説明

国際特許分類[G08G1/16]の内容

物理学 (1,541,580) | 信号 (47,547) | 交通制御システム (25,881) | 道路上の車両に対する交通制御システム (25,491) | 衝突防止システム (7,349)

国際特許分類[G08G1/16]に分類される特許

41 - 50 / 7,349


【課題】車両の運転者が対象者の存在を認識しているか否かを対象者自身が知ることができるようにすること。
【解決手段】車両から所定範囲の画像を撮像する撮像装置と、撮像した前記画像から対象者を検出する対象者検出装置と、前記対象者が前記車両の運転者に認識されたか否かを判定する制御装置と、前記対象者が前記車両の運転者に認識されたと判定されたときと、前記対象者が前記車両の運転者に認識されたと判定されなかったときとで、投影パターンを異ならせて前記対象者から所定距離の位置に投影を行う投影装置と、を備える安全支援装置。 (もっと読む)


【課題】人の下部領域(下半身)を通じて人を直接特定することで、人の特定効率および特定精度の向上を図る。
【解決手段】車外環境認識装置130は、検出領域内の画像を取得し、取得した画像において道路表面に相当する平面から予め定められた高さまでの領域にある複数のブロックを、ブロック同士の第1の相対関係に基づいてグループ化し、ブロック群を生成し、ブロック群を画像の水平方向に対して2分割し、2分割したブロック群同士の第2の相対関係に基づいて、ブロック群が人の候補である第1人候補であるか否か判定する。 (もっと読む)


【課題】より安全性の高いECOモード走行時の車線変更を実現する。
【解決手段】ECOモード走行中において、隣接車線に後続車両22が確認される場合に車線変更する際、後続車両22との車間距離が車線変更判断距離L以上であればECOモードを解除することでスムーズな車線変更を可能とし、また、車線変更判断距離L未満であれば警報により運転者に車線変更の先送りを促すことで、より安全性の高いECOモード走行時の車線変更を実現する。 (もっと読む)


【課題】渋滞時においても走行速度の増減により画質を切り替える場合でも、表示させる撮像画像としての品質を向上する。
【解決手段】最終的な画質設定値である明るさ出力値Lが、次信号離間距離Dに応じた明るさ切片値Cが設定される停車状態(V=0)と、参照設定値Lcに固定された走行速度域(V≧Vs)との間に、明るさ出力値Lを車両速度Vに対応して連続的に変化させる連続変化速度領域(0<V<Vs)を設けている。この連続変化速度領域においては、当該連続変化速度領域を挟む2つの固定速度領域(V=0、V≧Vs)のそれぞれに固定的に設定されている明るさ出力値Ls,Lcの間で車両速度Vに対し線形比例するよう明るさ出力値Lを変化させている。また明るさ切片値Cは、車両100が信号機200に近づくに従って変化させている。 (もっと読む)


【課題】高速・低速に関わらず、単位時間あたりの演算量が一定になり、単位時間あたりの演算量の上限が規定され、ハード処理・ソフト処理のいずれにおいてもコストダウンを達成可能な障害物計測方法、障害物計測装置及び障害物計測システムを提供する。
【解決手段】この障害物計測方法は、走行物体から障害物までの距離をステレオカメラにより計測する際に、障害物計測の対象領域及びステレオカメラによる画像のフレームレートまたは解像度を走行物体の速度に応じて変化させる。 (もっと読む)


【課題】不要な運転支援を抑制して運転者の煩わしさを解消することができる運転支援装置を実現する。
【解決手段】GPSモジュールと、他車両情報取得手段と、衝突可能性判定手段と、自車両と他車両とが衝突する可能性があると判定された場合に衝突する可能性があることを自車両の運転者に報知する情報提供手段とを備えた運転支援装置において、任意の地点を登録設定する登録設定手段と、登録設定手段により登録設定された地点を記憶する地点記憶手段とを備え、GPSモジュールにより検出された自車両の位置が地点記憶手段に記憶された地点に該当しない場合、かつ、衝突可能性判定手段により自車両と他車両とが衝突する可能性があると判定された場合に、情報提供手段により衝突する可能性があることを自車両の運転者に報知する。 (もっと読む)


【課題】ステレオカメラから得られた情報をもとに、夜間のさまざまな光点の中から、対向車のヘッドライトや先行車のテールライトのみを抽出し、ドライバーにとってより安全な視界を提供する。
【解決手段】第1の撮像素子と第2の撮像素子で撮像した2つの画像から検知対象物候補までの第1の距離情報を算出する第1の距離情報算出手段と、第1の撮像素子で撮像した画像から検知対象物候補までの第2の距離情報を算出する第2の距離情報算出手段と、第1の距離情報と第2の距離情報を比較し、比較した比較結果に基づいて検知対象物候補から対象物を検知する対象物検知手段と、を有する。 (もっと読む)


【課題】対象物の特定精度を向上する。
【解決手段】
車外環境認識装置130は、複数の色識別子と輝度範囲とを対応付けて保持しておき、車外環境を撮像した画像を取得し、自車両との相対的な位置関係に応じて画像の検出領域を複数の特定領域に分割し(S306)、特定領域毎に色識別子に対応付けられた輝度範囲を再設定し(S308)、検出領域内の複数の対象部位の輝度と対象部位が位置する特定領域に再設定された輝度範囲とに基づいて、対象部位に色識別子を設定し(S310)、水平距離の差分および高さの差分が所定範囲内にある1または複数の対象部位をグループ化する(S312)。 (もっと読む)


【課題】 他車両2Bとの関係で発生し得る事故の危険性を、自車両2Aの搭乗者に正確に報知できるようにする。
【解決手段】 本発明は、他車両2Bに生じた異常事象を自車両2Aの搭乗者に報知する交通システムに関する。このシステムは、他車両2Bの車両情報に基づいて、他車両2Bに関する異常事象の有無を判定する判定手段(車載コンピュータ31)と、判定手段による判定結果が異常事象ありの場合に、他車両2Bに異常事象が発生したことを自車両2Aの搭乗者に報知する報知手段(ディスプレイ36又はスピーカー37)と、を備える。 (もっと読む)


【課題】車両運転中における運転者の体調悪化を未然に防止する。
【解決手段】運転者監視部1にて運転者の身体情報を検出し、当該身体情報を基に体調診断部2にて体調診断を行い、設定部6にて休憩推奨案内しきい値を設定、また、休憩可能場所までの距離に応じて休憩推奨案内しきい値を変化させ、判断部7にて体調診断の結果が休憩推奨案内しきい値以下と判断した場合、情報提供部8にて運転者に休憩を促す案内を行うことで、運転者の体調悪化を未然に防止することができる。 (もっと読む)


41 - 50 / 7,349