信装置および送信異常検出方法を提供する。
【解決手段】交通データに基づいて交通設備を制御するための交通システムにおいて、交通データを含む無線信号の送信を行うための交通システム用無線通信装置1であって、筐体27と、筐体27内に設けられ、筐体27外へ交通データを含む無線信号を送信するためのRF部23と、筐体27内に設けられ、RF部23から送信される無線信号を取得するための内部アンテナ25と、内部アンテナ25が取得した無線信号の受信レベルに基づいて、RF部23に異常が生じているか否かを判定するための判定部26とを備える。 (もっと読む)


【課題】プローブ情報を収集して交通情報を生成するシステムにあって、交通情報センタが配信する交通情報と実際の道路状況とが異なる場合に、信頼性の高い交通情報の更新を行う。
【解決手段】交通情報提供システム1は、車両2に搭載されプローブ機能を有する車載器3と、各車両2から送信されるプローブ情報を収集して交通情報を生成し各車両2に配信する交通情報センタ4とを含む。車載器3において、自車両2の走行実績情報と交通情報センタ4から配信された交通情報と間で乖離の有無を判定し、乖離があると判定した場合に該交通情報センタ4に対して乖離情報を送信する。交通情報センタ4側では、同一の道路リンクに関しての乖離情報を複数の車両2から受信することを条件に、当該道路リンクにおける交通情報を更新する。 (もっと読む)


【課題】本発明は、プローブ車両からオートクルーズに関する情報を直接取得することができないプローブ情報端末を備えるプローブ情報システムの信頼性を高めることが可能な技術を提供することを目的とする。
【解決手段】本発明に係るセンター側システム301は、受信部326で受信したプローブ車両位置情報と、地図DB314に格納されている地図情報とに基づいて、プローブ車両151がオートクルーズで走行中か否かを判断するオートクルーズ走行判断部315と、オートクルーズ走行判断部315で判断された結果と、地図DB314に格納されている地図情報とに基づいて、車両の走行可能速度を含む交通状況を推定する交通状況推定部318と、交通状況推定部318で推定された交通状況を外部に送信する送信部327、または交通状況を外部からのアクセスによって閲覧可能とする閲覧手段とを備える。 (もっと読む)


【課題】渋滞予測の演算負荷を軽減すると共に、渋滞の抑制または解消を可能とし、車両が渋滞に巻き込まれることを回避するための走行支援の実行時の動作負荷を低減する。
【解決手段】サーバ側渋滞解消走行支援方法は、地図情報に基づき仮想ノードを設定するステップと、仮想ノード間に存在する車両2を代表する代表車両の加速度の周波数分析からパワースペクトルを算出するステップと、パワースペクトルの単回帰直線の傾きの変化量の極大値を傾き極大値として算出するステップと、代表車両と先行車両との車間距離から車間距離分布を推定し、共分散の最小値を算出するステップと、共分散の最小値と傾き極大値との相関関係から代表車両の前方の車群分布を推定するステップと、車群分布に基づきリアルタイム渋滞予測をおこなうステップと、仮想ノード間に存在する車両2に対してリアルタイム渋滞予測の情報を提供するステップと、を含む。 (もっと読む)


【課題】装置構成が複雑化したり、装置構成に要する費用が嵩むことを防止しつつ、信号機の位置を精度良く検出する。
【解決手段】ナビゲーション装置10は、車両の加速度の周波数分析から周波数に対応するパワースペクトルを算出する周波数分析部26と、パワースペクトルに基づき渋滞予兆度を算出する渋滞予測部29と、地図データ記憶部11に記憶された信号機の位置情報および現在位置検出部23により取得された車両の現在位置に基づき、信号機が現在位置から所定範囲内に存在するか否かを判定する位置判定部24と、を備える。渋滞予測部29は、予め渋滞予兆度の大小と現在位置から信号機までの距離の長短との相関を示すデータを記憶し、信号機が現在位置から所定範囲内に存在する場合に、渋滞予兆度に応じて現在位置から信号機までの距離を推定する。 (もっと読む)


1 - 10 / 820