説明

嵯峨野観光鉄道株式会社により出願された特許

1 - 3 / 3


【課題】 皮膚細胞に作用することにより、コラーゲン、ラミニン等の細胞外マトリクスを構成しているタンパク質の合成能を向上させ、或いはメラニン合成能を抑制する等、皮膚老化に関連のあるタンパク質や色素等の成分の産生を調整する産生調整剤と、
そのような産生調整剤を配合して優れたシワ抑制効果や色素沈着等の抑制効果を有する皮膚老化防止用外用剤に関し、低分子化された成分を直接皮膚細胞に作用させることにより、コラーゲンやラミニン等の細胞外マトリクスを構成するタンパク質の合成を促進させ、或いはメラニンの生成を抑制し、それによって老化による皮膚のシワやシミ・ソバカスの発生を予防し、或いは発生したシワ、シミ・ソバカスを軽減させて、滑らかでみずみずしく若々しい肌を実現させる皮膚老化防止用外用剤を提供することを課題とする。
【解決手段】 藍藻類の加水分解物を含有することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】 優れた脱毛防止効果や発毛効果等の養毛効果を有する毛成長サイトカインの産生調整剤、及びそのサイトカインの産生調整剤を配合した養毛剤に関し、脱毛防止効果や発毛効果に優れた養毛剤を提供することを課題とする。
【解決手段】 藍藻類、又はその加水分解物を含有することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】
吸着性能や保油力が十分であると共に、焼却時に有害ガスや極端な発熱を抑え、層間の剥離及び繊維間の分離が容易に生じることのないように一体成形された油吸着シートを提供することを課題とする。
【解決手段】
本発明の油吸着シートは、カポック繊維1と、このカポック繊維1よりも融点が低い熱可塑性繊維2との混合繊維の不織布からなり、前記熱可塑性繊維2は溶融固化してなることを特徴とする。また、本発明の油吸着シートの製造方法は、カポック繊維1と、このカポック繊維1よりも融点が低い熱可塑性繊維2とを混合する混合工程と、混合工程を経た混合繊維をニードルパンチするニードル工程と、ニードル工程を経た混合繊維を120℃未満で加熱処理する熱処理工程と、を含むことを特徴とする。 (もっと読む)


1 - 3 / 3