説明

国際特許分類[G08G1/048]の内容

物理学 (1,541,580) | 信号 (47,547) | 交通制御システム (25,881) | 道路上の車両に対する交通制御システム (25,491) | 計数または制御されるべき交通量の検出 (1,848) | 環境または条件による補償装置を持つもの,例.雪,検出装置の所で止まった車両 (5)

国際特許分類[G08G1/048]に分類される特許

1 - 5 / 5




【課題】路面に積雪がある場合のように入力レベルが背景レベルまで戻りにくい状況が生じても、感知ON時間が長くなりすぎるのを防止する。
【解決手段】道路R上の監視領域Aの温度を検出する検出部2から得られた入力レベルと、道路Rの温度レベルに基づく背景レベルと、の差に基づく値を比較値とし、前記比較値と閾値とを比較して車両の有無の判定を行う判定部32と、少なくとも車両有りの判定がされている間において、車両無しの判定をするために用いられる閾値Loの調整を行う閾値調整部34と、を備えている。前記閾値調整部34は、車両無しの判定から車両有りの判定に切り替わってから前記所定時間を経過したことを契機として、閾値Loを増加させる急増処理を実行する。 (もっと読む)


【課題】偽造燃料フィルタや粗悪燃料の使用を、移動体の動作環境によらずに精度よく検出することが可能な移動体管理装置、移動体監視システム、および燃料フィルタの異常検出方法を提供する。
【解決手段】移動体と通信され、燃料フィルタの純正品に対する圧力データの履歴情報(正規履歴情報)を記憶する移動体管理装置が、移動体から受信した圧力データの履歴情報(移動体履歴情報)を生成し、この移動体履歴情報と正規履歴情報とを比較し、両者に相関がない場合には、移動体履歴情報の初期値と変化量を参照して燃料フィルタの異常を検出する。 (もっと読む)


【課題】 より軽量で検知精度に優れる車両検知システムを提供する。
【解決手段】 道路上の監視範囲を通過する車両を検知する車両検知システム1であり、検知対象が発する赤外線を感知するセンサ2と、このセンサ2の検知方向前方に配置される赤外線透過レンズ3と、センサ2に伝達される赤外線のうち、レンズ3を透過した赤外線以外の赤外線の量が外部環境によって変化するのを緩和する熱緩和材4とを具える。熱緩和材4は、外部環境によって放射する赤外線量が変化しにくいように熱伝導率が低い材料で形成する。 (もっと読む)


1 - 5 / 5