Array ( [harmful] => 0 [next] => Array ( [id] => A,2010-100993 [meishou] => グリップ式操作ハンドル ) [prev] => Array ( [id] => A,2010-100991 [meishou] => コンクリート構造部材の配筋構造とそれに用いる機械継手 ) ) 排水口用フィルター

排水口用フィルター

【課題】 髪の毛や石鹸カスなどのゴミがゴミとりフィルターで捕捉されている状態で、大量の水が流れてきても、通水量を確保することのできる排水口用のフィルターを提供する。
【解決手段】 浴室や台所での排水口部分に装着される丸型あるいは角型の環状板(2)と、この環状板(2)の裏面側に接合固定された伸縮変形可能な編地体(3)とからなり、この伸縮変形可能な編地体(3)を前述環状板(2)の周縁寄り部分に確りと接合固定してある。

【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、台所や浴室での排水口に設置される排水口フィルターに関する。
【背景技術】
【0002】
台所や浴室あるいは洗面所の排水口に、髪の毛、野菜屑、ゴミ等が流れ込むと、詰まりの原因隣ね環境汚染にもつながる。そこで、通常、排水口には、金属製や樹脂製の円筒状フィルターが配されているが、フィルターにぬめりが生じやすく、このフィルターを洗う作業は煩雑で不衛生な作業となる。また、汚れるたびにこの円筒状フィルターを廃棄することは不経済である。
【0003】
そこで、台所や浴室の目皿部分に、合成樹脂製ネットや水切り用不織布などを素材として目皿と同形にネットを形成し、流水の作用に抗してネットの形状を保ちかつ目皿などのゴミ流入防止器具からの剥離やずれを防止するために、このネットの周縁部に沿って帯状の縁を形成したゴミとりフィルターが提案されている。(特許文献1)
【特許文献1】特開2005−171516
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
この従来のゴミとりフィルターでは、基本的にネットを流水の圧力が作用してもその形状を維持できるように張設している。つまり、ネットの目(開口)の大きさを一定に維持されるようになっていることから、例えば、浴室などで使用した場合、髪の毛や石鹸カスがゴミとりフィルターのネットで捕捉されると、ネットの目(開口)の大きさの一部が狭くなって、通水量が低下することになるから、大量の水が流れてくると、充分に透過させることができず、捕捉した髪の毛や石鹸カスが一時的にネットから離れて、浴室の床面に散乱することがあった。
【0005】
本発明は、この世孔点に着目してなされたもので、髪の毛や石鹸カスがゴミとりフィルターで捕捉されている状態で、大量の水が流れてきても、通水量を確保することのできる排水口用のフィルターを提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0006】
上述の目的を達成するために、本発明は排水口用のフィルターを、排水口に装着される環状板と、この環状板の裏面側に接合固定される伸縮変形可能な編地体とからなり、この伸縮変形可能な編地体を環状板の周縁寄り部に接合固定して構成したことを特徴としている。
【発明の効果】
【0007】
本発明では、排水口用のフィルターを、排水口に装着される環状板と、この環状板の裏面側でその周縁寄り部分に接合固定される伸縮変形可能な編地体とで構成してあるので、濾材を構成している伸縮変形可能な編地体が髪の毛や石鹸カスを捕捉することにより、濾材の開口量が減少して通水抵抗が高まると、その流水圧により、濾材を構成している伸縮変形可能な編地体が伸張して、網目が大きくなることから、溜まりかけた水が円滑に流出することになり、一旦捕捉した髪の毛や石鹸カスを離脱させることなく細くし続けることができる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0008】
図は本発明の一実施形態を示し、図1は排水口用のフィルターの蛙観図、図2はその分解斜視図、図3は中央縦断面図である。
この排水口用のフィルター(1)は台所や浴室あるいは洗面所の排水口(図示略)に装着される合成樹脂製環状板(2)と、この環状板(2)の裏面(下面)に接合固定される編地体(3)とで構成してある。
【0009】
この編地体(3)は、合成樹脂製糸や綿糸を素材として丸編機を使って編んだ平編みなどの伸縮性を有する緯編みで形成してあり、環状板(2)の裏面側での周縁近傍部分に垂れることなく平面性を維持できる程度の状態に配設され熱接着により接合固定してある。
【0010】
このような構成の排水口用のフィルター(1)は、台所や浴室あるいは洗面所の排水口に編地体(3)が排水管(図示略)側に位置する状態で装着する。この状態で使用すると、流水とともに流れてきた髪の毛や石鹸カスあるいは野菜屑などのゴミは、環状板(2)から該環状板(2)の裏面側に張設されている編地体(3)で捕捉される。このとき、流水は編地体(3)の網目部分を透過して排水管に円滑に流出する。
【0011】
通常の流水量の場合には、上述のように作用するが、例えば溜まり水を一挙に流した場合などの大量水が一時的に流入する場合や、捕捉したゴミで編地体(3)の網目部分の一部が閉塞されている場合には、網目での通水抵抗により、円滑な流出が行えなくなり、編地体(3)に水圧が作用することになる。この場合には、編地体(3)が伸縮性を有する緯編みで構成してあることから、図3(B)に示すように下側に膨出変形することになる。この膨出変形により、編地体(3)が伸びて網目部分での網目間隔が大きくなることから、その通水抵抗が減少して、流水は円滑に編地体(3)の網目部分を透過して、編地体(3)の上側に滞留することなく円滑に排水管に流出することになる。このとき、編地体(3)で捕捉されている髪の毛や石鹸カスなどのゴミは編地体(3)に絡まっていることから流出することはない。
【0012】
このように、本発明に係る排水口用のフィルター(1)では、台所や浴室あるいは洗面所での排水口の上側で排出水が溜まることがなくなるので、編地体(3)で捕捉した髪の毛や石鹸カスが編地体から離脱することがなくなることになるから、一旦捕捉した髪の毛や石鹸カスなどが再び散乱することはなくなる。
【0013】
また、本発明に係る排水口用のフィルター(1)は、環状板(2)の一面に編地体(3)を垂れることなく平面性を維持した状態で配置し、環状板(2)の周縁近傍部(2a)でこの環状板(2)に編地体(3)を接合固定していることから、編地体(3)の変形量(伸び代)を確保することができるうえ、編地体(3)と環状板(2)との一体化作業を容易に行うことができ、製造時の作業性を高めることができる。
【0014】
上述の実施形態では、環状板(2)として合成樹脂製円環体の板体のものについて説明したが、これは、角型環状体であってもよく、また、素材としては耐水紙製であってもよい。また、伸縮性を有する緯編みの編地体としては、前記した平編みの他にガータ編みやゴム編みの編地体が考えられる。さらに、上述の実施形態では、環状板(2)と編地体(3)とを熱接着で接合固定したが。この接合手段としては、熱接着に限らず、水に曝されても剥離しない接着剤を用いた接着や、ステイプル止めなどの鋲止め接合が考えられる。
【産業上の利用可能性】
【0015】
本発明に係る排水口用のフィルターは、浴室や台所などのように一時に大量の水が流れ込む排水口に使用することができる。
【図面の簡単な説明】
【0016】
【図1】排水口用のフィルターの蛙観図である。
【図2】その分解斜視図である。
【図3】中央縦断面図であり、図3(A)は通常使用状態での縦断面図、図3(B)は下方へ膨出した状態での縦断面図である。
【符号の説明】
【0017】
1…フィルター、2…合成樹脂製環状板、3…編地体。

【特許請求の範囲】
【請求項1】
排水口部分に装着される環状板(2)と、この環状板(2)の裏面側に接合固定される伸縮変形可能な編地体(3)とからなり、この伸縮変形可能な編地体(3)を環状板(2)の周縁寄り部に接合固定してあることを特徴とする排水口用フィルター。
【請求項2】
伸縮変形可能な編地体(3)が緯編みの編地である請求項1に記載の排水口用フィルター。

【図1】
image rotate

【図2】
image rotate

【図3】
image rotate


【公開番号】特開2010−100992(P2010−100992A)
【公開日】平成22年5月6日(2010.5.6)
【国際特許分類】
【出願番号】特願2008−270474(P2008−270474)
【出願日】平成20年10月21日(2008.10.21)
【出願人】(504443411)有限会社恒和産業 (5)
【Fターム(参考)】