説明

国際特許分類[G09F3/00]の内容

物理学 (1,541,580) | 教育;暗号方法;表示;広告;シール (131,780) | 表示;広告;サイン;ラベルまたはネームプレート;シール (36,367) | ラベル,タッグチケット,またはこれらに類する認識もしくは指示手段;シール;切手またはそれに類するスタンプ (4,657)

国際特許分類[G09F3/00]の下位に属する分類

国際特許分類[G09F3/00]に分類される特許

1 - 10 / 1,356



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285

【課題】自着接着剤を採用し、患者や入場者の手首や足首など被巻付け部へのリストバンドの取付け操作をより簡易的に行うとともに、省資源および環境への負荷がより小さなリストバンド連続体およびリストバンドを提供すること。
【解決手段】バンド基材2の表面側に感熱発色剤層12を設けて、サーマル印字を可能とすること、バンド基材2の裏面側には自着接着剤層11を設けることに着目し、バンド基材2の裏面側に設けた自着接着剤層11と、バンド基材2の表面側に設けた感熱発色剤層12と、感熱発色剤層12の上層に設けた剥離剤層13と、を有し、バンド基材2には、単葉のリストバンド16を形成可能な分離用切断線15を形成し、バンド基材2の裏面側におけるその中央領域には、自着接着剤層11による一対の両端部側貼付け領域11Aを残して非接着性領域(接着剤不活性剤層14)を設ける。 (もっと読む)


【課題】ロール状に巻いてプリンターに装填し、ラベル基材2の表面側に印字を可能とし、固定情報のみならず、可変情報も必要に応じて印字表示可能であり、剥離紙自体を必要とせず、省資源的で環境への負荷がより少ないとともに、各種の分野に応用可能な自着ラベル連続体および自着ラベルを提供すること。
【解決手段】ラベル基材2の表面側に感熱発色剤層11を設けて、サーマル印字を可能とすることに着目したもので、帯状のラベル基材2と、ラベル基材2の裏面側に設けた自着接着剤層3と、を有する自着ラベル連続体であって、ラベル基材2の表面側に設けた感熱発色剤層11と、感熱発色剤層11の上層に設けた剥離剤層12と、を有するとともに、ラベル基材2には、所定のラベルピッチによる単葉の自着ラベル13を形成可能な分離用切断線4を形成しておく。 (もっと読む)


【課題】 本発明は金属薄膜層で加飾したラベルについて、内容物等による金属薄膜の侵食がなく、一貫ラインで生産可能な層構成を創出することを技術的課題とするものである。
【解決手段】 合成樹脂製成形品の表面に貼着して使用するラベルにおいて、合成樹脂製の基材フィルムの裏面側に、所定のパターンに部分的に第1の紫外線硬化型粘着剤を紫外線照射により硬化させた第1の粘着層を積層し、第1の粘着剤層に金属薄膜層を積層し、金属薄膜層を含む基材フィルムの裏面側に第2の紫外線硬化型粘着剤を紫外線照射により硬化させた第2の粘着層を積層し、さらに透明性の剥離フィルムを積層した構成とする。 (もっと読む)


【課題】医療現場で使用されるリストバンド等に貼付でき、保管や使用などの作業性が向上したRFIDラベル、および該RFIDラベルをリストバンドに貼付した識別用タグを提案する。
【解決手段】粘着テープ3の粘着剤層にRFIDインレット2が固着され、さらに該粘着剤層を保護する離型シートの付着状態で貼付使用不能とし、剥離して貼付使用可能な状態とするようにしたRFIDラベル1であるから、医療現場で腕を動かし難い患者に取り付けたリストバンド31に貼付してICチップに認識情報を記憶することによって、腕を動かすこと無く該認識情報を確認して患者個人を特定できる。一方、このようなRFIDラベル1をリストバンド31に貼り付けた識別用タグ7によれば、前記RFIDラベル1の作用効果が発揮される。 (もっと読む)


【課題】簡単な構成で正確に単葉のラベル片を切り出して、被貼付け体に貼付ける操作を行うことができる携帯式台紙なしラベル貼付け機を提供すること。
【解決手段】操作レバー12を握持・開放操作することにより、移送用ローラー14が一定ピッチで回転し、台紙なしラベル連続体1が一定ピッチで移送される。また、操作レバー12を握持・開放操作することにより、可動刃26も作動し、移送用ローラー14の周面に向けて進退移動して、移送用ローラー14に巻き掛けられた台紙なしラベル連続体1を移送用ローラー14の周面に設けられた固定刃25との間で挟んで切断する。移送用ローラー14には、その周面に移送用爪24が設けられており、台紙なしラベル連続体1に形成されたスリット5に差し込まれて、台紙なしラベル連続体1を移送する。これにより、位置ズレを起こすことなく正確に移送することができ、正確にラベル片2を切り出すことができる。 (もっと読む)


【課題】 従来のファスナー部材には、単なる連接作用があるのみで、商品を管理するための情報データを有するICチップは必要において、別途に装着しなければならず、作業が煩わしく、時間や労力を費やしてしまうものであり、そのICチップとファスナー部材とを使い勝手よく、また、損傷の虞なく一体化させたものは存在していなかったという点である。
【解決手段】 硬質材によって成形された基材を有し、その基材に一体的にフィラメント部を連結し、そのフィラメント部の先端に対象物を連結可能とした硬質材によって成形された連結部を有するファスナー部材において、前記した基材もしくは連結部にICチップを搭載してあることとし、前記した基材はT字バーとし、連結部にはタグを一体的に連結する構成としてICチップは連結部に搭載してあることとする。 (もっと読む)


【課題】ラベルの形成を長時間に亘って連続して行うことができ、ラベル形成作業を効率的に行う。形成しようとするラベルに応じた打抜形成部を用意して交換する必要がなく、ラベル形成コストが低減する。ラベルシートからラベルを打抜き形成する際に、ラベルシートを平面状態に保ってラベルを高品質に形成する。
【解決手段】ラベル形成領域における凹所位置へ移送されたラベルシートの各ラベル図柄に対してレーザ光出力手段から出力されるレーザ光をラベル図柄の外形に沿って走査して溶融切断する際に、ラベル支持板上に位置するラベル図柄を吸引して平面状に保持する。 (もっと読む)


【課題】ラベル基材2の表面に剥離剤層5が形成されていても、スタンプ方式の印字によりインキがラベル基材に染み込んで綺麗な印字を得られるとともに、ラベル全面が着色されている台紙なしラベルおよびその製造方法を提供する。
【解決手段】ラベル基材2の表面に設ける剥離剤層5に剥離剤の塗工領域12と非塗工領域13とを設けること、ラベル基材2の表面粗さないし平滑度を調整することによってインキの染み込み易さを制御するとともに、剥離剤に着色剤を添加して剥離剤層5を着色した。さらに、剥離剤層5における塗工領域12の面積割合を、70〜99%とするとともに、JISのP8119による平滑度試験方法により計測したラベル基材2の平滑度を、40〜1000秒とし、ラベル基材2と粘着剤層3との間にバリアー層11を設けた。 (もっと読む)


1 - 10 / 1,356