国際特許分類[G08G1/13]の内容

国際特許分類[G08G1/13]に分類される特許

101 - 110 / 1,117


【課題】 交通事故や道路障害等のイベントの通知情報を、それを必要とする車両に確実かつ効率的に提供する。
【解決手段】 本発明は、車両通行に支障が生じるイベントの通知情報を車両5に提供する情報提供装置1に関する。この装置1は、記イベントの発生を検出して通知情報を生成する生成手段102と、情報提供すべき提供対象の属性と、その属性ごとの優先順位を定めた抽出ポリシーPL1を記憶する記憶手段105と、抽出ポリシーPL1に含まれるいずれかの属性に適合する対象車両を抽出し、当該属性に対応する優先順位を対象車両に付与する抽出手段103と、付与された優先順位の順序で対象車両に通知情報を通知する通知手段101とを備える。 (もっと読む)


【目的】設備の有効活用を図り、速度違反に留まらず多項目にわたって交通監視を行うことを可能にした交通監視システム、更には、車両に搭載すべき装置のコスト低減を可能にした交通監視システムを提供する。
【構成】
標識監視装置は、速度制限、駐車禁止、一方通行、進入禁止等の道路交通規制情報を送信し、車両に搭載した車両情報申告装置は、違反判定手段と、違反していると判断した場合に自己車両識別情報と違反情報とを、標識監視装置に送信する。また、違反判定手段を標識監視装置側に備えてもよい。 (もっと読む)


【課題】自転車の現在位置をリアルタイムで把握できるとともに、当該自転車の持ち主を特定して、事故等に対する共済システムを運用可能にすること。
【解決手段】本発明は、識別情報が記録された記憶手段と、GPSを利用して位置情報を取得するGPS手段と、送信手段と、バッテリーと、表示手段とを備えた自転車の位置情報を管理する管理手段を用いた共済システムであり、共済管理手段と、共済検索手段と、払い戻し金額を計算する計算手段とを備え、所有者が払戻金を請求するときには、認証情報と識別情報とに基づいて出力された出資金情報に基づいて計算手段によって算定された払戻金を受け取ることができ、共済管理手段の管理者が、自転車の持ち主を検索するときには、自転車の記憶手段から読み出した識別情報を、入力手段を用いて入力して共済管理手段を検索することによって、対応する認証情報に基づいて組合員を特定し得るように構成されている。 (もっと読む)


【課題】交差点での信号制御の適否を判定することができる信号制御判定装置、コンピュータプログラム及び信号制御適否判定方法を提供する。
【解決手段】取得数算出部107は、任意の時間帯に主道路R1及び従道路R2を走行した車両から取得したプローブ情報の取得数を算出する。判定部105は、算出した従道路R2での取得数に対する主道路R1での取得数の割合又は差異に基づいて、交差点での信号制御の適否を判定する。例えば、判定部105は、従道路での取得数に対する主道路での取得数の割合又は差異が所定の閾値以上である場合、交差点が半感応対象の交差点であると判定する。 (もっと読む)


【課題】車両の正確な位置情報を通報する。
【解決手段】 道路上に設置されたDSRCアンテナを識別するための固有のビーコンIDと当該DSRCアンテナの設置位置に対応した第1位置情報とを対応付けしたデータベースを記憶する記憶部と、自車両の走行時にDSRCアンテナと無線通信を行って当該DSRCアンテナのビーコンIDを取得する通信部と、前記通信部により取得したビーコンIDに基づいて前記記憶部に記憶された前記データベースを参照し当該ビーコンIDに対応する第1位置情報を検出する第1位置情報検出部と、自車両の現在地に対応した第2位置情報を検出する第2位置情報検出部と、自車両の緊急事態の発生を検知する通報スイッチと、前記通報スイッチにより緊急事態の発生を検知したのに基づいて前記第1位置情報検出部によって検出された第1位置情報及び前記第2位置情報検出部によって検出された第2位置情報を通報する通報部と、を備えた車載システム。 (もっと読む)


【課題】所望する区間のプローブデータを確実に収集することができる、プローブデータ収集システムおよびプローブデータ収集システムの動作方法を提供すること。
【解決手段】各車載装置が、位置情報生成部、車載装置送信部と、プローブデータ生成部と、プローブデータ保存部とを備える。サーバ装置は、サーバ受信部と、位置情報格納部を参照し、前回の位置データと今回の位置データとに基づいて、前回から今回までの前記各車両の走行区間が、予め定められたプローブデータの収集対象区間を含んでいるか否かを判定し、含んでいる場合に、前記各車両をプローブデータ収集対象車両として選択する、車両選択部を備える。 (もっと読む)


【課題】走行パターンが変化する自動車での走行に対応した運転監視システムを提供する。
【解決手段】自動車の走行する位置と時刻を検出する車両位置検出部10と、検出した走行位置と時刻を走行履歴として蓄積するとともに、走行履歴から自動車の走行パターンを推定する推定部20と、走行位置と時刻の情報をもとに自動車の走行状態を認識するとともに、認識した走行状態と推定部で推定された走行パターンとを比較して走行状態と走行パターンとの乖離を判断する判定部30と、判断結果を所定の通信端末に対し送信する通信部40とを備える。 (もっと読む)


【課題】プローブ情報の収集における無駄な通信コストを抑えることを可能にする。
【解決手段】VICSセンタ3は、ナビゲーション装置1から収集したプローブ情報をもとに、統計処理必要量のプローブ情報が収集済みの収集済み道路と統計処理必要量のプローブ情報が収集済みでない非収集済み道路とを判別する判別部34を備え、判別部34で収集済み道路と非収集済み道路とを判別した情報である収集状況情報をナビゲーション装置1に送信し、ナビゲーション装置1は、VICSセンタ3から送信された収集状況情報をもとに、収集済み道路についてのプローブ情報のVICSセンタ3への送信を行わないようにする。 (もっと読む)


【課題】消費電力の増大を抑えながら経路情報を生成し、その経路上の関連情報を組み合わせた軌跡情報を生成することができるセンシングシステムを提供すること
【解決手段】本発明にかかるセンシングシステムは、移動通信装置50の移動に応じて、少なくとも2点における移動通信装置50の位置情報を取得する位置情報取得部11と、位置情報と、位置情報を取得したタイミング情報とを用いて、少なくとも2点間の移動経路を推定する経路推定部12と、少なくとも2点の位置情報を取得する間に、センサ情報を取得するセンサ情報取得部13と、センサ情報の取得タイミングを用いて、推定された移動経路上におけるセンサ情報の取得位置を推定し、センサ情報と推定された移動経路とを組み合わせた移動通信装置50の軌跡情報を生成する軌跡情報生成部14と、を備えるセンシングシステム。 (もっと読む)


【課題】他の車両にとっても最適となる経路を演算する、ナビゲーションシステム、情報提供装置、及び、運転支援装置を提供する。
【解決手段】運転手による運転の属性又は車両の属性の何れか一方の属性を取得する属性取得手段と、車両の現在地を取得する位置取得手段と、現在地と属性とに応じて、車両の走行群を地図上に設定する走行群設定手段と、属性取得手段により取得された属性に対応する走行群を走行して、現在地から目的地に到達するまでの推奨経路を探索する経路探索手段とを備える。 (もっと読む)


101 - 110 / 1,117