国際特許分類[G11B5/702]の内容

国際特許分類[G11B5/702]に分類される特許

101 - 104 / 104


【構成】 有機高分子体からなる基材フィルムの少なくとも片面に磁性層を設けてなる磁気記録媒体であって、該基材フィルム中の、最大径が200μm以上であり、深さが該基材フィルム厚みの50%以上である欠点の個数が1個/m2 以下であることを特徴とする磁気記録媒体。
【効果】 走行性に優れ、かつドロップアウトの少ない、優れたデ−タストレ−ジ用フィルムを提供する。 (もっと読む)



【構成】非磁性支持体上に、イオウ又はリンを含む塩型強酸基や第四級アンモニウム塩基とエポキシ基とを含有するスチレン系共重合体又はアクリル系共重合体の結合剤中に強磁性粉末を分散させて成る磁性層を有する磁気記録媒体。
【効果】優れた記録密度とS/N比が得られ、かつ使用済後焼却しても塩化水素ガスの発生がなく、環境汚染をもたらすことがないなどの特徴を有し、磁気テープ、磁気シート、磁気ディスクなどとして好適に用いられる。 (もっと読む)


【目的】 ポリ(エチレンイミン)からなる分散剤
【構成】 1個以上のポリ(カルボニル−C3〜C6−アルキレンオキシ)鎖を有し、各鎖が3〜80個のカルボニル−C3〜C6−アルキレンオキシ基を有しかつアミド又は塩架橋基によってポリ(エチレンイミン)に結合されている構造のポリ(エチレンイミン)又はその酸塩からなる分散剤。
【効果】 該分酸剤の混入された分散液を使用することによって、記録媒体の磁気特性が改善される。 (もっと読む)


101 - 104 / 104