説明

国際特許分類[G11B5/62]の内容

国際特許分類[G11B5/62]の下位に属する分類

国際特許分類[G11B5/62]に分類される特許

1 - 10 / 15




【課題】より一層の高記録密度化を実現することができる垂直磁気記録媒体、その製造方法及び磁気記録装置を提供する。
【解決手段】DCイレーズ処理が施されたDCイレーズ部42にサーボパターン22が位置しており、ACイレーズ処理が施されたACイレーズ部41に記録トラック21及びトラック溝部31(ディスクリート部)が位置している。トラック溝部31は円周方向に延びている。ACイレーズ部41及びDCイレーズ部42は、いずれも磁性材料からなる。サーボパターン22には、ほぼ半径方向に延びる4列のプリアンブル部32、及び島状に配置された複数のピット部33が2列をなして形成されている。ピット部33は、磁気ヘッドによる走査方向に関し、プリアンブル部32よりも後方に位置している。 (もっと読む)




【課題】磁気複製に適した特殊パターンを持ったマスタ体を作成し、磁気複製において高精度なサーボ情報の複製を行えるマスタ体及び磁気記録媒体を提供する。
【解決手段】本発明のマスタ体は、磁気記録媒体に転写後に磁気的に安定、即ち磁気くずれやノイズの発生や磁束強度の不均一の発生を防止することができる特殊なサーボパターンを有することを特徴とする。具体的には、磁化単位同士が点で接する場合はこれを所定のパターンに置き換えて点で接しないようにして磁気くずれを防止し、同一パターンの磁化単位が連続する場合は、該同一パターンの磁化単位の間に異なるパターンを挿入してノイズの発生を防止し、対向する斜線で構成されるサーボパターンにおいては、該斜線が磁気記録媒体のトラック接線に対して一定の角度を保つようにして、転写後のサーボパターンの磁束強度が一様とし、読み取りの安定性、精度を確保することができる。 (もっと読む)


【課題】磁気転写を行う際の書き込みエラーを除去でき、高密度記録に対応した磁気転写用マスター記録媒体、この磁気転写用マスター記録媒体を使用した磁気転写方法、及びこの磁気転写方法により磁気情報を記録した磁気記録媒体を提供する。
【解決手段】表面に多数の微細な凹凸状の磁性層パターンが形成されている円盤状の磁気記録媒体である。磁性層パターンの円周方向の突起側面が円盤平面に対し傾斜角度θをなして形成され、この傾斜角度θが円盤の径位置によって異なるように形成されている。 (もっと読む)





1 - 10 / 15