説明

ニイガタ・ローディング・システムズ株式会社により出願された特許

1 - 10 / 13


【課題】配管内の露点温度が上昇して結露が生じることを防ぐ。
【解決手段】露点温度調整システム21は、極低温の流体を移送する配管を有するローディングアーム20と、配管内の露点温度を検知する露点トランスミッター23a、23bと、露点トランスミッター23a、23bで検知した露点温度が予め設定した基準温度より高いか否かを判別する制御手段26とを備えた。露点温度が基準温度より高い場合、制御手段26の作動手段53により、ガスタンクから窒素ガスを配管内に供給して入口側の供給バルブ47と出口の開閉バルブ50を開閉することで、保圧と放出を行って露点温度を基準温度以下に低下させる。 (もっと読む)


【課題】海上に建設された基地と陸上とにわたって敷設された導管を安全に切り離すことができる導管用緊急離脱装置を提供する。
【解決手段】それぞれ導管10が接続されるとともに開閉弁4が設けられた一対のカップラー2,2と、カップラー2,2どうしを連結する連結部3と、開閉弁4をそれぞれ閉弁させて連結部3によるカップラー2,2どうしの連結を解除する導管切り離し機構5と、導管10に取り付けられて導管10のxyz方向ごとの加速度を検出する加速度変換器6と、加速度変換器6が検出した導管3のxyz方向ごとの加速度を基に導管切り離し機構5を制御する制御部7とを備える。制御部7は、導管10のxyz方向方向の加速度の絶対値の平均値が所定値以上となる時間が所定時間以上となったと判断したときに、導管切り離し機構5を作動させるように構成されている。 (もっと読む)


【課題】簡易な構成で安全にして容易にホース連結作業が行える船舶受渡し用流体荷役装置並びに搬送ボートを提供すること。
【解決手段】海上で浮遊するホース2の先端連結部3を積んでこのホース2を前記一方の受渡し部1Aから引き出し海上搬送する搬送ボート5からこの搬送ボート5上の前記先端連結部3を吊上げる吊上げ機構6を前記他方の受渡し部1Bに設け、この他方の受渡し部1Bの縁部7付近くに設けた前記ジョイント連結部4に着脱自在に連結して前記受渡し部1間で流体を荷役する船舶受渡し用流体荷役装置であって、先端連結部3に設けた緊急流体遮断離脱装置8が作動した際にはこの切離し位置よりホース基端側が下方の海に向かって落下し前記搬送ボート5上に落下するように構成した船舶受渡し用流体荷役装置。 (もっと読む)


【課題】船舶受渡し用流体荷役装置側ジョイント部と、他方側ジョイント連結部との連結作業が容易、且つスピーディーに行うことができ、作業時の安全性が向上する船舶受渡し用流体荷役装置を提供する。
【解決手段】ローディングアームの先端部ジョイント部5と、ジョイント連結部8とをガイド線体13で連結し、このガイド線体13に沿ってジョイント部5をジョイント連結部8に接近移動させて連結させる構成で、このアウトボードアーム4は平行四辺形リンク部35を伴ってこれを変形させつつく字状に屈伸させる構成とし、この先端部にジョイント部5を連結面を下向きにして垂設し、この連結面と合致させる連結面を上向きに設けた前記ジョイント連結部8にジョイント部5を前記ガイド線体13を利用して下降接近させて上下方向からこの連結面同士を合致させて連結するように構成する。 (もっと読む)


【課題】船舶受渡し用流体荷役装置のジョイント部と、他方側に設けたジョイント連結部との連結させる連結作業が容易にしてスピーディーに行うことができ、またこの連結作業に人の関与を少なくできそれだけ安全性が向上する画期的な船舶受渡し用流体荷役装置を提供すること。
【解決手段】ローディングアームの先端部のジョイント部5を常に上方に付勢した状態で、このジョイント部5とジョイント連結部8側とをガイド線体13で連結し、このガイド線体13を例えば巻き取り部24Aを作動させて巻き取ることで、ジョイント部5をジョイント連結部8に下降接近移動させて連結させる船舶受渡し用流体荷役装置。 (もっと読む)


【課題】船舶受渡し用流体荷役装置のジョイント部5と、他方側に設けたジョイント連結部8との連結させる連結作業が容易にしてスピーディーに行うことができ、またこの連結作業に人の関与を少なくできそれだけ安全性が向上する画期的な船舶受渡し用流体荷役装置を提供すること。
【解決手段】ローディングアームの先端部のジョイント部5側とジョイント連結部8側とをガイド線体13で連結し、このガイド線体13をジョイント部5側に設けた巻き取り部24Aで巻き取ることで、ジョイント部5をジョイント連結部8に接近移動させて連結させる構成で、アウトボードアーム4の先端部に中空回動継手部15及びエルボ16を介して前記ジョイント部5を連結面を下向きにして垂設し、この連結面と合致させる連結面を上向きに設けた前記ジョイント連結部8にジョイント部5を前記ガイド線体13を巻き取ることで下降接近させて上下方向からこの連結面同士を合致させて連結するように構成した船舶受渡し用流体荷役装置。 (もっと読む)


【課題】摺動部6のボール8に対して一方側にダストシール用のシール部10を設けるだけでなくパッキン部9がある反対側にも流体搬送経路側シール部11を設けることで、パッキン部9によって流体搬送経路への進入を確実に防止でき、且つこのパッキン部9へ潤滑油が到達することも流体搬送経路側シール部11によって確実に防止でき、流体搬送経路への潤滑油の進入に対しては二重にシールされる画期的なスイベルジョイントを提供すること。
【解決手段】流体搬送経路1の途中に設けられるボールベアリングを用いたスイベルジョイントであって、摺動部6に流体搬送経路1からの流体の漏れを防止するパッキン部9を設けると共に、ボール8と前記パッキン部9との間の前記摺動部6にも、このボール部分に充填する潤滑油が前記パッキン部9へ進入することを防止する流体搬送経路側シール部11を設けたスイベルジョイント。 (もっと読む)


【課題】可燃性ガスを発生する固形バラ積み貨物の荷役中に、貨物船と連結された陸上荷役装置を安全かつ迅速に貨物船から切り離すことができる荷役ラインの緊急離脱装置を提供する。
【解決手段】下側に上部接続部材13を有し、搬送用配管2に接続する上部構造体10と、前記上部接続部材13に当接する下部接続部材23を上側に有し搬送用配管3に接続する下部構造体20と、前記上部接続部材13と下部接続部材14とを当接した状態で連結する連結部材30と、該連結部材30を連結及び開放する連結及び解放機構と、前記上部構造体10に設けた上部開閉弁14と、前記下部構造体20に設けた下部開閉弁24とを備えた荷役ラインの緊急離脱装置1において、前記上部開閉弁14と前記下部開閉弁24をゲート弁で構成する。 (もっと読む)


【課題】船舶受渡し用流体荷役装置のジョイント部と、他方側に設けたジョイント連結部との接近・位置合わせ・連結させる連結作業が容易にしてスピーディーに行うことができる画期的な船舶受渡し用流体荷役装置を提供すること。
【解決手段】ローディングアームの先端部のジョイント部3を移動させて着脱自在に連結するジョイント連結部4の下方に設けた吸着部5に吸着する磁石部6を前記ジョイント部3に設け、この吸着部5に磁石部6を一旦吸着させた状態で、前記ジョイント部3を前記ジョイント連結部4に向けて移動させるジョイント部移動機構7を備えた船舶受渡し用流体荷役装置。 (もっと読む)


【課題】構造をより簡易にし、設計、製作を容易にすることができるとともに、装置自体のコンパクト化を図ることが可能な流体荷役装置における緊急切り離し装置を提供する。
【解決手段】開閉弁が設けられて互いに連結される一対のカップラー2、2と、一対のカップラー2、2同士を連結するクランパー3と、カップラー2、2の弁軸4a、4aを回転操作した後に、クランパー3の連結機構8を操作して連結を解除する流体荷役装置における緊急切り離し装置1において、シリンダ装置24に接続された連結ロッド25の前進又は後退に従動して開閉方向に回転可能なカム21、21を備え、該カム21、21による弁軸4a、4aの閉弁方向への回転が停止されると同時に、連結ロッド25が連結機構8を操作するように構成する。 (もっと読む)


1 - 10 / 13