説明

国際特許分類[H01K1/38]の内容

電気 (1,674,590) | 基本的電気素子 (808,144) | 白熱ランプ (727) | 細部 (565) | 導入線の封止 (27)

国際特許分類[H01K1/38]に分類される特許

1 - 10 / 27


【課題】 ガラス製バルブの端部の封止部内に気密封止される金属箔と内部導入導体や外部導入導体との接合構造を改善して接合強度を向上した、導通不良の発生を低減できる管球およびこの管球を装着した照明装置を提供することを目的とする。
【解決手段】 端部に封止部11が形成されたガラス製のバルブ1と、上記封止部11内に気密封止された金属箔2と、この金属箔2の一端側に接合しバルブ1内に延在する内部導入部材3および金属箔2の他端側に接合しバルブ1外に導出した外部導入部材4と、内部導入部材3に設けられた発光源5aとを有する管球において、上記導入部材3,4は先端側が金属箔2に設けられた貫通部21,22に挿通されているとともに金属箔2の表裏両面に接合されている管球L1およびこの管球L1を装着した照明装置9である。 (もっと読む)


【課題】発光管の両端の封止部内に埋設された金属箔に、発光管内部に配置されたフィラメントの端部に接続された内部リードと、発光管外に導出される外部リードとが接続されてなるフィラメントランプにおいて、封止部のガラスと金属箔の密着の長さを十分に確保できて、ランプの短尺化が図れる構造を提供すること。
【解決手段】前記封止部内において、前記内部リードと、前記外部リードが、それぞれ前記金属箔の異なる側の側面に接続されていることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】減圧によるシュリンクシールの封止部が高い強度を得ながら口金の小型化に寄与することが可能なハロゲンランプを実現する。
【解決手段】耐熱性のガラスで形成されたバルブ11内に挿入したタングステン製のフィラメント12と、フィラメント12の両端をそれぞれ溶接した一対の金属箔151,152と、金属箔151,152の他端に電力供給用のアウターリード161,162を溶接し、金属箔151の部分のバルブ11を減圧により封止させた封止部141,142とによりハロゲンランプ100を形成する。封止部141,142の部分を焼成させ、封止部141,142を形成する場合に、モールド型を用いて寸法管理可能な所望の形状とした。 (もっと読む)


【課題】 装置全体を大型化させないままで、余計な電力も消費させずにフィラメントランプの断線を検知できるランプ点灯装置およびフィラメントランプを提供すること。
【解決手段】 内部にフィラメント3が配設された発光管2と、フィラメント3の両端に連結された内部リード4a、4bと、内部リード4a、4bが接続されて、発光管2の封止部21a、21bに設けられた給電用金属箔5a、5bと、給電用金属箔5a、5bに接続された外部リード6a、6bとを備えるフィラメントランプ10と、外部リード6a、6bに接続された電源100とからなるフィラメントランプ点灯装置において、
内部リード4aまたは給電用金属箔5aに接続された検出用金属箔8を発光管2の封止部21aに設け、検出用金属箔8に外部検出リード9を接続し、外部検出リード9と外部リード6aとの間を電圧検出器101を介して接続したことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】 隣り合うフィラメント3との間隔をより狭くして、加熱エリアに近接して配置できるフィラメントランプ1を提供すること。
【解決手段】 中空長尺状の本体部21と該本体部21の表面から外方に伸びる側管22とを備える発光管2と、発光管2の本体部21の内部に管軸方向に伸びるように順次並んで配置されて各々独立して給電される複数のフィラメント3と、前記フィラメント3の両端に接続された内部リード4とを備え、少なくとも隣にフィラメント3が配置される一端から導出される内部リード4は、前記側管22に挿通されていることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】容易に溶接固着可能な保持バンドを有する電球装置およびその製造方法を提供する。
【解決手段】係合部10が形成された封止部6を有する電球2と、封止部6周縁に配置される保持バンド3とを具備し、保持バンド3は封止部6を挟んで対向してなる第1および第2の保持バンド半体11、12を有し、第1および第2の保持バンド半体11、12は、電球2の封止部6の係合部10と係合する係合部14、14が形成された係合面13と、係合面13、13の両端に形成され封止部6と近接する第1のフランジ15、15および第2のフランジ16、16とを有し、電球2の封止部6を挟んで前記第1および第2の保持バンド半体11、12を係合する保持バンド係合工程と、第1および第2の保持バンド半体11、12に配置された第1および第2のフランジ15、16とをそれぞれ重ねて圧接する保持バンド圧接工程と、保持バンド圧接工程で圧接した第1および前記第2のフランジ15、16とをそれぞれ溶接する保持バンド溶接工程を有する。 (もっと読む)


【課題】 ランプ自体の寸法を大きくすることなく、複数の独立的な給電経路を有するフィラメントランプを提供すること。
【解決手段】この発光部10の両端にフィラメントFの数に対応した金属箔30が並ぶように埋設された封止部20とから構成されるとともに、各フィラメントFには独立的に給電ができる。そして、封止部20は、端部から突出する外部リード40と、この外部リード40を覆うとともに、先端が当該封止部20と一体的にシールされたガラスパイプ60を有することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】石英ガラス製のスリーブとともにバルブを減圧封止した場合の特定箇所における機械的強度の低下を抑える。
【解決手段】耐熱性のガラスで形成されたバルブ11内に挿入したタングステン製のフィラメント12と、フィラメント12の両端をそれぞれ溶接した一対の金属箔151,152と、金属箔151,152の他端に電力供給用のアウターリード161,162を溶接し、金属箔151の部分のバルブ11を減圧封止法で形成した封止部141,142とによりハロゲンランプ100を形成する。ガラス量をバルブ11と同じ材料のスリーブを減圧封止する前にバルブ11内に配置し、これをバーナーで溶解させて封止部141のガラス量を増やす。このときのスリーブ焼成は、フィラメント12側に不完全焼成部311,321を形成することで、封止部141,142の外表面の収縮を抑える。 (もっと読む)


【課題】 封止部に埋設された金属箔と外部リード棒が溶接によって確実に接合され、しかも、金属箔が封止部に密着して確実に封着された白熱ランプを提供することにある。
【解決手段】 本発明の白熱ランプは、発光管10の端部に封止部11が形成され、この封止部11に金属箔2が封着され、この金属箔2に発光管10内に伸びる内部リード4と外部に突出する外部リード棒4が接合された白熱ランプにおいて、外部リード棒4の金属箔2と対向する部分は、基底部41と基底部41から突出するように形成された凸部42を有し、外部リード棒4の金属箔側の先端は、基底部41と凸部42が存在し、凸部42は、外部リード棒4の金属箔側の先端から外部リード棒4の後端側に向かって連続して形成され、なおかつ、外部リード棒4の長手方向に伸びる中心軸Xに対して交差するように傾斜して形成されており、凸部42と金属箔2が溶接して接合されていることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】複数のフィラメントが発光管の管軸方向に順次に並んで配設されたフィラメントランプにおける封止部の小型化を図ったフィラメントランプを提供すること。
【解決手段】 封止部2a、2bにおける複数の金属箔24a、24b、25a、25b、26a、26bのうちの一部の金属箔26a、26bを、他の金属箔24a、24b、25a、25bとは管軸方向にずらせて配置すると共に、管軸に対して直交する方向にもずらせて配置したことを特徴とする。 (もっと読む)


1 - 10 / 27