説明

国際特許分類[G08G1/16]の内容

物理学 (1,541,580) | 信号 (47,547) | 交通制御システム (25,881) | 道路上の車両に対する交通制御システム (25,491) | 衝突防止システム (7,349)

国際特許分類[G08G1/16]に分類される特許

31 - 40 / 7,349


【課題】車両の走行状態を短時間で適切に判断することができる車線逸脱検出装置車線逸脱検出装置を提供する。
【解決手段】車両Aに搭載された、車両A前方を撮影する撮影手段10と、撮影手段10によって撮影された画像Pに基づいて車両Aの走行状態を検出する走行状態検出手段20と、を備えており、撮影手段10は、車両Aの前端部および車両Aが走行する車道Rが同一画像P内に撮影されるように配設されており、走行状態検出手段20は、撮影手段10によって撮影された画像Pにおいて、車両Aの前端部直前の車道Rと平行な短冊状領域を検出領域DAとして設定する検出領域設定部21と、検出領域DA内に位置する、走行車線TLを区切る標示線LMを検出する標示線検出部22と、標示線LMの存在位置と検出領域DAに設定された複数の判断領域SA,BAとに基づいて、車両Aの走行状態を判断する走行判断部23を備えている。 (もっと読む)


【課題】車両の運転過程においてドライバーの運転行為を分析し、ドライバーのそのときの運転行為に対して警告を与える、運転行為分析警告システムを開発すること。
【解決手段】本発明の運転行為分析警告システムは車両の走行過程に用い、ドライバーの運転行為を検出し、且つ前記運転行為に対応する警告信号を提供し、そのうち前記分析警告システムがデータ収集ユニットにより前記車両の外部及び(または)内部の走行データを取得し、内部にアルゴリズムが組み込まれた分析モジュールで分析・演算を行って安全運転信号を生成し、出力ユニットにより出力して前記ドライバーに前記ドライバー自身の前記運転行為が正常運転または異常運転の状態にあるか判断させ、危険運転による傷害を回避することができる。このほか、本発明は同時に運転行為の分析・警告方法も提出する。 (もっと読む)


【課題】レーダーによって検知された物体の性質と車両の走行環境に応じた適切な衝突安全制御を行うことが可能な車両用制御装置を提供すること。
【解決手段】位置情報出力手段により出力された反射点の位置情報に基づき、反射点を含む物体との衝突を回避又は緩和するための安全制御を行う衝突安全制御手段と、車両の進行方向に直交する方向に関する反射点の変化量が所定量未満である状態が継続すると増加する傾向の指標値を算出し、指標値が閾値を超える場合に当該反射点についての衝突安全制御を行わないように衝突安全制御手段に指示する衝突安全制御キャンセル手段と、を備え、衝突安全制御キャンセル手段は、車両がカーブ路の入口付近を走行していると判定された場合に、車両がカーブ路の入口付近を走行していないと判定された場合に比して、閾値を大きくする車両用制御装置。 (もっと読む)


【課題】 無駄な計算処理を少なくするとともに、計算に要する時間を短くすることができる走行進路生成装置および走行制御装置を提供する。
【解決手段】 走行進路生成ECU10における一時的到達位置算出部11は、走行進路算出時間と制限車速に基づいて、一時的到達位置距離を算出し、一時的到達位置距離に含まれる各位置の中から一時的到達位置を算出する。この一時的到達位置と、自車両の位置とを繋いで、走行進路を生成する。 (もっと読む)


【課題】移動体が移動する際の安全を確保するための画像処理装置を提供する。
【解決手段】移動体の予測軌道と、三次元モデルにおける移動体の位置及び大きさと、三次元モデルにおける立体物の大きさ及び位置とに基づいて、三次元モデルにおいて予測軌道上で移動体が立体物に接触するか否か判定する接触判定部260を備える。また、ステレオカメラの画像に基づいて距離を測定し、立体物の位置及び大きさを算出する。さらに、算出した横幅の接触量に基づいて予測軌道を変更した上で接触するか否か判定する。 (もっと読む)


【課題】自車両の運転をより適正に改善可能とする。
【解決手段】他車両からのクレーム発生を示すクレーム情報を取得し、取得されたクレーム情報が示すクレーム発生時の自車両の状況や、クレーム発生時の自車両と他車両との相対位置関係に基づいて自車両の運転シーンを特定し、特定された運転シーンの発生回数を積算し、積算された運転シーンの発生回数に基づいて、自車両の運転に対してアドバイスする情報である運転アドバイス情報を報知すべき情報として設定する。即ち、他車両からのクレーム発生時の自車両の状況や他車両との相対位置関係により特定される運転シーンの発生回数という統計データに基づいて、報知すべき運転アドバイス情報を設定し、設定した情報を報知する。これにより、自車両の運転をより適正に改善可能とすることができる。 (もっと読む)


【課題】ブロードキャスト送信を効率的に実行する技術を提供する。
【解決手段】RF部52、変復調部54は、複数の携帯用端末装置から報知された信号をそれぞれ受信する。グループ化実行部68は、受信した信号をもとに、複数の携帯用端末装置のうちのいずれかを選択する。変復調部54、RF部52は、選択結果を報知する。選択された携帯用端末装置は、信号の報知を継続し、選択された携帯用端末装置以外の携帯用端末装置は、信号の報知を停止する。 (もっと読む)


【課題】車両の運転者が対象者の存在を認識しているか否かを対象者自身が知ることができるようにすること。
【解決手段】車両から所定範囲の画像を撮像する撮像装置と、撮像した前記画像から対象者を検出する対象者検出装置と、前記対象者が前記車両の運転者に認識されたか否かを判定する制御装置と、前記対象者が前記車両の運転者に認識されたと判定されたときと、前記対象者が前記車両の運転者に認識されたと判定されなかったときとで、投影パターンを異ならせて前記対象者から所定距離の位置に投影を行う投影装置と、を備える安全支援装置。 (もっと読む)


【課題】ブロードキャスト送信を効率的に実行する技術を提供する。
【解決手段】RF部52、変復調部54は、複数の携帯用端末装置から報知された信号をそれぞれ受信する。グループ化実行部68は、受信した信号をもとに、複数の携帯用端末装置のうちのいずれかを選択する。変復調部54、RF部52は、選択結果を報知する。選択された携帯用端末装置は、信号の報知を継続し、選択された携帯用端末装置以外の携帯用端末装置は、信号の報知を停止する。 (もっと読む)


【課題】車両ドライバの特定にかかる利便性の高い運転操作の学習を通じての車両ドライバの特定をより高精度に行うことのできる車両ドライバの特定装置及び車両ドライバの特定方法を提供する。
【解決手段】車両100には、ドライバによる運転操作の特徴量を示すデータが当該運転操作の行われた走行環境の別に登録されるデータベース150が設けられている。車載制御装置140を構成する前方車両識別部142は、車両100の進行方向前方を走行する前方車両を識別する。ドライバ特定処理部144は、前方車両識別部142の識別結果、ドライバによる運転操作の特徴量、及びデータベース150に登録されたデータを用いて車両100のドライバを特定する処理を行う。 (もっと読む)


31 - 40 / 7,349