国際特許分類[H04W72/00]の内容

電気 (1,674,590) | 電気通信技術 (544,871) | 無線通信ネットワーク (23,238) | ローカルリソースマネージメント,例.無線リソースの選択または割り当てまたは無線トラヒックスケジューリング (3,246)

国際特許分類[H04W72/00]の下位に属する分類

国際特許分類[H04W72/00]に分類される特許

1 - 3 / 3


【課題】無線リソースの割り当てを要求する信号又は無線リソースの選択に用いられる信号の送信を抑制する。
【解決手段】第1の無線通信装置は、無線リソースの選択に用いられる信号を第2の無線通信装置に送信し、第2の無線通信装置は、第1の無線通信装置から無線リソースの割当を要求する信号を受信すると、その無線リソースの選択に用いられる信号に基づいて、割り当てる無線リソースを所定の周波数帯域内から選択し、選択した無線リソースの情報を第1の無線通信装置に送信し、第1の無線通信装置は、その無線リソースの情報により特定される無線リソースを用いて送信データを送信する、無線通信システムにおける制御方法において、第1の無線通信装置は、第2の無線通信装置から所定の信号を受信した場合に、その割り当てる無線リソースの選択に用いられる信号の送信を規制する制御を行う。 (もっと読む)


【課題】無線基地局とUEとの間のRRC手順の再構成を同期させるための改良された手順を提供する。
【解決手段】UEによって使用されるべき新しい構成を、追加的なUE識別子と関連づけることによって実現される。UEは通常は第1のUE識別子によって識別されるが、再構成メッセージにおいてUEが追加的なUE識別子を有することが通知される。新しい構成が作動する場合には、UEは追加的なUE識別子によって識別される。よって、無線基地局が、追加的なUE識別子を含む要求に対するUEからの応答を検出すると、無線基地局はUEが新しい構成を作動させたと判定できる。 (もっと読む)


本発明は、複数のセカンダリ局と通信するプライマリ局を含むネットワークを動作させるための方法に関し、当該方法は、プライマリ局が間欠モードにおいてセカンダリ局と通信して、セカンダリ局がセカンダリ局の現在のステータスに基づく制御メッセージをプライマリ局に送信し、プライマリ局が、制御メッセージに応じて、間欠モードのパラメータ
を変更する。
(もっと読む)


1 - 3 / 3