説明

国際特許分類[G08G1/04]の内容

物理学 (1,541,580) | 信号 (47,547) | 交通制御システム (25,881) | 道路上の車両に対する交通制御システム (25,491) | 計数または制御されるべき交通量の検出 (1,848) | 光学式または超音波式検出装置を用いるもの (558)

国際特許分類[G08G1/04]に分類される特許

71 - 80 / 558





【課題】MTBFが長く、かつ設置コストが低い車両検知システムを提供する。
【解決手段】レーザセンサ1は、中心軸Oの径方向外側に向かうレーザを当該中心軸Oの周方向に亘って出射する。反射板2は、アンテナ4の通信範囲における車両進行方向後方の端に相当する直線である第1の直線上、及びアンテナ4の通信範囲における車両進行方向前方の端に相当する直線である第2の直線上にレーザが照射されるように、レーザセンサ1が出射するレーザの一部を反射させる。 (もっと読む)


【課題】時間とともに刻々と変化する死角領域周辺の状況を考慮して危険度を設定することにより精度の高い危険度算出を行うことができる危険度算出装置を提供する。
【解決手段】本発明に係る危険度算出装置は、車両走行における交通環境情報を取得する交通環境情報取得手段と、障害物が形成する死角領域を検出する死角領域検出手段と、交通環境取得手段により取得された交通環境情報から死角領域の危険度に寄与する動的情報を抽出する動的情報抽出手段と、検出された死角領域の危険度に寄与する動的情報に基づいて死角領域の危険度を設定する危険度算出手段とを備える。 (もっと読む)






【課題】前方に存在する対象物までの距離を、精度良く推定する。
【解決手段】車両から対象物までの推定距離を順次算出する。次に、第1の画像を基準に算出された第1の推定距離と、第2の画像を基準に算出された推定距離との差を、第1の画像が撮影された時刻から、第2の画像が撮影された時刻までの間に、車両が走行した走行距離と比較する。そして、比較結果から推定距離の妥当性が肯定された場合には、正確に算出された推定距離から走行距離を減算することで、対象物までの推定距離を更新する。これにより、一度正確な距離が推定された後は、その後に距離の推定が困難な状況になっても、安定して推定距離を更新することができる。 (もっと読む)


71 - 80 / 558