国際特許分類[G08G1/123]の内容

物理学 (1,541,580) | 信号 (47,547) | 交通制御システム (25,881) | 道路上の車両に対する交通制御システム (25,491) | 車両の位置の表示,例.時刻表によって運行される車両 (2,250)

国際特許分類[G08G1/123]の下位に属する分類

国際特許分類[G08G1/123]に分類される特許

1 - 10 / 186


【課題】電気車両が目的地まで走行可能か否かを適切に判別する。
【解決手段】サービス提供サーバー10の走行可否判別部78は、電気車両たるタクシーが現在地から目的地まで走行可能か否かを判別する際、目的地に到達後に経由可能な充電スタンドである対応充電スタンドを検索した上で、現在地から目的地を経由して対応充電スタンドに至るまでの経路である特定経路を検索し、当該特定経路を車載バッテリーの残量不足が生じることなく走行できるか否かを判別し、走行できる場合はタクシーが目的地に走行可能であると判別する。 (もっと読む)


【課題】営業区域に関する法令を遵守するために役立つタクシー車両用制御装置を提供する。
【解決手段】タクシーの営業に関して予め定められた営業可能区域を表す基準位置情報を保持する基準位置情報保持部30と、タクシー車両の現在位置を表す情報を取得する位置情報取得部10と、前記位置情報取得部が取得した最新の現在位置と、前記基準位置情報保持部が保持している基準位置情報とを比較して前記営業可能区域の内側か否かを自動的に識別し、識別結果を少なくとも表示状態に反映するタクシー制御部110とを備える。営業区域の内外でウインドサイン65の表示を自動的に切り替え、ボタン操作の許可/禁止も自動的に制御する。 (もっと読む)


【課題】セルラー・ネットワークを介して乗物の状態をモニターするシステム及び方法を提供する。
【解決手段】乗物の状態をモニターするシステムにおいて、乗物の状態に関する情報を含む少なくとも1つのデータベースを持つ少なくとも1つのネットワーク情報リポジトリーサーバーを備える。少なくとも一つの情報リポジトリーサーバーは、モバイルステーションによって感知された実際の情報に基づいて予期された乗物の状態との比較を実行するモバイルステーションから更新情報を受信し、矛盾を特定した後、ネットワーク情報リポジトリーサーバーに更新情報を送信する。ネットワーク情報リポジトリーサーバーは、モバイルステーションにブロードキャストあるいはマルチキャストするために携帯ネットワークに更新情報を送信し、あるいはモバイルステーションに携帯インターフェースを介してあるいはワイヤレスで情報を送信する。 (もっと読む)


【課題】出庫不可能であると判断された乗務員による営業を開始させることなく、出庫処理の確実性を向上させることができる出庫処理システムを提供する。
【解決手段】車両管理装置3には、アルコールチェッカ11および免許証読取機13が設けられている。出庫前チェック時、タクシー乗務員は、アルコールチェッカ11でアルコール濃度の測定を行い、免許証読取機13に免許証を挿入し、免許証の内容を読み取らせる。車両管理装置3は、これらのチェック項目の内容をチェックし、タクシー乗務員の出庫の可否を判定する。出庫が可能である場合、車両データベース15に登録された車両の中から、当日の乗務予定の車両を割り当てる。タクシー乗務員は、タクシー車両6に乗車してタクシーメータ5に乗務員証カードを挿入する。タクシーメータ5は、車両管理装置3から通知される出庫確認データをもとに、出庫不可である場合、画面に警告表示を行う。 (もっと読む)


【課題】局地的に発生する気象変動を精度良く予測するために利用可能な情報を提供することで、効率的な配車を行うことができる配車管理システム及び配車方法、並びに、車両の効率的な運行を支援することができる車両運行支援システム及び車両運行支援方法等を提供すること。
【解決手段】配車管理システム1は、分散して配置される複数の気象計測装置2と、気象データ処理装置4と、配車管理装置5と、を含む。気象計測装置は、少なくとも気圧センサー10を備える。気象データ処理装置は、複数の気象計測装置の各々が計測した気象データを取得する気象データ取得部31と、気象データ取得部が取得した気象データに基づいて、局地的な気象変動の有無又は発生予測に利用可能な気象変動情報をリアルタイムに生成する気象変動情報生成部32と、を含む。配車管理装置は、気象データ処理装置が生成した気象変動情報を取得して外部に出力(表示部84に表示等)する。 (もっと読む)


【課題】乗務員の操作によるデータの改ざんや消去を防止すると共に、乗務員が事務所に戻ることなく不具合の発生した運行カードの初期化を行うことを可能にする。
【解決手段】車両に搭載される運行記録計100と、所定の管理装置200との間で無線通信が可能な状況において、前記運行記録計の動作を制御するための運行カード初期化方法であって、前記運行記録計側で装着された運行カードに対するデータ書き込みエラー発生を監視し(S21)、データ書き込みエラー発生の状況が所定の条件を満たす場合、前記運行記録計側から前記管理装置に対して書き込み不良通知を送信し(S22)、前記管理装置は前記書き込み不良通知を受信した場合に、前記運行記録計に対して運行カードの初期化を許可するフォーマットコマンドを送信する(S32)。フォーマットの前に記録された運行データを転送する(S23)。 (もっと読む)


【課題】電力の過不足が生じる時に、電力の送受電を行う対象車両が、極力、互いに無駄なルートを走行せずに出会うことができるように、充電要求車両と放電要求車両とのペアリングを行う電力送受電システムを提供する。
【解決手段】情報センター13が、データベース43に、充電要求車両と放電要求車両とに分類しつつ、各車両の現在位置、進行方向及び目的地に関する情報を記録しておく。従って、データベース43に記録された情報に基づいて、各車両が、将来、走行する道路を予測することができる。このため、同時期に共通のエリアを走行し得る充電要求車両と放電要求車両とをペアリング車両として抽出することが可能になる。この結果、ペアリングされる充電要求車両及び放電要求車両とも、極端な迂回ルートを取らずに、送受電を行う相手車両に出会うことが可能になる。 (もっと読む)


【課題】迎車依頼に対する利便性を向上した車載端末装置を提供する。
【解決手段】複数のタクシー2にそれぞれ搭載される複合型のタクシーメータ11であって、迎車を依頼する顧客が有する携帯端末41から入力された顧客の迎車依頼情報を、自タクシー2に割り当てられた固有のメールアドレス宛のメールによって受信する受信手段と、受信手段が受信したメールの迎車依頼情報中に含まれる迎車位置情報に基づいて、顧客が依頼する迎車指定場所を生成して表示する表示器12と、表示器12に表示された迎車指定場所に対する迎車依頼に応じる場合に操作される迎車スイッチ17と、迎車スイッチ17が操作された場合に、迎車依頼情報中に含まれる携帯端末41のメールアドレス宛に、車両識別情報を含む迎車可能情報をメールで出力する迎車可能情報出力手段とを有する。 (もっと読む)


【課題】 バッテリの消費電力量を考慮してバッテリに充電された電力で走行可能な範囲を適切にユーザに通知して支援する運転支援装置を提供すること。
【解決手段】 運転支援装置10の電子制御ユニット11は、記憶ユニット13の走行情報データベース13aを検索して過去の車両の走行に伴って登録された消費電力量を取得し、この消費電力量を用いて現在走行している車両の予測消費電力量を算出する。一方、ユニット11は、充電状態検出センサBから取得したバッテリ残量を取得し、バッテリの劣化状態を加味してバッテリ残量を補正する。そして、ユニット11は、予測消費電力量と補正したバッテリ残量とを比較し、予測消費電力量がバッテリ残量よりも大きくなるとき、ユーザに対して通知を行う。ユーザは、通知に従うことにより、バッテリ残量が不足してしまう前に、例えば、自宅まで確実に戻ることができる。 (もっと読む)


【課題】管理センタにおいて、車両の遅延状況を容易に把握することができる車両運行システムを提供する。
【解決手段】管理センタと、管理センタとネットワークにより接続された基地局と、基地局と無線により接続された複数の移動局とを備える車両運行システムを、次のように構成する。管理センタは、依頼者から配車依頼を受けると移動局に対して配車指示を送信し、移動局は、配車指示を受信すると、第1の到着予想時刻を算出して管理センタへ送信し、管理センタは、移動局からの第1の到着予想時刻を依頼者へ通知し、移動局は、移動中に第2の到着予想時刻を算出して管理センタへ送信し、管理センタは、第1の到着予想時刻と第2の到着予想時刻の差が所定値以上である場合に、第2の到着予想時刻を配車時刻として依頼者へ通知する。 (もっと読む)


1 - 10 / 186