国際特許分類[H04L9/00]の内容

電気 (1,674,590) | 電気通信技術 (544,871) | デジタル情報の伝送,例.電信通信 (61,356) | 秘密または安全な通信のための配置 (13,382)

国際特許分類[H04L9/00]の下位に属する分類

国際特許分類[H04L9/00]に分類される特許

1 - 4 / 4



【目的】本発明は、リアルタイムで変化するネットワーク資源を利用者の便宜に応じて切換できるコミュニケーション・ナビゲーション・システムを提供する。
【構成】端末局2 は、センター局1 にオブジェクトの属性を登録する登録部21と、センター局に呼関係候補オブジェクトを要求する呼関係候補要求部22と、センター局から通知される呼関係候補オブジェクトのエントリを格納する呼関係候補格納部23と、呼関係候補格納部の呼関係候補との呼関係を締結或いは解消する呼関係制御部24とを備え、センター局1 は、端末局によって登録されるオブジェクトの属性とオブジェクトのエントリとを保持する保持部11と、オブジェクトに関する呼関係候補オブジェクトをオブジェクトのエントリ又はオブジェクトの属性により決定する呼関係候補決定部12と、オブジェクトからの要求に応じて、呼関係候補オブジェクトのエントリをオブジェクトに通知する呼関係候補通知部13と含む。 (もっと読む)


【目的】 計測データにスクランブルをかけることによりシステムの誤動作等を防ぐ流量計測装置に関するもので、データの秘密性を守ることを目的としたものである。
【構成】 演算手段A4は記憶手段A5に記憶されている疑似ランダム符号と保存手段3から出力される検針データの排他的論理和演算を行いその結果を送信する。受信側では、受信データと記憶手段B9に記憶されている疑似ランダム符号の排他的論理和演算を演算手段B8で行い、結果をデータ収集手段10に送る。 (もっと読む)


【目的】 ビデオカメラの本体部とビューファインダーが分離して作動するビデオカメラに採用した無線送受信回路を提供する。
【構成】 無線送信回路に適用されたタイミング制御部60では所定の水平同期信号区間の映像信号にエンコーディング信号を挿入している。一方、無線受信回路の適用されたタイミング制御部140では秘密コードがエンコーディングされた映像信号を抜き出してデコーダ152に供給する。このデコーダ152で解読された信号は基準コード信号とコード判読器153で判読され、同一なコードの場合にのみ受信された信号をビューファインダー172に表示する。
【効果】 これにより、撮像しにくい場所あるいは空間的な制約のある場所でビデオカメラ本体とビューファインダーを分離したまま撮像でき、他の無線ビデオカメラから入力されるビデオ信号と混信されないように容易に暗号コードが設定できる。 (もっと読む)


1 - 4 / 4